Galaxy Galaxy Note 9

Galaxy Note 9の白ロムや中古品の運用方法を解説

Galaxy Note 9

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのわだかつやです。

ようやく日本でもGalaxy Note 10+が発売されました。そうなるとひとつ前のモデルであるGalaxy Note 9がお得に手に入るようになりました。

‪Galaxy Note 9

さらに少しでもお得に買いたいのであれば白ロムや中古品を手に入れてうまく運用するのが断然おすすめです。

しかし中古品や白ロムってどうやって入手するのかわからない、どうやって設定すればいいかわからない、ちゃんと動くか不安、自分の通信会社に対応しているのかわからないとった心配があると思います。

ということでGalaxy Note 9の中古や白ロムの運用の仕方について解説しましょう。

‪Galaxy Note 9を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

Samsung Galaxy Note 9 SM-N960 128GB/6GB 6.4” QHD+ sAMOLED Factory Unlocked GSM (No CDMA) – International Version sim free (Midnight Black) (Ocean Blue)
Samsung

ケースもお忘れではないですか?


Galaxy Note 9のスペックや特徴

まずはGalaxy Note 9のスペックや特徴を見ていきましょう。

Galaxy Note9のスペック

Galaxy Note 9

GALAXY NOTE9
OS Android 8.1 (Oreo)
画面サイズ 6.4インチ
解像度 2960 x 1440(516ppi)
ディスプレイ Quad HD+ Super AMOLED
プロセッサ Snapdragon 845 or Samsung Exynos 9810
RAM 6GB or 8GB
内蔵ストレージ 128GB or 512GB
microSD 最大512GB
前面カメラ 8MP、f/1.7
背面カメラ デュアルカメラ
12MP、f/1.5, f/2.4
12MP、f/2.4
認証センサー 虹彩認証、指紋認証
バッテリー 4000mAh
サイズ 161.9 x 76.4 x 8.8mm
重さ 201g
その他 IP68防水防塵

ついにGalaxy NoteでもGalaxy S9と同様にF値が調整できるようになりました。Galaxy S9でこの機能が搭載された時、Galaxy Note 8にも欲しいとどれだけ思ったことか!ついに念願のという感じです。

あと指紋センサーの位置がカメラ横から下に変わりました。間違えてレンズに触れることがなくなり一安心です。

Galaxy Note 9の特徴

Galaxy Note 9の特徴は次の3つです。

  • 圧倒的大画面
  • さらに進化した書き味抜群のSペン
  • とにかくハイスペック

圧倒的大画面

Galaxy Note 9は6.4インチの圧倒的な大画面。そして解像度も2960×1440という超高精細なディスプレイなのでとにかく作業スペースが広大です。ウェブを見るにも見やすく写真や動画も非常に美しい表現力です。

‪Galaxy Note 9の画面の綺麗さやサイズ感をレビュー!

さらに進化した書き味抜群のSペン

そしてGalaxy NoteといえばなんといってもSペン。今回からBluetoothに対応したり、さらに進化しています。Galaxy NoteのSペンの書き味は抜群でほんとにスラスラ書けます。ほかの機種と違って充電も不要、おまけに本体に収納できるペンというのが本当に素晴らしいです。

Sペンについてはこちらに記事にしています。

‪Galaxy Note 9のSペンで出来ること

Galaxy Note 9の詳しいレビューはこちらに記事にしています。

(レビュー)GalaxyNote9とNote8を比較。使い勝手の良い最強スマホ

白ロムとは?

白ロムとはSIMカードの入っていないスマホのことで、通信会社と契約中でない本体を白ロムと呼びます。

SIMカードが入っていないとスマホは通信会社を介した通信ができませんが、本体に合ったドコモや格安SIMなどの通信会社のSIMカードを入れると通信できるようになります。

白ロムには中古品と新品がある

白ロム全てが中古品という訳ではありません。新品の状態で売りに出されたものは新品の白ロムとなります。

なぜ新品で売りに出されるかというと、転売目的やiPhoneなどのスマホはリセールバリューが高いため現金化の目的などが考えられます。どちらにしても製品自体は悪いものではありません。またお店が海外版を輸入して販売するケースもあります。その場合も新品です。

中古品の白ロムの注意点

中古品なのでバッテリーや画面や充電端子などの劣化具合は使用状態によります。よく注意して購入しましょう。専門店の場合はそのあたりはチェックが入り問題がある場合は明記されているので安心です。

白ロムの相場

白ロムの相場は新品、中古品ともにイオシスなどの白ロム専門店が平均的な相場になります。

ヤフオクやメルカリを利用する場合はそれより10%ほどは安くなりますが、当たり外れが大きい、保証がないなどのデメリットがあるので、専門店での購入のほうがおすすめです。

自分の使っている通信会社(ドコモ・au・ソフトバンク・格安SIM)はどのGalaxy Note 9の白ロムが使えるの?

あなたが使っている通信会社ごとにどのGalaxy Note 9の白ロムが対応しているのかみていきましょう。

ちなみに通信会社とGalaxy Note 9本体の相性についてはこちらに詳しく記事にしています。

Galaxy Note 9はSIMフリー・docomo・au版のどのモデルを買うべきか?

通信会社がドコモまたはドコモ系の格安SIMの場合どの白ロムが対応しているの?

今あなたがお使いの通信会社がドコモまたはドコモ系の格安SIMの場合、どの白ロムが対応しているのか見てみましょう。

  • docomo版の本体:当然問題なく使えます。
  • au版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、docomoのプラチナバンドであるバンド19に未対応なので田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

ドコモで購入した本体の場合、ドコモ系回線で使用するのであれば何もしなくても問題ありません。しかし、auで購入した本体の場合プラチナバンドに対応していないので田舎では使えない場所がでてきます。グローバル版であれば問題ありません。

通信会社がauまたはau系の格安SIMの場合どの白ロムが対応しているの?

  • docomo版の本体:auのメインバンドであるバンド19に未対応の為実質使えません。
  • au版の本体:当然問題なく使えます。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

auで購入した本体の場合、au系回線で使用するのであれば何もしなくても問題ありません。しかし、ドコモで購入した本体の場合メインの周波数に対応していないので実質使えません。グローバル版であれば問題ありません。

通信会社がソフトバンクまたはソフトバンク系の格安SIMの場合どの白ロムが対応しているの?

  • docomo版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、SoftBankのプラチナバンドであるバンド8に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • au版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、SoftBankのプラチナバンドであるバンド8に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

ドコモで購入した本体の場合、ソフトバンク系回線で使用するのはほぼ問題ないですがプラチナバンドには非対応です。auで購入した本体の場合もほぼ問題ないですがプラチナバンドに非対応です。グローバル版であれば問題ありません。

白ロムはどうやったら使えるの?

SIMトレイを開けて、通信会社のSIMカードを本体にセットします。

あとは自分の通信会社のAPN(アクセスポイント名)を設定すれば使えるようになります。

「通信会社+APN」でGoogle検索すれば出てきます。主要な通信会社の場合、SIMカードを挿しただけで設定不要な場合もあります。

Galaxy Note 9のおすすめ購入方法とは?

Galaxy Note 9

Galaxy Note 9の白ロムや中古品のおすすめの入手方法はスマホ白ロム専門店のイオシスです。

価格も安く、6ヶ月の端末保証があるのでなんといっても安心。万が一本体に問題があった場合は返金や交換対応もしてくれますので心配無用です。

‪Galaxy Note 9を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

Samsung Galaxy Note 9 SM-N960 128GB/6GB 6.4” QHD+ sAMOLED Factory Unlocked GSM (No CDMA) – International Version sim free (Midnight Black) (Ocean Blue)
Samsung

ケースもお忘れではないですか?


おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。
詳しいプロフィールはこちら

Add Comment

Click here to post a comment