格安SIM

Fuji Wifiの大容量SIM 100GBプランの使い勝手をレビュー(ソフトバンク回線)

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。もちろん無料や。

カフェなどの外出先での作業が多いと、心配なのが通信データ容量ですよね。

最近はフリーWi-Fiが増えているのですが、1回1時間までといった制限があったり、お客さんが多いと通信速度が落ちてイライラさせられたりしませんか。

ということこの界隈で定番人気のFuji Wifiの100GB SIMのみプランを契約しました。

料金はなんと月2,980円。圧倒的に安くコスパ抜群です。

ということで実際に契約したFuji Wifiを見ていきましょう。

Fuji Wifiとは

引用:Fuji Wifi

人材派遣会社や通信代理店を手掛ける株式会社レグルスが運営しています。

サイトも以前は使いにくかったのですが、どんどん更新されておりしっかり運営されているのがわかります。

Fuji Wifi SIMプランの料金

公式サイトからです。

引用:Fuji Wifi

Fuji Wifiはソフトバンクの4G LTE回線を使用しています。

Wi-Fiルーターとのセットプランが基本なのですが、SIMのみプランもあります。

  • 200GB:3,480円/月
  • 100GB:2,980円/月
  • 50GB:2,480円/月
  • 20GB:1,980円/月

200GBや100GBという大容量が3,000円前後というものすごいコスパです。

Fuji WifiのSIMが届いた

届いたFuji WifiのSIMを見てみましょう。

SIMカードケースだけでなく、Micro SIMなどにサイズ変換用のアタッチメントまでついています。なんか豪華。

ソフトバンクのSIMですね。

大容量・無制限系のSIMはソフトバンク回線を借りてサービス展開をしているものがほとんどですが、Fuji Wifiも同じです。

私が今契約しているソフトバンク系大容量SIMサービスもiVideo、KAZUNA神SIMとあわせてこれで3枚目になります・・・。

Fuji Wifi SIMのAPN設定

早速SIMを挿入してみます。

Fuji Wifi SIMもソフトバンク系おなじみの「plus.4g」のAPNを使用しています。

今回検証に使用したGalaxy Foldにはもともと設定が入っていましたので、これを選択します。

ちなみに設定情報はこちらです。

  • APN: plus.4g
  • ユーザー名: plus
  • パスワード: 4g
  • 認証:PAP

Fuji Wifi SIMの速度

スピードテストを使って速度を計測してみましょう。

  • ダウンロード:79.1Mbps
  • アップロード:90.3Mbps
  • PING:41ms

めちゃくちゃ早いですね。これだけ出ていたら十分すぎです。

日中のお昼や晩の時間でも十分な速度が出ています。

速度や回線品質に全然不満はなく、Fuji Wifiは3年以上使っていますが、これまで不具合なども全然ありません。

その他の大容量SIMとの速度比較

手元にある同様にソフトバンク回線を使って大容量・無制限データ通信SIMを提供しているiVideoとKAZUNA神SIMと比較してみましょう。

元の回線が同じなのでほとんど変わりませんね。

Fuji Wifiはおすすめできるのか

結論からいうと非常におすすめです。

3,000円前後でこの速度で安定した回線でこれだけ大容量というコスパがエグすぎます。

回線もサポートも安心できるので、胸を張っておすすめできます。

Fuji Wifiのおすすめの使い方

Fuji Wifiは通話は対応していないので、デュアルSIM対応端末に入れて、片方はQTモバイルなどの1,000円以下で通話プランのある格安SIMとの組み合わせが最強です。

通話はQTモバイルにして、データ通信はFuji Wifi。これで月4,000円前後で通話もできてデータ使い放題が実現できます。

しかもQTモバイルは3キャリアの回線に対応しているので、ドコモかauのどちらかの回線で契約しておけばFuji Wifiのソフトバンク回線が不調なときにも保険になります。

QTモバイルの通話プランとの併用で賢く使いましょう。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。
詳しいプロフィールはこちら

Add Comment

Click here to post a comment