スポンサーリンク

Galaxy FoldはデュアルSIM(DSDS)に対応しているのか?

Android
スポンサーリンク

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのわだかつや(@citywadakatsu)です。

わだかつや
わだかつや
ワシやで。ほな解説するで。

ついに日本でも発売されたGalaxy Fold。頭のおかしい折りたたみ画面を搭載しながらフルスペック端末となっています。

そうなればデュアルSIMにも対応しておいてほしいというのは必然の願いでしょう。

ということでGalaxy FoldがデュアルSIMに対応しているのか早速みていきましょう。

‪Galaxy Foldを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースもお忘れではないですか?

あなたに読んでほしい‪Galaxy Foldの記事

Galaxy Foldを購入レビュー。ポケットに入るタブレット
ついに正式に発売された2019年のベストオブお騒がせ端末、Galaxy Fold。いや、ベストはMate 30 Proか。 まあ、いろいろありましたがなんとか正式に発売されました。 正直今年で最もワクワクさせられる端末でしょ...
Galaxy FoldはSIMフリー・au版のどちらのモデルを買うべきか?
ついに発売された超変態端末、Galaxy Fold。ザ・人柱の私は海外版を速攻で購入しました。Galaxy Foldは本当に感動しますよ。 Galaxy Foldはなんと海外だけでなく日本でも発売されます。しかもauから。 ...
スポンサーリンク

Galaxy Foldのスペック

Galaxy Fold
ストレージ容量(ROM) 512GB
価格 219,440円〜
CPU Snapdragon 855
メモリ(RAM) 12GB
ディスプレイサイズ メイン 7.3インチ/カバー 4.6インチ
解像度 1536×2152 414ppi
本体サイズ 62.9(オープン時117.9)×160.9×17.1(オープン時7.6mm)
重量 276g
メインカメラ 望遠12MP(F2.4)+広角12MP(F1.5/2.4)+超広角16MP(F2.2)
インカメラ 10MP(F2.2)+8MP RGB深度カメラ(F1.9)
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応、Power Share対応
防水防塵 非対応
SDカード 非対応
認証方法 顔認証、指紋認証
おサイフケータイ 非対応
イヤホンジャック 無し
バッテリー容量 4,380mAh
カラーバリエーション スペースシルバー
コスモスブラック
マーシャングリーン
アストロブルー

Galaxy Foldの特徴

  • 折りたたみディスプレイで開くと圧巻の7.3インチの大画面
  • 小型ディスプレイも搭載し開かなくても操作可能
  • 超広角レンズを含むトリプルレンズカメラ搭載でカメラ性能も抜群
  • Galaxy Note 10+とほぼ同等となる超ハイスペック

やはり目をひくのは7.3インチの大画面。

Galaxy Foldのレビューはこちらに詳細に記事にしています。

Galaxy Foldを購入レビュー。ポケットに入るタブレット
ついに正式に発売された2019年のベストオブお騒がせ端末、Galaxy Fold。いや、ベストはMate 30 Proか。 まあ、いろいろありましたがなんとか正式に発売されました。 正直今年で最もワクワクさせられる端末でしょ...

DSDSとは?

DSDSとは「Dual SIM Dual Standby」の略です。スマートフォンに2枚のSIMカードを同時に挿入できてスタンバイ状態にできる機能の事です。音声通話とデータ通信を別々のSIMや通信会社を使い分ける事ができます。

注意点は2枚中の1枚は3Gでしかスタンバイできません。

DSDVとは?

DSDVは「Dual Sim Dual VoLTE」の略です。DSDVは2枚とも4G(VoLTE)回線でスタンバイ可能です。

DSDSよりこちらのほうがレベルが上ですね。

Galaxy FoldはデュアルSIM(DSDS・DSDV)に対応しているのか?

海外版Galaxy FoldはデュアルSIM、DSDVに対応しているモデルといないモデルがあります。

イギリス版は残念ながらシングルSIM仕様。

私が購入したイギリス版は残念ながらシングルSIMです。これは購入する地域によりますので、入手する際にデュアルSIMかどうかをご確認ください。

デュアルSIM対応版なら2枚のSIMでどちらでも待ち受け可能です。

ただしSDカードは排他利用になるため、2枚目のSIMスロットにSDカードを搭載した時はデュアルSIMは使えません。SIMカード2枚もしくはSIMカード+SDカード1枚ずつという組み合わせでの運用になります。

国内版(au版)はデュアルSIM非対応

残念ですが国内版はデュアルSIMに非対応です。

Galaxy FoldでのデュアルSIMの設定方法

設定は簡単です。まずSIMを2枚セットします。

設定→SIMカードマネージャー

あとは設定→SIMカードマネージャーからそれぞれのSIMについて設定するだけです。

通話、SMS、モバイルデータについて優先したいものを優先SIMカードとして設定していきます。

APN設定

どちらもAPNを設定すれば通信できるようになります。

モバイルネットワーク設定

「VoLTE通話 SIM」をオンにすればVoLTE通話も可能です。

海外版Galaxy Foldのおすすめの購入方法

海外版のおすすめの入手方法はスマホ白ロム専門店のイオシスがおすすめです。

価格も安く、6ヶ月の端末保証があるのでなんといっても安心。万が一本体に問題があった場合は返金や交換対応もしてくれますので心配無用です。

まとめ

海外版Galaxy FoldはデュアルSIM・DSDVに対応しているものがあります。入手の際にご確認ください。国内版(au)は非対応です。

デュアルSIM対応版は2枚で通信できていいですよ。

‪Galaxy Foldを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースもお忘れではないですか?

あなたに読んでほしい‪Galaxy Foldの記事

Galaxy Foldを購入レビュー。ポケットに入るタブレット
ついに正式に発売された2019年のベストオブお騒がせ端末、Galaxy Fold。いや、ベストはMate 30 Proか。 まあ、いろいろありましたがなんとか正式に発売されました。 正直今年で最もワクワクさせられる端末でしょ...
Galaxy FoldはSIMフリー・au版のどちらのモデルを買うべきか?
ついに発売された超変態端末、Galaxy Fold。ザ・人柱の私は海外版を速攻で購入しました。Galaxy Foldは本当に感動しますよ。 Galaxy Foldはなんと海外だけでなく日本でも発売されます。しかもauから。 ...

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

コメント