スポンサーリンク

Galaxy Foldのバッテリーの電池持ちをチェック。折りたたみ大画面でも大丈夫

スマホAndroid
スポンサーリンク

ついにリリースされた最強変態端末Galaxy Fold。

画面折りたたみというのは非常に実用性も高く面白いギミックではありますが、その分電池持ちはどうなのか気になりますよね。

ということで実際に購入したGalaxy Foldでその実力を見ていきましょう。

‪Galaxy Foldを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

あなたに読んでほしい‪Galaxy Foldの記事

スポンサーリンク

Galaxy Foldの特徴

  • 折りたたみディスプレイで開くと圧巻の7.3インチの大画面
  • 小型ディスプレイも搭載し開かなくても操作可能
  • 超広角レンズを含むトリプルレンズカメラ搭載でカメラ性能も抜群
  • Galaxy Note 10+とほぼ同等となる超ハイスペック

やはり目をひくのは7.3インチの大画面。

Galaxy Foldのスペック

Galaxy Fold
ストレージ容量(ROM) 512GB
価格 219,440円〜
CPU Snapdragon 855
メモリ(RAM) 12GB
ディスプレイサイズ メイン 7.3インチ/カバー 4.6インチ
解像度 1536×2152 414ppi
本体サイズ 62.9(オープン時117.9)×160.9×17.1(オープン時7.6mm)
重量 276g
メインカメラ 望遠12MP(F2.4)+広角12MP(F1.5/2.4)+超広角16MP(F2.2)
インカメラ 10MP(F2.2)+8MP RGB深度カメラ(F1.9)
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応、Power Share対応
防水防塵 非対応
SDカード 非対応
認証方法 顔認証、指紋認証
おサイフケータイ 国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック 無し
バッテリー容量 4,380mAh
カラーバリエーション スペースシルバー
コスモスブラック
マーシャングリーン
アストロブルー

バッテリー容量はGalaxy Note 10+とほぼ同じです。

それでは実際にみてみましょう。

Galaxy Foldのバッテリー持ち

満充電した状態のGalaxy Foldを朝11時から使い出してどれぐらいバッテリーを消費するのかを見ていきましょう。

ちなみに自分のGalaxy Foldの使い方はChromeでウェブ、TwitterやInstagramなどのSNS、Kindleなどです。

1時間使用後のバッテリー

朝11時です。1時間経ち残量97%。

朝からKindleを読んだりしていたので少し減っています。まあでもまだ余裕です。

2時間使用後のバッテリー

昼13時。新幹線で移動中だったので、しっかりKindleで読書に使い残量86%です。

画面を開いてがっつり使えばそこそこ減りますね。

7時間使用後のバッテリー

夕方18時です。カメラをしっかり使ったりしたのですが、まだ74%も残っています。

10時間使用後のバッテリー

夜21時です。この間も新幹線で移動の間にKindleでがっつり読書をしたりしましたが、63%も残っています。

12時間使用後のバッテリー

夜23時です。12時間使用して54%も残っています。これはもう余裕ですね。

13時間使用後のバッテリー

夜中0時です。13時間使用して、ほぼ半分の47%も残りました。

この日はけっこう触っていたのですが、Galaxy Foldは電池持ちは問題なさそうですね。

Galaxy Foldの電池持ちをまとめると

Galaxy Foldは朝11時から使い始めて夜中12時まで13時間使いたおしても残り47%も残っていました。

特殊な折りたたみディスプレイ、大画面といかにも電池を食いそうな仕様ですが、電池持ちは問題ありません。

余裕で1日持つので全然心配はいりません。安心して画面を開閉しまくりましょう。

‪Galaxy Foldを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

あなたに読んでほしい‪Galaxy Foldの記事

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

AndroidGalaxyGalaxy Foldスマートフォン
スポンサーリンク
わだかつやをフォローする
スポンサーリンク
VOVM|スマホ・スニーカー・ハロプロのオタクメディア

コメント