Android Galaxy S10/S10+/S10e Galaxy S20 スマートフォン

Galaxy S20 5GとGalaxy S10はどっちを買うべき?(比較)

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。

世界のフラッグシップモデルGalaxy S20。

最強の性能を誇るGalaxy S20ですが、昨年のGalaxy S10もまだまだ負けていません。

ということでどちらを買うべきか見ていきましょう。

Galaxy S20シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ケースも一緒にお忘れなく。

Galaxy S20のスペックや特徴

まずはスペックや特徴を見ていきましょう。

Galaxy S20のスペック表

Galaxy S20
ストレージ容量(ROM) 128GB
価格 110,000円〜
CPU Snapdragon 865もしくはExynos 990
メモリ(RAM) 8/12GB
ディスプレイサイズ 6.2インチ
解像度 1200 × 3200 563ppi(120Hz)
本体サイズ 69.1 × 151.7 × 7.9mm
重量 163g
メインカメラ 望遠6.4MP(F2.0)+広角12MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)(トリプルカメラ)
インカメラ 10MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵 IP68
SDカード 対応
認証方法 顔認証、画面内超音波指紋認証
おサイフケータイ 国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック なし
バッテリー容量 4,000mAh
カラーバリエーション コズミックグレー
クラウドブルー
クラウドピンク

Galaxy S20の特徴

  • 申し分ない最強の性能
  • スペースズーム搭載の圧倒的なカメラ性能
  • 必要な機能はほとんど搭載
  • 軽くてコンパクトながら大画面のS20

Galaxy S10のスペックや特徴

まずはGalaxy S10のスペックや特徴を見ていきましょう。

Galaxy S10のスペック表

GalaxyS10
容量:価格 128GB/512GB:約99,700円から
CPU Snapdragon 855もしくはExynos9820 64ビットオクタコア
メモリ(RAM) 8GB
ディスプレイサイズ(解像度) 6.1インチ(1440 × 3040 550ppi)
本体サイズ(重量) 70.4 × 149.9 × 7.8mm(157g)
背面カメラ 望遠12MP+広角12MP+超広角16MP(トリプルカメラ)
フロントカメラ 10MP
ビデオ 4K対応
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵 IP68
SDカード 対応
認証方法 顔認証、画面内超音波指紋認証
おサイフケータイ 国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック 有り
バッテリー容量 3,400mAh
カラーバリエーション プリズムホワイト
プリズムブラック
プリズムグリーン(地域限定)
プリズムブルー

Galaxy S10の特徴

特徴を簡単にまとめると

  • パンチホール型ノッチ採用ディスプレイで画面有効面積が拡大
  • トリプルカメラ搭載で超広角レンズによる表現度アップ
  • ディスプレイ上の超音波指紋認証に対応

という点があげられます。性能は最強スペック。中身は先日発売されたGalaxy Note 10+とほぼ変わりません。

詳しいレビュー記事はこちらになります。

Galaxy S10を購入レビュー。スペックやカメラ性能も。

Galaxy S20とGalaxy S10のスペックを比較

それではスペックを比較してみましょう。

Galaxy S20 Galaxy S10
ストレージ容量(ROM) 128GB 128GB/512GB
価格 110,000円〜 99,700円〜
CPU Snapdragon 865もしくはExynos 990 Snapdragon 855もしくはExynos9820
メモリ(RAM) 8/12GB 8GB
ディスプレイサイズ 6.2インチ 6.1インチ
解像度 1200 × 3200 563ppi(120Hz) 1440 × 3040 550ppi
本体サイズ 69.1 × 151.7 × 7.9mm 70.4 × 149.9 × 7.8mm
重量 163g 157g
メインカメラ 望遠6.4MP(F2.0)+広角12MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)(トリプルカメラ) 望遠12MP(F2.1)+広角12MP(F1.4/2.4)+超広角16MP(F2.2)(トリプルカメラ)
インカメラ 10MP 10MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応 ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵 IP68 IP68
SDカード 対応 対応
認証方法 顔認証、画面内超音波指紋認証 顔認証、画面内超音波指紋認証
おサイフケータイ 国内版対応、海外版非対応 国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック なし 有り
バッテリー容量 4,000mAh 3,400mAh
カラーバリエーション コズミックグレー プリズムホワイト
クラウドブルー プリズムブラック
クラウドピンク プリズムグリーン(地域限定)
プリズムブルー

基本性能はそのまま踏襲しつつ進化したのがGalaxy S20です。

Galaxy S20とGalaxy S10の違い

次のようなところに違いがあります。

  • CPUがSnapdragon 855から865に1世代進化。
  • ディスプレイサイズが6.1インチから6.2インチに若干大型化
  • バッテリー容量が4,000mAhに大型化

CPUや処理性能を比較

CPUはGalaxy S10は昨年最高スペックのSnapdragon 855、Galaxy S20はさらに進化した今年最高スペックのSnapdragon 865になっています。

Galaxy S10の時点で相当サクサクに動きますが、さらに進化した性能を持つのがGalaxy S20です。

RAM・ストレージ容量を比較

どちらもはRAMは基本は8GBという圧倒的な量を積んでいます。Galaxy S20はさらに12GB版も用意されています。

ディスプレイサイズ・本体サイズ・重量を比較

Galaxy S20は6.2インチ、Galaxy S10は6.1インチです。

本体サイズはほとんど同じですがGalaxy S20は0.1インチ大きくなっています。

重量はGalaxy S20は163g、Galaxy S10は157gと少し重くなっています。バッテリーの大容量化にともなうものと思われます。

ディスプレイ画質を比較

Galaxy S20の解像度は1,200×3,200です。Galaxy S10の解像度は1,440×3,040です。Galaxy S20のほうが縦長です。

生体認証を比較

Galaxy S20もGalaxy S10もは画面内超音波指紋認証を搭載しています。

とはいえ精度はそんなに高くないので、顔認証を使うほうが早いです。

バッテリー容量を比較

バッテリー容量はGalaxy S10の3,400mAhからGalaxy S20は4,000mAhに拡大しています。

Galaxy S10はバッテリー持ちは悪かったですが、Galaxy S20はその弱点が解消されています。

バッテリーのレビューはこちら。

Galaxy S10のバッテリーの電池持ちを実際にチェック。けっこう減るの早い

カメラ性能を比較

どちらも超広角レンズを搭載したトリプルレンズカメラです。

Galaxy S10の広角レンズの絞り値はF1.4と2.4に可変でしたが、Galaxy S20ではF1.8ni固定になりました。

カメラもレビュー記事に書いています。

Galaxy S10を購入レビュー。スペックやカメラ性能も。

防水性能を比較

どちらもIP68という最高クラスの防水防塵性能を備えていますのでご安心ください。

防水防塵性能についてはこちらの記事をどうぞ。

Galaxy S20 5Gの防水防塵性能IP68とは?

Galaxy S10の防水防塵性能IP68とはどんなもの?

価格を比較

Galaxy S20は約11万円~となっています。

Galaxy S10はドコモ、auのオンラインストアだと約6万円~。

イオシスだと約5.5万円〜となっています。

Galaxy S20シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ケースも一緒にお忘れなく。

Galaxy S20とGalaxy S10のどちらを選ぶべきか?

これらを踏まえて、多少価格が高くても最新性能が良ければGalaxy S20です。

特にバッテリー持ちの改善はかなり大きいです。しかしそれ以外の進化点はあまりないと考えて問題ありません

Galaxy S10の時点で十分サクサクなのでコスパを考えるなら圧倒的にGalaxy S10をおすすめします。

Galaxy S20シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ケースも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

Add Comment

Click here to post a comment