Android Galaxy Galaxy S20 スマートフォン

Galaxy S20を購入レビュー。これ買っておけば後悔しない

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。

ついに発売された圧倒的な性能を誇るGalaxy S20。

毎回最高を更新してくれるGalaxyシリーズ。はたして今回はどんな驚きをもたらしてくれるのでしょうか。

ということでGalaxy S6、S8、S9、S10と買ってきたミスター人柱の私は今回もGalaxy S20を購入しましたのでさっそくレビューしていきたいと思います。

Galaxy S20シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ケースも一緒にお忘れなく。

Galaxy S20のスペックや特徴

まずはスペックや特徴を見ていきましょう。

Galaxy S20のスペック表

Galaxy S20
ストレージ容量(ROM) 128GB
価格 110,000円〜
CPU Snapdragon 865もしくはExynos 990
メモリ(RAM) 8/12GB
ディスプレイサイズ 6.2インチ
解像度 1200 × 3200 563ppi(120Hz)
本体サイズ 69.1 × 151.7 × 7.9mm
重量 163g
メインカメラ 望遠6.4MP(F2.0)+広角12MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)(トリプルカメラ)
インカメラ 10MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵 IP68
SDカード 対応
認証方法 顔認証、画面内超音波指紋認証
おサイフケータイ 国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック なし
バッテリー容量 4,000mAh
カラーバリエーション コズミックグレー
クラウドブルー
クラウドピンク

Galaxy S20の特徴

  • 申し分ない最強の性能
  • スペースズーム搭載の圧倒的なカメラ性能
  • 必要な機能はほとんど搭載
  • 軽くてコンパクトながら大画面のS20

Galaxy S20の付属品

それでは届いたGalaxy S20をみていきましょう。

  • 充電器
  • SIMピン
  • USB C変換ケーブル
  • AKGのイヤホン

恒例のAKGのイヤホンです。老舗オーディオメーカーのAKGもサムスン傘下ですからね。これだけでもお得感満載です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
さすが金に物を言わせて買収しただけある

Galaxy S20のデザイン

背面のテイストはGalaxy S10をそのまま踏襲し、上質なガラスを主体としたデザインです。

出ましたよいかついトリプルカメラ。Galaxyシリーズはとにかくカメラがいいですからね。今回も非常に良い仕上がりとなっております。

インカメラ周りはパンチホールを採用しています。なので画面占有率が非常に高く、ほぼ画面を持っているかのような感覚です。

Galaxy S20は大きさがちょうどいい。けして大きすぎず手にしっかりなじみます。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
側面のエッジディスプレイがスベスベでめっちゃ気持ちいいねんな

イヤホンジャックは非搭載。充電はUSB C端子

残念ながらイヤホンジャックは非搭載です。世の流れなので仕方ないですね。

Galaxy S20 5Gにイヤホンジャックはある?

メインディスプレイは6.2インチ

メインディスプレイのサイズはちょうど良い6.2インチです。

コンパクトなボディに大画面をつめこんできました。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
小さいのに大きいってどうなってんのよ

主要なアプリの表示を確認

実際に主要なアプリの見え方を確認してみましょう。

Chromeを表示してみる

6.2インチの大画面なので情報量も抜群です。

Twitterを表示してみる

タイムラインも見やすいです。

Instagramを表示してみる

サムネイルもたくさん表示されていて見やすいです。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
発色もめっちゃいい

カメラは文句なしの出来栄え

カメラは超広角搭載のトリプルカメラです。

望遠レンズと組み合わせたボケはもちろん、AIが超優秀なのでシーンごとの色調補正が抜群です。

食事は美味しそうに、青空は綺麗な青に補正してくれます。

今回から新たに追加されたのが「シングルテイク」モードです。

被写体にカメラを向けていろんなアングルで短い動画を撮影します。

そうするとその動画の中で一番良いアングルと補正をオススメしてくれます。

このときいろんな候補が挙げられるので、その中から好きな物を選ぶだけでOKです。

これは画期的で誰でもGalaxy S20任せで素晴らしい写真が撮れてしまいます。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
時代はここまできたか

画面内指紋認証の精度はかなり上がっている

Galaxy S10と同じく画面内指紋認証を搭載していますが、この精度がかなり上がっていて驚きました。

Galaxy S10の時はかなりの頻度で失敗し、けっこう強く画面を押す感じでようやく認識していたのですが、Galaxy S20はなんとほぼ失敗しません。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
地味やけど超嬉しい進化や

さすがのスピーカーで動画の表示も最高

スピーカーもしっかりステレオで横にしてもちゃんと左右から音が出ます。なぜかモノラルだったGalaxy Z Flipとは違います。

全画面表示にしたときの表示領域は圧巻です。YouTubeもこの通りです。

Galaxy S20はドコモやauやソフトバンクなどの国内SIMや格安SIMで使えるのか?

もちろん使えます。しかしSIMロック解除や5Gモデル特有の相性もありますので、こちらの記事を参考にしていただければ。

Galaxy S20 5GはSIMフリー・ドコモ・au版のどのモデルを買うべきか?

Galaxy S20 5Gは格安SIMで使えるのか?

Galaxy S20はデュアルSIMやDSDSで使えるのか?

ドコモ版やau版のキャリア版はデュアルSIMに非対応ですが、海外SIMフリー版はデュアルSIMに対応しているものがあります。

イオシスなどでそちらを手に入れればOKです。

Galaxy S20 5GはデュアルSIM(DSDS)に対応しているのか?

バッテリーはどれぐらい持つのか?

バッテリー持ちが気になるでしょう。

安心してください。バッテリーは余裕すぎます。

フルで作業し続けても10時間半もつという驚きのバッテリーです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

Galaxy S20のバッテリーの電池持ちをチェック

Galaxy S20でおサイフケータイは使えるのか?

Galaxy S20はドコモ・auから発売されている国内版ならばっちりSuicaやおサイフケータイに対応しています。

ピッとするだけで電車にも乗れますし、買い物もできてしまいます。

Galaxy S20 5GはおサイフケータイやSuicaに対応している?

海外版はQR決済でどうぞ。

まとめ

圧倒的な性能を誇るGalaxy S20。今回もカメラ、動画、音楽、何をさせても抜群の性能で、とりあえずGalaxy S20を買っておけば間違いないという仕上がりになっています。

今回も期待に違わず最高を更新してきてくれました。あなたもGalaxy S20を手に入れてスマホの悩みから解き放たれましょう!

Galaxy S20シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ケースも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

Add Comment

Click here to post a comment