アップルウォッチ5 チタニウムとホワイトセラミックケースはどっちを買うべきか

最高ですよApple Watch 5。

Apple Watch 5のプレミアムモデルとなるApple Watch Editionは初登場の素材であるチタニウムモデルとApple Watch 3以来の2年ぶりの投入となるセラミックモデルがあります。

しかしこの2つ、どちらが良いのか甲乙つけがたいですよね。実際私も事前に選びきれず、結局両方を購入することにしました。

ということで実際購入したApple Watch 5のチタニウムケースとホワイトセラミックケースモデルを並べてどちらを買うべきか考えていきましょう。

Apple Watch 6を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い
ドコモ59,180円1,643円/月〜(36回払い)
au59,180円2,465円/月〜(24回払い)
ソフトバンク59,184円1,233円/月〜(48回払い)

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

Apple Watch 5のスペック

モデルApple Watch Series 5
本体サイズ44mm40mm
44 x 38 x 10.740 x 34 x 10.7
ディスプレイ368 x 448ピクセル324 x 394ピクセル
重量36.5g〜30.8g〜
プロセッサS5(64bit デュアルコアプロセッサ)
ワイヤレスチップW3
ストレージ32GB
Digital Crown触覚的な反応を返すデジタルクラウン
通信性能Bluetooth 5.0
センサー進化した加速度センサー(最大32G)
進化したジャイロスコープ
耐水性能50メートル
裏蓋全面セラミックとサファイアクリスタル
バッテリー駆動時間常時表示で最大18時間
素材アルミニウム
ステンレス
チタン
セラミック

スペックはどちらのモデルもほぼ共通です。重さが若干違いますが誤差レベルです。

Apple Watch 5の特徴

  • Apple Watch 4の基本機能は全て踏襲
  • ディスプレイが常時オン表示に対応
  • 電子コンパスに対応
  • チップが進化し処理速度がより高速になった
  • ケースの素材にチタンとセラミックが追加された

基本的にはApple Watch 4の基本性能は引き継ぎつつ、チップなどが高速化し着実に進化しています。特にApple Watch 5の大きな特徴はディスプレイが常時オン表示に対応したこととチタンが追加されたことです。

チタニウムモデルの外観をチェック


アルミケースより高級感があり、ステンレススチールケースほどキラキラしておらず、落ち着いた印象がまさに高級腕時計のたたずまいを感じさせます。丁寧なヘアライン加工されているのもとても好感が持てます。大人のApple Watchという感じでしょうか。

チタニウムモデルのデザインはこちらで詳しく記事にしています。さまざまなバンドを試したりしています。

関連記事

いよいよやってきましたApple Watch 5。今回私はチタニウムモデルとセラミックモデルを購入したんですが、なぜか時間差でチタニウムのほうが先に届きましたので、こちらからチェックしていきましょう。[template[…]

ホワイトセラミックモデルの外観をチェック


白がほんとに綺麗です。まじりっけなしの純白。そしてセラミックの素材のおかげでおもちゃっぽくならず高級感も持ち合わせています。

ホワイトセラミックモデルのデザインはこちらで詳しく記事にしています。こちらもさまざまなバンドを試しています。

関連記事

今年もリリースされたApple Watch 5。今回私はチタニウムモデルとセラミックモデルを購入しましたが、セラミックのほうが税関でもたつき、少し遅れてようやくやってきました。ということで届きたてホヤホヤのApple […]

チタニウムモデルとホワイトセラミックモデルを並べて比較


さすがプレミアムモデル。どちらも高級感があります。



主張しすぎず落ち着いた雰囲気を感じさせるのがチタニウム。ポップな系統からフォーマルまで幅広く合わせられるのがセラミックです。

チタニウムとホワイトセラミックケースはどっちを買うべきか

落ち着いた大人の高級感が欲しいなら断然チタニウムです。アルミやステンレススチールが子供に見えるほどどっしり構えた高級感を感じさせてくれます。

もう少しカジュアルにポップさを兼ね備えつつ、フォーマルでも合う上質な遊び感で幅広く合わせるならホワイトセラミックです。ホワイトなので金属っぽくないですが、一目見ればプラスチックなんかとは違う本物の質の高さが一瞬で伝わる仕上がりとなっています。

あなたはどちらのタイプが好みでしょうか。自分にあったほうを選んでみましょう。

Apple Watch 6を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い
ドコモ59,180円1,643円/月〜(36回払い)
au59,180円2,465円/月〜(24回払い)
ソフトバンク59,184円1,233円/月〜(48回払い)

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

最新情報をチェックしよう!
>海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMロック解除済みモデルや日本未発売モデルも揃っています。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

CTR IMG