スポンサーリンク

Galaxy S10は折り曲げ可能?Samsungがティザー画像を公開!

GalaxyAndroid
スポンサーリンク

GalaxyS10は2019年に発売が予想されているモデルで、この記事執筆時点ではリーク情報のみになります。今回はサムスンの公式Twitterより、 気になる画像が紹介されました。もしかしたら、GalaxyS10は折りたたみ可能なスマホになるかもしれません。

サムスンの公式Twitterと話題のティザー画像はこちら!

動画内で「Unfolds」(展開する)と書かれており、これはGalaxyS10が折りたたみ式ディスプレイに対応していると話題になっています。(リンク先:すまほん!!様)

GalaxyS10のスペック・デザイン予想についてはこちらの記事を参考にしてください。簡単にまとめると「イヤホンジャック搭載」「インカメラが右上(S10+ではインカメラ2個搭載)」「背面はトリプルカメラ」という事です。あくまでリーク情報なので、間違っててもゴメンね☆



スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

スポンサーリンク

GalaxyS10は折り曲げ可能?

サムスンは以前から画面折り畳み端末発売を予告していたので、何かしら出してくるのは間違いないとみて良いでしょう。特に、ティザー動画を拝見する限りは2019年中には遅くても発表するでしょう。問題はGalaxyS10が折り畳みディスプレイになるかどうかは未確定です。(リンク先記事:ITmedia様)

折り畳みディスプレイの良いところ悪いところ

そもそも折り畳みディスプレイにするとどんな良いことがあるのでしょうか?画面が折りたためるというのは面白いですが、実用的でないと今後の普及は難しいでしょう。

以下で折りたたみディスプレイのメリットデメリットを述べていきます。

折り畳みディスプレイのメリット

  • 小型で大画面
  • ノッチ不要
  • タブレットが不要
  • 左右で異なるアプリを同時起動

折りたたみディスプレイのメリットは上記4点です。折りたためるのでディスプレイはスマホサイズにもタブレットサイズにもなります。そうすると「スマホ+タブレット」2台購入する必要はなく、1台のみの出費で済みます。機種にもよりますが、スタンドタイプにした時に左右で別のアプリを軌道できたりします。また、ノッチのないデザインも今後主流になってきます。折りたたみ式ディスプレイのスマホであれば、パンチホール式かベゼルの中に各種センサーを配置しておくでしょう。

折り畳みディスプレイのデメリット

  • 端末の巨大化、重量化
  • お値段が高い
  • 本体の信頼性
  • 電池持ち

一番のデメリットは、「本体の厚み・重量UP」ではないでしょうか。ディスプレイが大きくなる分、本体サイズや重量は確実に増加します。それに伴ってお値段も上がりますし、大画面ディスプレイを支えるためにバッテリー持ちも悪くなるでしょう。(もしくはバッテリー分さらに重くなるか、です。)

一番の心配は、ディスプレイを曲げた時に折り目がついてしまったり、壊れてしまうほどではないでしょうか。耐久性試験で何十万回もディスプレイを折り曲げて安全を確認しているそうですが、実際のところは蓋を開けてみないと分かりません。

GalaxyS10は2019年2月20日に公開予定!

良い面悪い面ありますが、筆者は折りたたみディスプレイにとても期待しています。ディスプレイを曲げることが可能になるだけで、使い方の幅が一気に広がりそうで面白そうです。

GalaxyS10の発表(が予想されている)日は2月20日です。今後もこのサイトで随時GalaxyS10の話題をピックアップしていきます。

あなたに読んでほしいGalaxy S10の記事

Galaxy S10を購入レビュー。スペックやカメラ性能も。
既にグローバルでは発売されている世界のフラッグシップモデルGalaxy S10。 3月の発売直後に海外版を輸入して早2ヶ月ほど使用しましたので遅まきながら入念にレビューしていきます! Galaxy...
Galaxy S10はSIMフリー・ドコモ・au・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか?
グローバル版から遅れること3ヶ月、ようやく国内でもGalaxy S10が発売になりました。 Galaxy S10のウリは他社の追随を許さない圧倒的なスペック。Android界、いやスマホ界最強でしょう。ヌルヌルのサクサクなんて...
(レビュー)GalaxyNote9とNote8を比較。使い勝手の良い最強スマホ
ついにグローバルで発売された世界が認めるフラッグシップスマートフォンといえば? はい、Samsung Galaxy Note 9ですね! 自分はGalaxy S8+、Galaxy Note 8、Galaxy S9と使ってきましたが、...

Galaxy S10の購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Galaxy S10をイオシスで購入する。: 77,800円〜

ドコモ・auで購入するなら

ドコモ・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

Galaxy S10をドコモオンラインショップで購入
Galaxy S10をauオンラインショップで購入

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

Samsung Galaxy S10 128GB SM-G973F/DS (FACTORY UNLOCKED) 6.1″ 8GB RAM Dual Sim [並行輸入品] (Prism White)
Samsung

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

この記事を書いたのは

hirok_プロフィール

ひろ.K
ITや家電にめっぽう強く、うちでは「スマホオタクが考える快適なスマホライフ」をモットーに執筆していますが、実は自身の経験を元にした就職・転職関係の記事や恋愛まとめやキュレーション全般などなんでも書けるオールマイティー。まとめるだけでなく私見もしっかり述べちゃうのよ。
ブログ「ひろ・K・トムの部屋」はこちら

コメント