Galaxy S10/S10+/S10e Xperia 1/10/10 Plus

Galaxy S10とXperia 1を比較。どっちを買うべき?

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。もちろん無料や。

2019年を代表するスマホ、Galaxy S10とXperia 1。どちらを買うか決めましたか?

この記事を読んでいるあなたは最新のハイエンドスマホを買う気に満ちたガジェットオタクだとお見受けします。ということで今回はGalaxy S10とXperia 1の比較をしていきます。

Galaxy S10シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

楽天モバイル・ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。

Galaxy S10とXperia 1のスペック比較

まずはお互いのスペックと特徴を見てみましょう。

Galaxy S10のスペック

GalaxyS10
容量:価格 128GB/512GB:約99,700円から
CPU (Snapdragon 855もしくはExynos)64ビットオクタコア
メモリ(RAM) 8GB
ディスプレイサイズ(解像度) 6.1インチ(1440 × 3040 550ppi)
本体サイズ(重量) 70.4 × 149.9 × 7.8mm(157g)
背面カメラ 望遠12MP+広角12MP+超広角16MP(トリプルカメラ)
フロントカメラ 10MP
ビデオ 4K対応
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵 IP68
SDカード 対応
認証方法 顔認証、画面内超音波指紋認証
おサイフケータイ 国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック 有り
バッテリー容量 3,400mAh
カラーバリエーション プリズムホワイト
プリズムブラック
プリズムグリーン(地域限定)
プリズムブルー

Galaxy S10の特徴

  • パンチホール型ノッチでさらに大画面化
  • トリプルカメラ搭載でついに超広角に対応
  • ディスプレイ上の超音波指紋認証に対応
  • 最大でRAM12GB/ストレージ1.5TBに対応

パンチホール型ディスプレイでさらに大画面化

ノッチと呼ばれるインカメラやセンサーなどの形状がついにパンチホール型となりました。ディスプレイの中に小さな穴にすべてを凝縮しました。

その結果、ディスプレイの有効面積が圧倒的に拡大し、小さなボディで大画面を実現しました。

トリプルカメラ搭載でついに超広角に対応

Galaxyでもついにトリプルカメラを搭載してきました。トリプルカメラの何が楽しいかというと超広角。目の前に広がる素晴らしい景色を広々切り取ることができます。

ディスプレイ上の超音波指紋認証に対応

トレンドの画面内指紋認証にも対応しています。そのため画面に指を押し当てるだけで指紋認証ができてしまいます。Galaxy S10はなんと超音波で認証するシステムを採用。これにより精度を上げてきました。

Galaxy S10のスペックはこちらに記事にしています。

https://inakagadget.com/galaxys10-spec/

Galaxy S10のレビュー

Galaxy S10のレビューはこちらに記事にしています。

Galaxy S10を購入レビュー。スペックやカメラ性能も。

超広角レンズの楽しさ、カメラの表現力や本体の美しさについて徹底的にレビューしました。

Galaxy S10シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

楽天モバイル・ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。

Xperia 1のスペック

Xperia 1
容量:価格 64GB/128GB:約12万円
CPU Snapdragon 855
メモリ(RAM) 6GB
ディスプレイサイズ(解像度) 6.5インチ(3,840 × 1,644)
本体サイズ(重量) 167 × 72 × 8.2mm(180g)
背面カメラ 標準12MP+広角12MP+望遠12MP(トリプルカメラ)
フロントカメラ 8MP
ビデオ 4K対応
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵 IP68
SDカード 対応
認証方法 指紋認証
おサイフケータイ 国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック 非搭載
バッテリー容量 3,330mAh
カラーバリエーション ホワイト
ブラック
グレー
パープル

Xperia 1の特徴

  • アスペクト比21:9の超縦長画面
  • 4K HDR OLEDディスプレイ
  • Xperia原点カラー”パープル”も投入

アスペクト比21:9の超縦長画面と4K HDR OLEDディスプレイ

Xperia 1の最大の特徴は21:9というアスペクト比の前代未聞の超縦長画面です。さらにソニー初搭載となる4K HDR OLEDディスプレイ。

これによりウェブやSNSも表示されるスペースが非常に大きく見やすいです。さらに写真や動画も圧倒的に進化した美しいディスプレイで再現力が素晴らしいです。

Xperia 1のスペックはこちらに記事にしています。

Xperia 1のスペック、日本発売日は?まとめてみた!

Xperia 1のレビュー

Xperia 1のレビューはこちらに記事にしてます。

Xperia 1を購入レビュー。超縦長画面で俺たちのソニーが帰ってきた

超縦長大画面の使用感やデザインの美しさについて徹底的に解説しています。

Xperia 1を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ドコモ、ソフトバンクではすでに販売終了となっています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

Galaxy S10とXperia 1のスペックの違いは?

主な違いは

  • アスペクト比
  • ノッチ形状
  • 指紋認証
  • カメラ
  • 本体サイズ

です。さっそく比較してみましょう。

CPUを比較

どちらもおなじCPU(Snapdragon 855 オクタコア)を使用しています。2019年はSnapdragon 855を搭載したスマホが主流となっており、Galaxy S10もXperia 1ももちろん搭載しています。

またGalaxy S10は地域によってはExynosの場合もありますが、性能はそこまで大きく違いません。

ストレージ容量を比較

GalaxyS10はRAM8GB、ストレージ容量(ROM)は128GBもしくは512GBです。Xperia 1はRAM:6GB、ストレージ容量(ROM)は64GBもしくは128GBモデルです。

Galaxy S10の方がRAM、ストレージ容量ともに大きくこの点では勝っています。

ディスプレイサイズを比較

Galaxy S10はディスプレイが6.1インチ、Xperia 1は6.5インチのディスプレイを搭載しています。

Xperia 1は「シネマワイド」と呼ばれるアスペクト比21:9の超縦長ディスプレイが特徴です。(Galaxy S10はアスペクト比19:9です。)

一方のGalaxy S10はパンチホール型ディスプレイを搭載。いわゆる水滴型ノッチなどとは一線を画し、ディスプレイ右上に丸い穴がついているのみです。これで従来よりもディスプレイ面積が向上しています。

画面の大きさや表示した時の一覧性はXperia 1に軍配が上がります。

本体サイズ・重量を比較

サイズと重量はGalaxy S10は149.9×70.4×7.8mmで157g、Xperia 1は167×72×8.2mmで180gです。やはりXperia 1は縦にかなり長いです。

Xperia 1のほうが縦長かつディスプレイも大きいので、本体サイズが大きく重量も重いのはしかたありません。

ディスプレイ画質を比較

Galaxy S10は解像度3,040×1,440です。Xperia 1は3,840×1,644です。Galaxy S10はAMO LED、Xperia 1は4K HDR OLEDディスプレイです。

どちらも非常に美しいディスプレイが売りではありますが、強いていうならば画面の美しさや表現力では4K HDR搭載で気合の入っているXperia 1に軍配があがります。

Galaxy S10ディスプレイの特徴として、通常モードでもブルーライトをカットしている点ではないでしょうか?筆者はiPhoneやiPadは常にナイトシフトモード、パソコンを触るときはブルーライトカット眼鏡を着けています。色を変えずにブルーライト機能搭載は嬉しい人も多いですね。

バッテリー容量を比較

Galaxy S10のバッテリー容量は3,400mAh、Xperia 1のバッテリー容量は3,300mAhです。容量的にはほぼ差はありません。どちらも最近では標準的なバッテリー容量となっています。

しかしXperia 1のほうがディスプレイサイズが大きいため、画面がオンの状態だと消費が激しいので注意したいところです。

バッテリー持ちという点ではGalaxy S10のほうが勝っています。

Galaxy S10のバッテリーの電池持ちを実際にチェック。けっこう減るの早い

Xperia 1のバッテリーの電池持ちをチェック。モバイルバッテリーいらず

カメラ性能を比較

Galaxy S10は背面カメラは望遠12MP+広角12MP+超広角16MPのトリプルカメラを搭載しています。フロントカメラはセルフィー10MPのシングルカメラです。

Xperia 1はトリプルカメラ(標準12MP+広角12MP+望遠12MP)、フロントにシングルカメラ(8MP)を搭載しています。

どちらもトリプルカメラ&AIによる自動補正搭載で表現力は素晴らしいです。Galaxy S10はより強調したInstagramなどのSNS向きの表現、Xperia 1は目で見たままをそのまま表現してくれる味付けになっています。

表現は好みがありますが、カメラ性能で言えば超広角レンズを搭載しているGalaxy S10のほうが表現の幅が広がります。

防水性能を比較

Galaxy S10とXperia 1はどちらも最高クラスの防水防塵性能を誇るIP68に対応しています。なので安心して使うことができます。

Galaxy S10の防水防塵性能IP68とはどんなもの?

Xperia 1の防水防塵性能IP68とは?

認証方法を比較

認証方法について、Galaxy S10はディスプレイ上での超音波指紋認証および顔認証に対応しています。Xperia 1は本体側面のセンサーによる指紋認証でロック解除出来ます。以前のXperiaシリーズに原点回帰した印象があります。

ロック解除の利便性では完全にGalaxy S10に軍配が上がります。ディスプレイ指紋認証+顔認証の両方に対応しているのは強いですね。

カラーバリエーションを比較

Galaxy S10は「プリズムホワイト」「プリズムブラック」「プリズムグリーン」「プリズムブルー」の4種類。Xperia 1のカラーバリエーションは「ホワイト」「ブラック」「グレー」「パープル」の4種類です。

Galaxy S10はプリズムホワイトがおすすめ。Xperia 1はパープルがおすすめです。

Galaxy S10とXperia 1どちらが買いなのか?

もしあなたが世界最高レベルの性能やスペック、利便性を追求するなら断然Galaxy S10がおすすめです。現時点でGalaxy S10を超えるスペックの機種はありませんから。

超縦長画面を楽しみたい、もしくはXperiaの操作に慣れているというあなたはXperia 1がおすすめです。洗練された変わらないXperiaの操作感はすぐに使いこなすことができるでしょう。

どちらを購入しても文句なしで2019年を代表する良機種なので後悔することはないでしょう。しかし、できるなら自分にあったモデルを買いたいところ。自分の用途を考えてお好きな方を選んでみてください。

Galaxy S10シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

楽天モバイル・ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。

Xperia 1を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ドコモ、ソフトバンクではすでに販売終了となっています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。
詳しいプロフィールはこちら

Add Comment

Click here to post a comment