スポンサーリンク

AQUOS R5GはSIMフリー・ドコモ・au・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか?(5G対応)

Android
スポンサーリンク

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。TwitterとかInstagramもよろしくやで。

ついに5G対応のAQUOSが発表されました。

超高性能のフラッグシップのAQUOSで初の5G対応モデルです。

ドコモとauとソフトバンクから発売されますが、今回は5G対応ということで少しややこしいですよね。

ということでどのモデルを買うべきか考えてみましょう。

AQUOS R5Gを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

詳しくはこちらをご覧ください!

ソフトバンク乗り換えでおトクな特典目白押し
今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳細の発表がありました。 そこで今回は「ソフトバンク」に焦点を充てて毎月のスマホ代を安くするための情報をお知らせしま...

ケースもお忘れではないですか?

あなたに読んでほしいAQUOS R5Gの記事

AQUOS R5Gを購入レビュー。超高速だけでなくAQUOSの弱点克服
ついに5G対応のAQUOSが発表されました。超高性能のフラッグシップのAQUOSで初の5G対応モデルです。ということでミスター人柱の私はAQUOS R5Gを購入しましたのでさっそくレビューしていきたいと思います。
AQUOS R5GはSIMフリー・ドコモ・au・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか?(5G対応)
ついに5G対応のAQUOSが発表されました。 超高性能のフラッグシップのAQUOSで初の5G対応モデルです。 ドコモとauとソフトバンクから発売されますが、今回は5G対応ということで少しややこしいですよね。 ということでど...

スポンサーリンク

AQUOS R5Gのスペックや特徴

まずはスペックや特徴を見ていきましょう。

AQUOS R5Gのスペック

AQUOS R5G
ストレージ容量(ROM) 256GB
価格 129,600円〜
CPU Snapdragon 865
メモリ(RAM) 12GB
ディスプレイサイズ 6.5インチ
解像度 3168×1440 535ppi
本体サイズ 162×75×8.9mm
重量 189g
メインカメラ 12MP(F値1.7)+48MP(F値2.9)+12.2MP(F値2.7)+ToF(トリプルカメラ)
インカメラ 16.4MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵 IP68
SDカード 対応
認証方法 指紋認証、顔認証
おサイフケータイ 対応
イヤホンジャック 搭載
バッテリー容量 3,730mAh
カラーバリエーション アースブルー
ブラックレイ
オーロラホワイト

AQUOS R5Gの特徴

  • 6.5インチの大画面かつPro IGZOディスプレイで色の表現力が別格
  • 超広角にToFセンサーまで搭載したクアッドカメラ
  • 5G対応

ざっくりいうとSHARPが持つ技術をふんだんに搭載したフラッグシップモデルです。

AQUOS R5Gは何版(ドコモ、au、ソフトバンク、SIMフリー)を買うべきか?

ではあなたが現在使っている通信会社ごとに、どのAQUOS R5Gを買うべきか見ていきましょう。

AQUOS R5Gの各モデルの対応周波数

各モデルの本体の対応周波数です。

4G LTEの対応周波数

バンド ドコモ版 au版 ソフトバンク版 備考
バンド1(2.0GHz) docomoのメインバンド、auの山間部や田舎、SoftBankのメインバンド
バンド2(1.9GHz)
バンド3(1.7GHz) docomoの東名阪、SoftBankが使用、ワイモバイルのメインバンド
バンド4(AWS)
バンド5(850MHz)
バンド7(2.6GHz)
バンド8(900MHz) SoftBankのプラチナバンド
バンド11(1.5GHz) auが使用、SoftBankが使用
バンド12(700MHz)
バンド13(700MHz)
バンド17(700MHz)
バンド18(800MHz) auのメインバンド
バンド19(800MHz) docomoのプラチナバンド
バンド20(800MHz)
バンド21(1.5GHz) docomoの北海道、東北、四国、北陸
バンド26(800MHz)
バンド28(700MHz) docomoのプラチナバンド、auのプラチナバンド、SoftBankのプラチナバンド
バンド29(700MHz)
バンド32(1.5GHz)
バンド38(2.6GHz)
バンド39(1.9GHz)
バンド40(2.3GHz)
バンド41(2.5GHz) auのWiMAX2+、SoftBankのAXGP
バンド42(3.5GHz)

各社の利用周波数は次のようになります。

ドコモの4G・LTEでの利用周波数

バンド1(2.0GHz)

ドコモのメインバンドです。これは是が非でも抑えておく必要があります。

バンド19(800MHz)/バンド28(700MHz)

ドコモのプラチナバンドです。山間部や田舎をカバーしていますのでこちらも抑えておきたいです。

バンド3(1.7GHz)

ドコモが東名阪で拡大しているエリアですがなくても困りません。

バンド21(1.5GHz)

ドコモが北海道、東北、四国、北陸で拡大しているエリアですがなくても困りません。

auの4G・LTEでの利用周波数

バンド18(800MHz)

auのメインバンドです。auを使用するなら是が非でも抑えておく必要があります。

バンド1(2.0GHz)

auのサブバンドです。より広い範囲を高速にカバーしたいなら抑えておきたいです。

バンド28(700MHz)

auのプラチナバンドです。auはメインバンドが800MHz山間部や田舎をカバーしていますのでこちらも抑えておきたいです。

バンド41(2.5GHz)

auのWiMAX2+です。高速ですがあれば良いという感じです。

ソフトバンクの4G・LTEでの利用周波数

バンド1(2.0GHz)

ソフトバンクのメインバンドです。これは是が非でも抑えておく必要があります。

バンド8(900MHz)/バンド28(700MHz)

ソフトバンクのプラチナバンドです。山間部や田舎をカバーしていますのでこちらも抑えておきたいです。

バンド41(2.5GHz)

ソフトバンクのAXGPです。高速ですがあれば良いという感じです。

各通信キャリアとの本体の相性

docomoのSIMもしくはdocomo系の格安SIMを使っている場合

  • ドコモ版:問題なく使えます。
  • au版:問題なく使えます。SIMロック解除が必要です。
  • ソフトバンク版:問題なく使えます。SIMロック解除が必要です。

auのSIMもしくはau系の格安SIMを使っている場合

  • ドコモ版:問題なく使えます。SIMロック解除が必要です。
  • au版:問題なく使えます。
  • ソフトバンク版:問題なく使えます。SIMロック解除が必要です。

auVoLTEでの通話の対応可否は未確認です。

ソフトバンクのSIMもしくはソフトバンク系の格安SIMを使っている場合

  • ドコモ版:問題なく使えます。SIMロック解除が必要です。
  • au版:問題なく使えます。SIMロック解除が必要です。
  • ソフトバンク版:問題なく使えます。

5Gの対応周波数

周波数の相性は下記の通りですが日本の5Gはこれから開始のため、実際の動作は未検証ですので自己責任でお願いいたします。

au版は周波数がまだ公表されていませんので、ひとまずau版以外です。

バンド ドコモ版 au版 ソフトバンク版 備考
バンドn1(2.1GHz)
バンドn3(1.8GHz)
バンドn28(700MHz)
バンドn77(3.7GHz) ドコモ、au、楽天、ソフトバンクが使用
バンドn78(3.5GHz) ドコモ、auが使用
バンドn79(4.5GHz) ドコモが使用
バンドn257(27.0GHz) ドコモ、au、楽天、ソフトバンクが使用

docomoのSIMを使っている場合

  • ドコモ版:問題なく使えます。
  • ソフトバンク版:問題なく使えますが、対応していない周波数があるため、繋がりにくい時があるかもしれません。SIMロック解除が必要です。

auのSIMを使っている場合

  • ドコモ版:問題なく使えます。
  • ソフトバンク版:問題なく使えますが、対応していない周波数があるため、繋がりにくい時があるかもしれません。SIMロック解除が必要です。

ソフトバンクのSIMを使っている場合

  • ドコモ版:問題なく使えます。
  • ソフトバンク版:問題なく使えますが、対応していない周波数があるため、繋がりにくい時があるかもしれません。SIMロック解除が必要です。

まとめ

AQUOS R5Gは性能も妥協なし、さらに通信も超高速の5Gについに対応しました。

白ロムとの組み合わせでお得に運用しましょう。

AQUOS R5Gを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

詳しくはこちらをご覧ください!

ソフトバンク乗り換えでおトクな特典目白押し
今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳細の発表がありました。 そこで今回は「ソフトバンク」に焦点を充てて毎月のスマホ代を安くするための情報をお知らせしま...

ケースもお忘れではないですか?

あなたに読んでほしいAQUOS R5Gの記事

AQUOS R5Gを購入レビュー。超高速だけでなくAQUOSの弱点克服
ついに5G対応のAQUOSが発表されました。超高性能のフラッグシップのAQUOSで初の5G対応モデルです。ということでミスター人柱の私はAQUOS R5Gを購入しましたのでさっそくレビューしていきたいと思います。
AQUOS R5GはSIMフリー・ドコモ・au・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか?(5G対応)
ついに5G対応のAQUOSが発表されました。 超高性能のフラッグシップのAQUOSで初の5G対応モデルです。 ドコモとauとソフトバンクから発売されますが、今回は5G対応ということで少しややこしいですよね。 ということでど...

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

ワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。ソフトバンク回線なので混雑せず速いです。

QTモバイルは圧倒的に安くておトクな価格が魅力です。なんと通話回線で6GBで1ヶ月990円。実際の店舗でのサポート体制も充実しており運営会社も九州電力系なので安心です。どの格安SIMよりも安いのでオススメです。

LINEモバイルはワイモバイルとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

この記事を書いたのは
ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォン、スニーカー、ハロプロという人類の3大欲求に取り憑かれたキモヲタ。こんな見た目ですが高橋愛ちゃん世代。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

記事を書いた人のSNSを見てみる
Android AQUOS AQUOS R5G スマートフォン
スポンサーリンク
この記事をシェアしてみる
記事を書いた人のSNSを見てみる
スポンサーリンク
VOVM|スマホ・スニーカー・ハロプロのオタクメディア

コメント