Apple スマートフォン

1台のPCで複数のiPhoneを管理する方法

さて、皆さんは何台iPhoneをお持ちですか?

 

 

おそらくこのブログを見にきて頂いているようなマニアックなみなさまは複数台お持ちだと思いますが、

 

えー、やってしまいましたよ。

 

今回1台のPCで2台のiPhoneを同期する時に失敗してしまいまして、文鎮化するところでした。

いや、既に文鎮化してましたね。

 

 

ということで、今後自分のようなバカな人(マッチでいうところの愚か者)を増やさない為にも、その時の状況と復帰方法についてです。

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

今回起きた問題

 

まず、iPhone7を所有していたところにiPhoneSEを追加した。

iPhoneSEの初期設定の際に、appとデータの画面で「新しいiPhone」を選択してしまった。

iPhoneをPCに繋いだ時に「iPhoneを更新」を選択してしまった。

結果、文鎮化。

 

 

文鎮化した後の状況

 

PCにiPhoneを接続し、iTunesを立ち上げ。
 
iPhoneを更新・復元を選択。
 
新しいソフトウェアのダウンロードが始まる。
 
ダウンロード終了後、iPhoneに更新を適用。
 
iPhoneを認識できません。(エラーコード2003)が発生。
 
PCを再起動したり、コードを取り替えたり、USB端子を他のところにしてもNG。
 
この繰り返し。
 

 

どうやって復帰したか

 

別のPCでiTunesをインストール。

PCにiPhoneを接続し、iTunesを立ち上げ。
 
iPhoneを更新・復元を選択。
 
新しいソフトウェアのダウンロードが始まる。
 
ダウンロード終了後、iPhoneに更新を適用。
 

無事完了。

 

 

なぜ文鎮化したか

 

まず、iPhone SEをアクティベートした時に「新しいiPhone」を選択したことがまずかったと思います。

 

おそらく、iTunesでは2台の別のiPhoneを紐付けできない仕様なんだと思います。

 

そのため、後からiPhone SEを接続した時にiPhone 7として復元しようとしたが、違うiPhoneだったためエラーとなったのでは。

 

なので、追加のiPhoneを設定する時はiPhoneの復元を選択するほうが良いと思います。

 

 

1台のPCで2台以上のiPhoneを接続するには

 

PCで別アカウントを用意し、それぞれにiTunesを入れて管理すれば問題ないです。

まとめ

 

2台以上のiPhoneを設定する時は、元のiPhoneと同じ設定で復元することを推奨。

同期させず別のiPhoneとして設定する時は、PC上で別アカウントを持ちiTunesから管理。

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

Add Comment

Click here to post a comment