スポンサーリンク

【比較】Galaxy S10eとiPhone 8はどっちを買うべき?スペックの違いは?

GalaxyAndroid
スポンサーリンク

2019年2月20日(日本時間:21日AM4時)、Samsungが最新モデル「Galaxy S10シリーズ」を発表しました。

Galaxy Unpacked February 2019: Official Replay

今回は最新のGalaxy S10eと2017年に発売されたiPhone 8のスペック比較をしようと思います。

さっそく結論ですが、iPhoneに勝るスマホなどありません。

~終わり~


スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

スポンサーリンク

【比較】Galaxy S10eとiPhone 8を比較!スペックの変化は?

冗談は序文までにしておきます。筆者はiPhone信者なので改宗はしませんが、ここはフラットな目で両者のスペックを比較していくとしましょう。

Galaxy S10eのスペック特徴まとめ

Galaxy S10eはGalaxy S10シリーズの中では廉価モデルという位置づけです。

廉価モデルといえど、高性能なスペックを誇っています。日常利用やSNS運営、写真撮影や動画撮影といった機能は満足できるでしょう。

スペックについて視覚的に理解したい人は、こちらの記事を参考にしてください。一覧表形式で理解できるようにしています。

Galaxy S10eの特徴は「本体がイエローカラーに対応」「パンチホール型ディスプレイ」「本体側面での指紋認証」「小型で軽いけど高性能」という点です。

特に認証方法についてはGalaxy S10(S10+)と同じ「指紋認証+顔認証」ですが、Galaxy S10eの指紋認証は本体側面で行います。Galaxy S10(S10+)はディスプレイ上で指紋認証出来るので、大きな違いといえるでしょう。

パンチホール型ディスプレイについてはGalaxy S10(S10+)でも同じですが、そもそもパンチホール型ディスプレイ自体が珍しいです。画面占有率が向上しているので、これも大きな違いですね。

また、本体カラーの「カナリーイエロー」はGalaxy S10(S10+)にはない限定カラーです。これもGalaxy S10eならではですね!

iPhone 8のスペック特徴まとめ

さすがに約2年前のスマホになると特徴といっても難しいですね。強いてあげるなら当時iOS端末で初めて対応した「無線充電」、「本体素材がガラスデザイン」「12MPの背面カメラで4K動画撮影が可能」といったところです。

流石に2019年現在のハイエンドスマホには「あって当たり前」の機能が多いですが、当時としてはハイエンドスマホでした。

ハイエンドスマホには見劣りしますが、現在でもミドルユーザーの需要を満たしてくれる「良心的なiOSスマホ」というイメージです。ちなみにこれがホームボタンを搭載している最後のiPhoneです。(2019年以降でホームボタンはおそらく復活しないでしょう。)

おおまかに特徴を掴んだところで、個別に性能をチェックしていきましょう。

iPhone 8からGalaxy S10eでスペック進化した点は?

分かりやすい変化点としては、背面カメラにデュアルカメラを搭載している点ではないでしょうか。カメラ性能はここ数年で大幅に上がりました。そのうち一眼レフカメラも超えるかもしれませんね?

他にはホームボタンが付いているかどうか、という点です。iPhone 8はホームボタンが存在している最後のナンバリングモデルです。だからiPhone 8買いましょう。また最近はベゼルレスモデルが流行りで、本体の大きさを抑えつつディスプレイのサイズ拡大に成功しています。

他に細かいところでは、Galaxy S10eは顔認証にも対応しているところでしょうか。もちろん指紋認証はどちらでも利用できます。

分かりやすい変化ばかり見てもしょうがないので、今度は個別具体的にリサーチしてみましょう。

CPUを比較!

Galaxy S10eのCPU詳細は判明していませんが、Snapdragon 855もしくはExynosの64ビットオクタコアだと言われています。

対するiPhone 8のA11 Bionicチップは6コア(2+4)搭載です。やはりCPU性能はGalaxy S10eの圧勝です。

しかし、A11チップもまだまだ現役です。筆者は一世代前のiPhone 7を利用してますが、不便は全く無いですよ!(最近はバッテリーがへたってきましたが…)

ストレージ容量を比較!

Galaxy S10eはRAM:6GB/8GB、ストレージ:128GB/256GBです。

一方のiPhone 8はRAM:3GB(非公式)、ストレージ:64GB/256GBです。現代のハイエンドスマホと比較すると、少し物足りないイメージがありますね。特にRAM容量の差が顕著です。Galaxy S10eの方がアプリはサクサク動くでしょう。

ディスプレイサイズ・重量を比較!

Galaxy S10eは5.8インチディスプレイ搭載の、重量は150gです。

一方のiPhone8は4.7インチの148gです。Galaxy S10eの重量150gはかなり軽いですね。似たようなサイズのスマホだと、Pixel 3(5.5インチディスプレイで148g)の使用感に近いと思います。

本体サイズはさすがにiPhone 8の方が小さいです。しかし、ディスプレイ面積が大幅に増えています。画面の見やすさ使いやすさはGalaxy S10eが大幅に優れています。

ディスプレイ画質を比較!

Galaxy S10eは解像度2,280 × 1,080のHDR+に対応したInfinity O AMOLED有機ELディスプレイです。

一方のiPhone 8は解像度1334 x 750(326ppi)です。こうして比較すると近年のディスプレイ解像度の進化はすさまじいですね!

参考に、Galaxy S10eに搭載されている新ディスプレイを紹介させていただきます。

次世代のダイナミックAMOLEDスクリーンはHDR10+規格に対応。各シーンで驚くほどリアルな色とコントラスト、さらに暗いシーンでもダイナミックなトーンマッピングを実現します。 明るい画面でも、明るい日中でも、はっきりと見ることができます。2 ステレオスピーカーとDolby Atmosを組み合わせると、まさに没入状態です。

引用元:GalaxyS10公式サイト

バッテリー容量を比較!

Galaxy S10eのバッテリー容量は3,100mAhです。

一方のiPhone 8は1,821mAh(非公式)です。意外と少ないんですね。利用していてバッテリー不足を感じたことは少ないですが、やはりディスプレイの大きさやハードスペックの向上が影響しているのでしょうか?

Galaxy S10eは不要なアプリを自動で切ったりしてくれるので、バッテリー持ちも改善しているみたいです。またGalaxy S10eのバッテリーはワイヤレス充電対応機器にスマホから充電できます。

Galaxy S10e、S10、S10+は、日常生活や使用パターンを学び、不要なアプリの電源を切ります。 また、Adaptive Power Saving モードは、1日の予測に基づいてバッテリーの寿命を管理します。1 そしてGalaxy S10+の最大4,100mAh(Typical)のバッテリー容量により、より多くの時間をより少ない充電時間で過ごすことができます。2

引用元:GalaxyS10公式サイト

カメラ性能を比較!

Galaxy S10eは背面カメラにデュアルカメラ搭載(広角12MP+超広角16MP)、フロントはシングルカメラ(10MP)です。一方のiPhone 8は12MPのシングルカメラを搭載しています。

Galaxy S10eは廉価版というイメージですが、それでもデュアルカメラを搭載しているのは凄いですね…!ここ1年くらいでスマホカメラ戦国時代に突入した感じです。

自分のスマホカメラに自信のないあなた、大丈夫です。実はスマホカメラは外付けパーツを使えばいくらでも便利に使えます。

シングルカメラのスマホ限定ですが、この外付けレンズ+三脚はコスパ高くておすすめです。この望遠レンズ、最大倍率が18倍で凄いですよ!バードウォッチングがはかどりますね。


防水性能を比較!

Galaxy S10eとiPhone 8は最高クラスの防水防塵性能を誇る「IP68」に対応しています。

ただし、水濡れによる故障はメーカーの保証外なので故意に水の中につけるのはやめておきましょう。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

スマホの水濡れ故障はIP68に対応していても起こり得ます。お風呂で内部結露してしまったり、海水浴しててスマホがサビてしまったらネタにしかなりません。ちゃんと防水ケースをしておきましょう。

水濡れ故障だと修理代金の相場は5万円以上、対して防水ケースは1,000円前後です。後悔先に立たず、悩む前にとりあえず買っときましょう。


カラーバリエーションを比較!

日本で発売されるGalaxy S10eは「プリズムホワイト」「プリズムブラック」「プリズムグリーン」「プリズムブルー」「カナリーイエロー」の5種類です。特に「カナリーイエロー」はGalaxy S10e限定カラーですよ!

一方のiPhone 8は「ゴールド」「スペースグレイ」「シルバー」「(PRODUCT)RED™」の4種類です。

種類数ではGalaxy S10eの勝ちですが、カラーがあまりかぶっていないので甲乙つけがたいですね…

ここは自分の好みで決めちゃいましょう!もちろんiPhone買うよね?

Galaxy S10eを早く購入したいなら通販サイトがおすすめ!

ここまで筆者のiPhone 8押しに負けずにこの記事を読んだあなた、相当Galaxy S10eにご執着のようですね。でも残念。海外版は3月8日に発売されますが、日本で発売されるのはおそらく数か月後です。だからiPhone買いましょう。

一刻でも早くGalaxy S10eを購入したいあなたは通販サイトで取り寄せてみませんか?最新スマホを2~3か月おあずけ食らうのは苦しいですよね。ここはサクッと海外版を取り寄せちゃいましょう。

筆者のおすすめは中古スマホ取り扱いサイト「イオシス」さん。ここは中古品から新品の未開封品まで取り扱っているので品ぞろえが豊富です!

さらにさらに、なんと未開封品なら6か月、中古品なら3か月間も保証がついてる!!これはお得だぁーーーー!!!(詳しい保証内容についてはここをクリック

さらにさらにさらに!!!中古スマホで怖いのが赤ロム。なんと前の購入者が代金踏み倒して、キャリアから通信制限をかけられることがあるそうです。怖すぎ!!!

そんな時でもイオシスなら大丈夫!なんと赤ロムになったスマホに対してイオシスは永久保証をしています。つまり保証期間を過ぎても赤ロムになったスマホは返金・交換の対象になるんです!!!もう驚き桃の木20世紀って感じですね(?)。(詳しい赤ロム保証についてはこちらをクリック

スマホを買うべきタイミングは「欲しくなった時」です。「今は時期が悪い」という言葉がインターネットの掲示板ではおなじみのテンプレですが、それを言い出したら一生ハイテク機器など買えません。あなたも自分の気持ちに正直になって、レッツスマホライフ!

あなたに読んでほしいGalaxy S10の記事

Galaxy S10を購入レビュー。スペックやカメラ性能も。
既にグローバルでは発売されている世界のフラッグシップモデルGalaxy S10。 3月の発売直後に海外版を輸入して早2ヶ月ほど使用しましたので遅まきながら入念にレビューしていきます! Galaxy...
Galaxy S10はSIMフリー・ドコモ・au・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか?
グローバル版から遅れること3ヶ月、ようやく国内でもGalaxy S10が発売になりました。 Galaxy S10のウリは他社の追随を許さない圧倒的なスペック。Android界、いやスマホ界最強でしょう。ヌルヌルのサクサクなんて...
(レビュー)GalaxyNote9とNote8を比較。使い勝手の良い最強スマホ
ついにグローバルで発売された世界が認めるフラッグシップスマートフォンといえば? はい、Samsung Galaxy Note 9ですね! 自分はGalaxy S8+、Galaxy Note 8、Galaxy S9と使ってきましたが、...

Galaxy S10の購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Galaxy S10をイオシスで購入する。: 77,800円〜

ドコモ・auで購入するなら

ドコモ・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

Galaxy S10をドコモオンラインショップで購入
Galaxy S10をauオンラインショップで購入

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

Samsung Galaxy S10 128GB SM-G973F/DS (FACTORY UNLOCKED) 6.1″ 8GB RAM Dual Sim [並行輸入品] (Prism White)
Samsung

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら


iPhone 8シリーズを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら当サイトからの申し込みだと特別に他社からの乗り換え(MNP)や新規契約でキャッシュバック2万円、機種変更でも現金5,000円(11月30日まで!)などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「9015」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ケースもお忘れではないですか?

あなたに読んでほしいiPhone 8の記事

iPhone 8をレビュー。売れている理由を探ってみる
2017年に発売されたiPhone 8。 今思えば2年も前の機種ですが、その薄さと軽さはいまだ根強い人気があり、アップルストアでも現役として販売されています。 その間に同期のiPhone Xやその次のiPhone XSは続々...

この記事を書いたのは

hirok_プロフィール

ひろ.K
ITや家電にめっぽう強く、うちでは「スマホオタクが考える快適なスマホライフ」をモットーに執筆していますが、実は自身の経験を元にした就職・転職関係の記事や恋愛まとめやキュレーション全般などなんでも書けるオールマイティー。まとめるだけでなく私見もしっかり述べちゃうのよ。
ブログ「ひろ・K・トムの部屋」はこちら

コメント