Android AQUOS AQUOS R5G スマートフォン

AQUOS R5Gを購入レビュー。超高速だけでなくAQUOSの弱点克服

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。

ついに5G対応のAQUOSが発表されました。

超高性能のフラッグシップのAQUOSで初の5G対応モデルです。

ということでミスター人柱の私はAQUOS R5Gを購入しましたのでさっそくレビューしていきたいと思います。

AQUOS R5Gを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ケースもお忘れではないですか?

AQUOS R5Gのスペックや特徴

まずはスペックや特徴を見ていきましょう。

AQUOS R5Gのスペック

AQUOS R5G
ストレージ容量(ROM) 256GB
価格 129,600円〜
CPU Snapdragon 865
メモリ(RAM) 12GB
ディスプレイサイズ 6.5インチ
解像度 3168×1440 535ppi
本体サイズ 162×75×8.9mm
重量 189g
メインカメラ 12MP(F値1.7)+48MP(F値2.9)+12.2MP(F値2.7)+ToF(トリプルカメラ)
インカメラ 16.4MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵 IP68
SDカード 対応
認証方法 指紋認証、顔認証
おサイフケータイ 対応
イヤホンジャック 搭載
バッテリー容量 3,730mAh
カラーバリエーション アースブルー
ブラックレイ
オーロラホワイト

AQUOS R5Gの特徴

  • 6.5インチの大画面かつPro IGZOディスプレイで色の表現力が別格
  • 超広角にToFセンサーまで搭載したクアッドカメラ
  • 5G対応

ざっくりいうとSHARPが持つ技術をふんだんに搭載したフラッグシップモデルです。

AQUOS R5Gの付属品

それでは付属品から見てみましょう。

  • テレビアンテナ(イヤホン接続)

なんとこれだけです。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
どんだけシンプルやねん

AQUOS R5Gのデザイン

背面は角度によって色が変わる塗装になっています。非常に高級感があります。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
最近流行のやつやな

カメラは威圧感のあるクアッドカメラです。これまでのAQUOSシリーズで最高の性能となっています。写りのレビューは後ほど。

インカメラ周りは水滴型ノッチを採用しています。おかげで画面占有率は高めです。

大きさはかなり大きいですが、画面の端から中央に向けてスワイプすることで「戻る」ボタンの代わりになったり、片手でも操作しやすいUIが用意されています。

片手でも操作しやすいUI

これまでの反応が鈍い指紋認証センサーをなぞったりするのと大違いで、圧倒的に使いやすくなっています。これだけでも非常に大きな進化です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
考えられとるやんけ

イヤホンジャック搭載。充電はUSB C端子

なんとイヤホンジャックをしっかり搭載です。本体左上にあります。

AQUOS R5Gにイヤホンジャックはある?

メインディスプレイは6.5インチ

メインディスプレイのサイズは圧巻の6.5インチです。かなり大きいのでいろんなものが見やすいです。

主要なアプリの表示を確認

実際に主要なアプリの見え方を確認してみましょう。

Chromeを表示してみる

6.5インチの大画面なので情報量も多く非常に見やすいです。

Twitterを表示してみる

画像が多くても問題なし。

Instagramを表示してみる

サムネイルも大きいです。

カメラは文句なしの出来栄え

カメラは超広角搭載のクアッドカメラです。

望遠レンズと組み合わせたボケも超広角での広々撮影も頑張っています。

これまでAQUOSシリーズは他の機種と比べてカメラが非常に弱かったのですが、AQUOS R5Gはかなり頑張っています。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ようやくやな

指紋認証は精度は悪くないがジェスチャーはいまいち

AQUOS R5Gはホームボタンが指紋認証センサーを兼ねるタイプです。

指紋認証の精度はそんなに悪くないですが、ロック画面からのアクセスは顔認証で解除するほうが早いです。

また指紋認証を利用してホームボタンを左右にスライドすることで「戻る」「履歴」の操作ができるのですが、精度がイマイチで、このジェスチャーをあてにするとがっかりすると思います。

それより画面端からのスワイプのほうが優秀なので、こちらを利用しましょう。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
指紋認証・・・

スピーカーもステレオで音質は良い

スピーカーはしっかりステレオで横にしてもちゃんと左右から音が出ます。

YouTubeも良い音質で楽しめます。

AQUOS R5Gはドコモやauやソフトバンクなどの国内SIMや格安SIMで使えるのか?

もちろん使えます。しかしSIMロック解除や5Gモデル特有の相性もありますので、こちらの記事を参考にしていただければ。

AQUOS R5GはSIMフリー・ドコモ・au・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか?(5G対応)

AQUOS R5Gは格安SIMで使えるのか?

AQUOS R5GはデュアルSIMやDSDSで使えるのか?

キャリア版しかないAQUOS R5GはデュアルSIMに非対応です。残念です。

AQUOS R5GはデュアルSIM(DSDS)に対応しているのか?

バッテリーはどれぐらい持つのか?

バッテリー持ちが気になるでしょう。

安心してください。バッテリーは余裕です。

フルで作業し続けても8時間もつ、普通に使用していれば13時間使ってバッテリー残量約40%という驚きのバッテリーです。ちなみに5G環境だと減りが激しいです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

AQUOS R5Gのバッテリーの電池持ちをチェック

AQUOS R5Gでおサイフケータイは使えるのか?

AQUOS R5GはばっちりSuicaやおサイフケータイに対応しています。

ピッとするだけで電車にも乗れますし、買い物もできてしまいます。

AQUOS R5GはおサイフケータイやSuicaに対応している?

5Gの通信速度はどれぐらいなのか

様々なところで計測しましたが、au 5Gでの接続時は概ね400〜500Mbps台です。

通常のLTEが40Mbpsぐらいなので、約10倍もの速さです。

サイトも一瞬で表示されますし、アプリのダウンロードもあっという間です。

まとめ

ついに5Gに対応したAQUOS。5Gという超高速通信に対応というだけでなく、AQUOSシリーズの最高峰としてカメラなどこれまでの弱点を克服してきました。

バッテリー持ちも十分で、こんなに大きいのに片手でも使いやすいAQUOS R5Gを手に入れて5Gの世界に飛び込んでみましょう。

AQUOS R5Gを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

Add Comment

Click here to post a comment