スポンサーリンク

COSMO COMMUNICATORはおサイフケータイやSuicaに対応している?

Android
スポンサーリンク

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。TwitterとかInstagramもよろしくやで。

このご時世に折りたたみでキーボード付きという超変態端末、COSMO COMMUNICATOR。

そうなればおサイフケータイやSuicaにも対応しておいてほしいという思うのは当然ですよね。

ということでCOSMO COMMUNICATORがおサイフケータイやSuicaに対応しているのかみていきましょう。

スポンサーリンク

COSMO COMMUNICATORのスペックや特徴

まずはCOSMO COMMUNICATORのスペックや特徴を見ていきましょう。

COSMO COMMUNICATORのスペック表

COSMO COMMUNICATOR
ストレージ容量(ROM) 128GB
価格 100,000円〜
CPU MediaTek Helio P70
メモリ(RAM) 6GB
ディスプレイサイズ 5.99インチ
解像度 2160×1080 403ppi
本体サイズ 171×79.3×17.3mm
重量 326g
メインカメラ 24MP(シングルカメラ)
インカメラ 5MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵 非対応
SDカード 対応
認証方法 指紋認証、顔認証
おサイフケータイ 非対応
イヤホンジャック 搭載
バッテリー容量 4220mAh
カラーバリエーション ブラック

COSMO COMMUNICATORの特徴

  • QWERTYキーボードを搭載
  • 開くと現れるキーボード
  • 通話が可能
  • 閉じた状態でも通知が見られるサブディスプレイを搭載
  • 指紋認証を搭載
  • 天板側にカメラを搭載

とにかく入力しやすいキーボードに通話などの必要最低機能をしっかり搭載しており、かなり使いやすい端末にしあがっています。

COSMO COMMUNICATORはおサイフケータイやSuicaに非対応

Suica

COSMO COMMUNICATORはおサイフケータイやSuicaに対応していません。

おサイフケータイやSuicaはFelicaという日本独自規格を採用しているため、非対応となっています。

おサイフケータイが使えない対策としてQR決済を使う

おサイフケータイは使えませんが、PayPayや楽天ペイやLINEペイなどのQR決済は使えますのでこちらを使えばキャッシュレスにも対応できます。

まとめ

COSMO COMMUNICATORはSuicaに非対応ですが、PayPayや楽天ペイやLINEペイなどのQR決済を使えば買い物などができます。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

ワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。ソフトバンク回線なので混雑せず速いです。

QTモバイルは圧倒的に安くておトクな価格が魅力です。なんと通話回線で6GBで1ヶ月990円。実際の店舗でのサポート体制も充実しており運営会社も九州電力系なので安心です。どの格安SIMよりも安いのでオススメです。

LINEモバイルはワイモバイルとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

この記事を書いたのは
ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォン、スニーカー、ハロプロという人類の3大欲求に取り憑かれたキモヲタ。こんな見た目ですが高橋愛ちゃん世代。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

わだかつやをフォローする
Android COSMO COMMUNICATOR スマートフォン
スポンサーリンク
わだかつやをフォローする
スポンサーリンク
VOVM|スマホ・スニーカー・ハロプロのオタクメディア

コメント