Android Galaxy Note 8 スマートフォン

海外版Galaxy Note 8の日本語化の方法

Galaxy Note 8

海外版Galaxy Note 8を輸入した際、日本語化に対応しているかどうかは非常に大きな問題だと思います。

Galaxy Note 8

ということで今回はそんな心配を取り除けるように海外版Galaxy Note 8の日本語化について解説します!

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

海外版Galaxy Note 8は日本語化に対応している

結論から言うと海外版Galaxy Note 8は日本語化に対応しています。

自分が購入したモデルは「SM-N9500」ですが特別なアプリなど必要とせず最初から用意されていますので設定だけで変更できます。

Galaxy Note 8の日本語の設定方法

まずは設定。英語だと「Setting」ですね。

Galaxy Note 8

続いて「一般管理」に進みます。

Galaxy Note 8

「言語とキーボード」に進みます。

Galaxy Note 8

「言語」に進みます。

Galaxy Note 8

「言語を追加」から「日本語」を追加します。

これで設定は完了です。

簡単だったでしょう?

フォントはどうなの?

日本語フォントはAndroid 6.0 Marshmallow以降で標準の「Noto Sans CJK」となっています。

Galaxy Note 8

ご覧の通り、完全日本語対応です。

よく中華フォントで問題になる「糸へん」もこのように問題ありません。

日本語入力はできる?

Google playから「Google日本語入力」でも「ATOK」でもお好きな日本語入力アプリをダウンロードしてどうぞ。

全く問題なく使えますよ。

まとめ

  • Galaxy Note 8の日本語化は設定だけで可能。
  • フォントも完全日本語対応なので問題無し。
  • 日本語入力もダウンロードすればOK。

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

Add Comment

Click here to post a comment