スポンサーリンク

ハロプロのコンサートでのジャンプ禁止についてハロヲタが考える

アイドルBEYOOOOONDS
スポンサーリンク

こんにちは。VOVM編集長でハロヲタのわだかつや(@citywadakatsu)です。

わだかつや
わだかつや
ワシやで。ほな解説するで。

本日我がハロプロにおいて驚きのニュースが飛び込んでまいりました。

コンサートでジャンプ禁止です。


スポンサーリンク

事務所のコメント

コンサート・イベント中のジャンプ行為に関して、全てのお客様にコンサートを安心してお楽しみ頂く為、過度なジャンプ行為に関して、状況を改善すべく、各会場でスタッフによるお声かけ・注意をさせて頂いてまいりましたが、残念ながら、依然として以下の状況が発生しております。

  • 周囲のお客様の視界の妨げや周囲のお客様との接触。それに伴う、お客様同士のトラブル。
  • ジャンプしたお客様の転倒やそれに伴うお客様本人、及び周囲のお客様の負傷。
  • 座席や会場設備の破損。

  

以上を考慮しまして、2020年1月2日以降、各ユニットを含む全てのHello! Projectコンサートにおいて、ジャンプ行為は禁止とさせていただきます。

引用:ハロー!プロジェクトオフィシャルサイト

ジャンプ行為が全面的に禁止とのことです。

何が問題なのか

一番悪いのは何を隠そう迷惑なジャンプ行為をやめなかった厄介ヲタです。

マサイはダメなこと

まさに事務所のコメントに書かれているような、ライブ中過度にピョンピョン飛びまくり、推しの気を惹こうという行為をマサイと呼びます。

これはほんとに恥ずべき行為です。

ハロプロの中でも特につばきファクトリーの現場で大量に沸いていた印象です。

つばきファクトリーはBEYOOOOONDSが結成される前はハロプロで一番新しいユニットで、集客を上げるためリリースイベントを数多く打ったり、対バンやフェスなどの参加が多く、他のユニットに比べてイベント時に厄介ヲタが集まりやすい状況にありました。

最近のイベントではついに前方に赤線が引かれ、それより前ではジャンプを禁止という手段をとっていました。

それでも彼らがやめなかったため今回の決断に至ったと思われます。

適度な推しジャンや曲中ジャンプは楽しい

モーニング娘。'16 「ドッカ~ン カプリッチオ」(Morning Musume 16 [Dokka~n Capriccio]) – Hello! Project Hina Fest 2016
ハロプロ・オールキャスト 「初恋サンライズ」

例えばモーニング娘。の「ドッカ〜ン カプリッチオ」やつばきファクトリーの「初恋サンライズ」なんかは曲中にヲタも一緒にジャンプをする振り付けがあり、ここをみんなで飛ぶのは最高に楽しいわけです。

あとは歌割りが少ない推しのここぞというソロパートで飛ぶとか、こういうのはライブの楽しみの1つです。

割を食うのは普通のハロヲタ

特に問題になっていたのってつばきファクトリーのリリイベに現れるような厄介ヲタのマサイだったと思うんですよね。

リリイベはCD1枚買えばライブに参加できるのですごくコスパが良く、騒ぎたいだけの厄介ヲタはそういう現場に集まります。で、ハロコンなんかには来ない。ハロプロとか関係なくアイドルのイベントというだけで騒ぎたい一心で出没しまくる連中です。

なのでハロプロのコンサートでジャンプ行為を禁止しても、そういう現場に行くヲタってまともなヲタなのであまり意味がないんですよね。

まとめ

ジャンプ禁止はわかったからクールハローも早く辞めてほしいところではあります。


ハロプロのコンサートに参加する前に

ハロプロのコンサートに初めて参加される方はこちらの記事で持ちものやコールの予習をしておきましょう。

コンサートで使うサイリウムの現在の主流はキングブレード。最新のキングブレード X10 Vならスマホで色を作れます。

ハロプロのチケットの購入方法

一般発売が始まった後はこちらのチケットぴあにて発売されます。

チケットの買い方の解説はこちらの記事

遠征先の宿や手段は確保しましたか?

遠征が決まったら忘れないうちにホテルや航空券も予約しておきましょう。次のサイトが安心&お得でおすすめです。

コメント