スポンサーリンク

Galaxy S10はSIMフリー・ドコモ・au・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか?

Android
スポンサーリンク

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのわだかつや(@citywadakatsu)です。

わだかつや
わだかつや
ワシやで。ほな解説するで。

グローバル版から遅れること3ヶ月、ようやく国内でもGalaxy S10が発売になりました。

Galaxy S10のウリは他社の追随を許さない圧倒的なスペック。Android界、いやスマホ界最強でしょう。ヌルヌルのサクサクなんてレベルではありません。そんなGalaxy S10が気になっているでしょう?

後述しますが、対応周波数の関係からGalaxy S10はグローバル版の方が格安SIMで運用する上で使い勝手が良いです。「絶対にGalaxy S10を購入するぞ!」と決めているあなた、おすすめの購入方法は本記事の最後で紹介します。

ということでGalaxy S10のどのモデルがどの通信キャリアに対応しているかみていきましょう。

Galaxy S10シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

Samsung Galaxy S10 128GB SM-G973F/DS (FACTORY UNLOCKED) 6.1″ 8GB RAM Dual Sim [並行輸入品] (Prism White)
Samsung

ケースも一緒にお忘れなく。

あなたに読んでほしいGalaxy S10の記事

Galaxy S10を購入レビュー。スペックやカメラ性能も。
既にグローバルでは発売されている世界のフラッグシップモデルGalaxy S10。 3月の発売直後に海外版を輸入して早2ヶ月ほど使用しましたので遅まきながら入念にレビューしていきます! Galaxy...
Galaxy S10はSIMフリー・ドコモ・au・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか?
グローバル版から遅れること3ヶ月、ようやく国内でもGalaxy S10が発売になりました。 Galaxy S10のウリは他社の追随を許さない圧倒的なスペック。Android界、いやスマホ界最強でしょう。ヌルヌルのサクサクなんて...
スポンサーリンク

Galaxy S10の海外版は技適に対応しているのか

海外版のGalaxy S10は技適に対応していません。なので対応周波数的には国内でバリバリ使えますし、技適非対応のスマホを使っているからといって捕まった人なんて見たことないですが、一応ダメなんだよということを念頭に置いておいてください。

Galaxy S10のスペック

Galaxy S10のスペック表はこちらです。

GalaxyS10 GalaxyS10+
容量:価格 128GB/512GB:約99,700円から 128GB/512GB/1TB:約11万円から
CPU (Snapdragon 855もしくはExynos)64ビットオクタコア (Snapdragon 855もしくはExynos)64ビットオクタコア
メモリ(RAM) 8GB 8GB/12GB
ディスプレイサイズ(解像度) 6.1インチ(1440 x 3040 550ppi) 6.4インチ(1440 x 3040 522ppi)
本体サイズ(重量) 70.4 x 149.9 x 7.8mm(157g) 74.1 x 157.6 x 7.8mm(175g:セラミックモデルは198g)
背面カメラ 望遠12MP+広角12MP+超広角16MP(トリプルカメラ) 望遠12MP+広角12MP+超広角16MP(トリプルカメラ)
フロントカメラ 10MP 10MP+深度8MP(デュアルカメラ)
ビデオ 4K対応 4K対応
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応 ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵 IP68 IP68
SDカード 対応 対応
認証方法 顔認証、指紋認証 顔認証、指紋認証
おサイフケータイ 未確認 未確認
イヤホンジャック 対応 対応
バッテリー容量 3,400mAh 4,100mAh
カラーバリエーション プリズムホワイト プリズムホワイト
プリズムブラック プリズムブラック
プリズムグリーン(地域限定) プリズムグリーン(地域限定)
プリズムブルー プリズムブルー
セラミックモデル(白色)
セラミックモデル(黒色)

左右にスライドできます。

Galaxy S10の圧倒的なスペックの詳細はこちらに記事にしています。

VOVM|スマホ・スニーカー・ハロプロのオタクメディア
スマホ・スニーカー・ハロプロのオタクメディア。

Galaxy S10の特徴

Galaxy S10の特徴は下記のポイントがあげられます。

  • パンチホール型ノッチ搭載ディスプレイ(Infinity O display)
  • トリプルカメラ搭載
  • 画面内超音波指紋認証
  • パワーシェア搭載
  • CPUはSnapdragon 855もしくはExynos 9820で圧倒的スペック

Galaxy S10からInfinity O displayと呼ばれるパンチホール型のノッチが採用されました。これにより表示領域がさらに拡大し、決して大きくないボディサイズで6.1インチの大画面を可能にしました。

そしてカメラはトリプルカメラに。ついにGalaxyでも超広角レンズで目の前の風景を切り取れるようになりました。

これまで本体背面にあった指紋認証がディスプレイ上で認証できるようになりました。画面内指紋認証といえば各社認証精度はそれほど高くないのですが、Galaxy S10では超音波で読み取る超音波指紋認証を採用。これにより他社に比べて精度がアップしました。

またパワーシェアと呼ばれるGalaxy S10自体がモバイルバッテリーの役割を果たす機能に対応しています。他のワイヤレス充電対応の端末を充電することができます。

Galaxy S10シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

Samsung Galaxy S10 128GB SM-G973F/DS (FACTORY UNLOCKED) 6.1″ 8GB RAM Dual Sim [並行輸入品] (Prism White)
Samsung

ケースも一緒にお忘れなく。

あなたに読んでほしいGalaxy S10の記事

Galaxy S10を購入レビュー。スペックやカメラ性能も。
既にグローバルでは発売されている世界のフラッグシップモデルGalaxy S10。 3月の発売直後に海外版を輸入して早2ヶ月ほど使用しましたので遅まきながら入念にレビューしていきます! Galaxy...
Galaxy S10はSIMフリー・ドコモ・au・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか?
グローバル版から遅れること3ヶ月、ようやく国内でもGalaxy S10が発売になりました。 Galaxy S10のウリは他社の追随を許さない圧倒的なスペック。Android界、いやスマホ界最強でしょう。ヌルヌルのサクサクなんて...

海外版のGalaxy S10はFelicaやおサイフケータイに非対応

海外版のGalaxy S10はFelicaに対応していません。そのためおサイフケータイにも対応していないので残念ながらあきらめましょう。

ドコモやau版のGalaxy S10は当然対応しており、SIMフリー化してもおサイフケータイは使えます。

Galaxy S10の価格

Galaxy S10の価格はドコモでは89,424円(おかえしプログラム適用で59,616円)まで下がってきています。さらにイオシスでは77,800円に値下がり。当初10万円近い価格だったことを考えると圧倒的におトクになりました。

Galaxy S10シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

Samsung Galaxy S10 128GB SM-G973F/DS (FACTORY UNLOCKED) 6.1″ 8GB RAM Dual Sim [並行輸入品] (Prism White)
Samsung

ケースも一緒にお忘れなく。

あなたに読んでほしいGalaxy S10の記事

Galaxy S10を購入レビュー。スペックやカメラ性能も。
既にグローバルでは発売されている世界のフラッグシップモデルGalaxy S10。 3月の発売直後に海外版を輸入して早2ヶ月ほど使用しましたので遅まきながら入念にレビューしていきます! Galaxy...
Galaxy S10はSIMフリー・ドコモ・au・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか?
グローバル版から遅れること3ヶ月、ようやく国内でもGalaxy S10が発売になりました。 Galaxy S10のウリは他社の追随を許さない圧倒的なスペック。Android界、いやスマホ界最強でしょう。ヌルヌルのサクサクなんて...

Galaxy S10の対応周波数

Galaxy S10は販売されている通信キャリアによって本体の周波数が異なります。Galaxy S10の対応周波数をみてみましょう。

周波数 docomo版 au版 グローバル版
(SM-G9730)
各社の使用周波数
バンド1(2.0GHz) docomoのメインバンド、auの山間部や田舎、SoftBankのメインバンド
バンド2(1.9GHz)
バンド3(1.7GHz) docomoの東名阪、SoftBankが使用、ワイモバイルのメインバンド
バンド4(AWS)
バンド5(850MHz)
バンド7(2.6GHz)
バンド8(900MHz) SoftBankのプラチナバンド
バンド11(1.5GHz) auが使用、SoftBankが使用
バンド12(700MHz)
バンド13(700MHz)
バンド17(700MHz)
バンド18(800MHz) auのメインバンド
バンド19(800MHz) docomoのプラチナバンド
バンド20(800MHz)
バンド21(1.5GHz) docomoの北海道、東北、四国、北陸
バンド26(800MHz)
バンド28(700MHz) docomoのプラチナバンド、auのプラチナバンド、SoftBankのプラチナバンド
バンド29(700MHz)
バンド32(1.5GHz)
バンド38(2.6GHz)
バンド39(1.9GHz)
バンド40(2.3GHz)
バンド41(2.5GHz) auのWiMAX2+、SoftBankのAXGP
バンド42(3.5GHz)

左右にスライドできます。

これだけだとちょっと難しいですよね。ということでそれぞれの場合にわけて解説していきましょう。

docomoの回線もしくはdocomo系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:当然問題なく使えます。
  • au版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、docomoのプラチナバンドであるバンド19に未対応なので田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

ドコモで購入したGalaxy S10の場合、ドコモ系回線で使用するのであれば何もしなくても問題ありません。しかし、auで購入した本体の場合プラチナバンドに対応していないので田舎では使えない場所がでてきます。グローバル版であれば問題ありません。

au・もしくはau系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:auのメインバンドであるバンド19に未対応の為実質使えません。
  • au版の本体:当然問題なく使えます。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

auで購入したGalaxy S10の場合、au系回線で使用するのであれば何もしなくても問題ありません。しかし、ドコモで購入した本体の場合メインの周波数に対応していないので実質使えません。グローバル版であれば問題ありません。

SoftBank・もしくはSoftBank系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、SoftBankのプラチナバンドであるバンド8に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • au版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、SoftBankのプラチナバンドであるバンド8に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

ドコモで購入したGalaxy S10の場合、ソフトバンク系回線で使用するのはほぼ問題ないですがプラチナバンドには非対応です。auで購入した本体の場合もほぼ問題ないですがプラチナバンドに非対応です。グローバル版であれば問題ありません。

Galaxy S10シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

Samsung Galaxy S10 128GB SM-G973F/DS (FACTORY UNLOCKED) 6.1″ 8GB RAM Dual Sim [並行輸入品] (Prism White)
Samsung

ケースも一緒にお忘れなく。

あなたに読んでほしいGalaxy S10の記事

Galaxy S10を購入レビュー。スペックやカメラ性能も。
既にグローバルでは発売されている世界のフラッグシップモデルGalaxy S10。 3月の発売直後に海外版を輸入して早2ヶ月ほど使用しましたので遅まきながら入念にレビューしていきます! Galaxy...
Galaxy S10はSIMフリー・ドコモ・au・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか?
グローバル版から遅れること3ヶ月、ようやく国内でもGalaxy S10が発売になりました。 Galaxy S10のウリは他社の追随を許さない圧倒的なスペック。Android界、いやスマホ界最強でしょう。ヌルヌルのサクサクなんて...

まとめ

Galaxy S10は相性があえば各社のSIMで使用できます。価格も当初からかなり安くなったのでおトクに購入して圧倒的なスペックを体感してみましょう。

あなたに読んでほしいGalaxy S10の記事

Galaxy S10を購入レビュー。スペックやカメラ性能も。
既にグローバルでは発売されている世界のフラッグシップモデルGalaxy S10。 3月の発売直後に海外版を輸入して早2ヶ月ほど使用しましたので遅まきながら入念にレビューしていきます! Galaxy...
Galaxy S10はSIMフリー・ドコモ・au・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか?
グローバル版から遅れること3ヶ月、ようやく国内でもGalaxy S10が発売になりました。 Galaxy S10のウリは他社の追随を許さない圧倒的なスペック。Android界、いやスマホ界最強でしょう。ヌルヌルのサクサクなんて...
(レビュー)GalaxyNote9とNote8を比較。使い勝手の良い最強スマホ
ついにグローバルで発売された世界が認めるフラッグシップスマートフォンといえば? はい、Samsung Galaxy Note 9ですね! 自分はGalaxy S8+、Galaxy Note 8、Galaxy S9と使ってきましたが、...

Galaxy S10の購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Galaxy S10をイオシスで購入する。: 77,800円〜

ドコモ・auで購入するなら

ドコモ・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

Galaxy S10をドコモオンラインショップで購入
Galaxy S10をauオンラインショップで購入

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

Samsung Galaxy S10 128GB SM-G973F/DS (FACTORY UNLOCKED) 6.1″ 8GB RAM Dual Sim [並行輸入品] (Prism White)
Samsung

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

コメント