HHKB Professional BTを購入レビュー。(Happy Hacking Keyboard・日本語JIS配列)

iPad Proで快適に作業をするために最強のキーボードを購入しました。

その名もHHKB Professional BTです。ガジェット好きで知らないものはいないHappy Hacking KeyboardのBluetooth版です。

このキーボードほんとにおそろしいです。何文字でも打っていられますし、打ちたくなる。快適とか効率を通り越して中毒になりそうなレベルです。

ということでHHKB Professional BTのレビューにまいりましょう。

iPad Proを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い実質負担額
ドコモ112,464円3,124円/月〜(36回払い)112,464円
au115,200円2,400円/月〜(48回払い)115,200円
ソフトバンク111,600円2,325円/月〜(48回払い)55,800円(トクするサポート適用時)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥115,280(2020/11/27 18:03:56時点 Amazon調べ-詳細)

ケースやApple Pencilはお忘れではないですか?


created by Rinker
Apple(アップル)
¥13,999(2020/11/27 15:51:25時点 Amazon調べ-詳細)

Happy Hacking Keyboardとは?

高級キーボードの代名詞であるHappy Hacking Keyboard。その名を知らないものはいないでしょう。

売りはなんといっても気持ち良すぎる打鍵感。手がキーボードに吸い付くという感覚になります。

名機やね。

静電容量無接点方式のキーを採用しており、シャコシャコっという独特の押し心地が中毒者を多数生み出しています。

またムダを排除したミニマルなキー配置、コンパクトなサイズ感も本当に必要なものだけに絞った結果で、まさに入力する最高の道具という感じです。

公式サイトにわざわざこんな一節が書かれています。

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。

馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。

いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。

【東京大学 名誉教授 和田英一】

引用:PFU公式サイト

これは心をくすぐられます。パソコンやスマホは入れ替わっても、キーボードこそ一生もの。

オタクの心くすぐってくるやんけ。

HHKB Professional BTとは?

そんなHKKBの待望のBluetooth版がHHKB Professional BTです。

Bluetooth接続となりましたので、iPadやiPhone、Androidなどのモバイル機器とも相性抜群です。

サイズ感もコンパクトなので持ち運ぶことも可能です。

HHKB Professional BTのスペック

項目Happy Hacking Keyboard Professional BT
モデル英語配列モデル・英語配列 無刻印モデル・日本語配列 かな無刻印モデル
白・墨
キー仕様静電容量無接点方式、押下圧45g、4.0mmストローク、
ステップスカルプチャ、キーピッチ19.05mm
キー数US配列60キー・JIS配列69キー
インターフェースBluetooth Ver3.0 Class2 (Bluetooth HID 1.0 profile)
無線操作距離10m
サイズ(mm)294(W) × 120(D) × 40(H)
質量530g(英語配列)・540g(日本語配列)
電源単三電池(2個)、USBポートからの給電
動作時間約 3ヶ月

HHKB Professional BTの付属品

付属品らしい付属品はありません。電池がついてくるぐらいです。

HHKB Professional BTは持ち運べるのか?

全然持ち運べます。私は毎日カバンにいれて持ち運んでいます。

薄さや軽さ

薄さや軽さを武器にしたキーボードではないですが、カバンに入れて持ち運びは全然できるという感じです。

サイズ感もコンパクトなので、厚みは少しありますが大きめのサコッシュにも入ります。

重さもiPad Pro 11インチと同じぐらいなので全然問題ないです。

この打鍵感を外でも使える喜び。

カフェが完全な作業空間になるんや。

足も滑りにくく傾斜調節も可能

折り畳み式の足で傾斜調節が可能です。しかも小さい足と大きい足があり2段階の調節ができます。

滑り止めもしっかりしているので安定性がすごいです。

ワシと一緒で安心感があるね。

キー配列はJIS(日本語)配列とUS配列どちらが良いのか?

HHKB Professional BTはUS配列だと方向キーがありません。

JIS配列だと方向キーはあります。

しかしiPadなどのiOSで使用する場合、iOSの仕様の問題でJIS配列だとUS配列として認識してしまうので、@や「」など記号の位置が表記どおり入力されない問題がでてきます。US配列の記号の位置を覚えないといけないんですね。

US配列のメリットとデメリット

  • 見た目がかっこいい
  • キートップに書かれたとおり記号等を入力できる
  • 方向キーがない

JIS配列のメリットとデメリット

  • 方向キーが使える
  • 記号の位置が表記どおり入力できずUS配列の記号の位置を覚えないといけない

悩んだ結果私は方向キーが重要だったのでJIS配列を選びました。

ワシは日本人や。

キーの押し心地

静電容量式を採用したキーの押し心地はとにかく快適です。シャコっシャコっカタカタという感じでとても快適に入力できます。

これこそがHHKBの売りですからね。

キーストロークもキーピッチも絶妙で入力に関してはHHKBの右に出るものはいないでしょう。

押す時のスッと入る感覚、適度な深みのあるキーストローク、そして跳ね返り、何万文字でも入力していたい感覚になります。いや、何億文字、兆、京、恒河沙、阿僧祇、那由多

ちなみにBluetooth版ではないHHKBと快適性は変わりません。

この打鍵感ほんまやみつきになるで。

キーの打鍵音はそこそこ気になる

打鍵音はけっこうカタカタいいます。

カフェや自宅や飛行機や新幹線なら気にならないと思いますが、シーンとした図書館のような環境で入力するのは気になります。

めっちゃ静かなところでは使われへん。

防水ではないのでご注意

一応防水ではないのでベタにコーヒーをこぼしたりしないように注意は必要です。

この間カフェで作業していたら向かいのじいさんがコーヒーをこぼしてきましてね、腰蹴ってやろうかと思いましたよ。

iPad Proと使ってみて

この組み合わせは相性が良過ぎます。ほぼMacBookのように使えます。

iPad ProとHHKB Professional BTをさっとカバンに詰め込むだけでどこでも最高の環境を持ち出すことができます。

こうなったらほぼパソコンやね。

AndroidやWindowsでも使える?

普通のBluetoothキーボードなどでもちろん大丈夫です。

パソコンや端末は消耗品、キーボードは一生ものですよ?

まとめ

この最高の入力環境、味わってしまうとほんと中毒になってしまいます。キーボードから手を離したくないぐらいです。

そんな最高の環境をどこでも作り出せてしまうのがHHKB Professional BTです。おそろしい。

レッツタイピング!

iPad Proを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い実質負担額
ドコモ112,464円3,124円/月〜(36回払い)112,464円
au115,200円2,400円/月〜(48回払い)115,200円
ソフトバンク111,600円2,325円/月〜(48回払い)55,800円(トクするサポート適用時)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥115,280(2020/11/27 18:03:56時点 Amazon調べ-詳細)

ケースやApple Pencilはお忘れではないですか?


created by Rinker
Apple(アップル)
¥13,999(2020/11/27 15:51:25時点 Amazon調べ-詳細)

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

最新情報をチェックしよう!
>海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMロック解除済みモデルや日本未発売モデルも揃っています。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

CTR IMG