アップルウォッチ5を購入レビュー。常時表示のおかげで完全に腕時計

今年も発売されたApple Watch 5。

今作の見どころはなんといっても常時表示オンに対応したことでしょう。見た目などはApple Watch 4とほぼ変わらなかったのですが、この機能だけでもかなり違う気がします。

ということで実際に購入したApple Watch 5をみていきましょう。

Apple Watch 6を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い
ドコモ59,180円1,643円/月〜(36回払い)
au59,180円2,465円/月〜(24回払い)
ソフトバンク59,184円1,233円/月〜(48回払い)

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

Apple Watch 5とは?

Apple Watch 5はアップル製のスマートウォッチです。iPhoneと接続してiPhoneを取り出さなくても手元でも簡単に情報をアクセスするのに使います。

Wear OSなどのスマートウォッチとの違い

他のWear OS(Androidベース)のスマートウォッチみたいにゴリゴリなんでもできるわけではないのですが、その分動作は安定しています。

Apple Watch 5でできること

  • さまざまな通知を手元で一瞬で確認できる
  • わざわざ財布やスマホを取り出さずApple Payで買い物ができる
  • Siriを使って声だけで天気や予定の確認やリマインダーへの登録

できることはいろいろあるんですが、このあたりの機能が特に便利でいつも使っています。

できることはこちらで詳しく記事にしています。

関連記事

AppleWatchってご存知ですか?もう既に持ってるよ使ってるよという方から、今買おうかどうか悩んでるんだよねって人までいると思います。AppleWatchはいわゆる「スマートウォッチ」と呼ばれている、スマホとの連携がバツグンな腕時計[…]

スマホ
関連記事

AppleWatchを買う以前は「こんなの必要なのかなぁ?」と思っていた筆者ですが、使い始めてみると、今ではAppleWatch2が手放せません。本体スペックがかなり向上しているAppleWatch4がとても気になりますね。無理して買い[…]

スマホ

Apple Watch 5のスペック

モデルApple Watch Series 5
本体サイズ44mm40mm
44 x 38 x 10.740 x 34 x 10.7
ディスプレイ368 x 448ピクセル324 x 394ピクセル
重量36.5g〜30.8g〜
プロセッサS5(64bit デュアルコアプロセッサ)
ワイヤレスチップW3
ストレージ32GB
Digital Crown触覚的な反応を返すデジタルクラウン
通信性能Bluetooth 5.0
センサー進化した加速度センサー(最大32G)
進化したジャイロスコープ
耐水性能50メートル
裏蓋全面セラミックとサファイアクリスタル
バッテリー駆動時間常時表示で最大18時間
素材アルミニウム
ステンレス
チタン
セラミック

基本的な性能がApple Watch 4と変わらないのですが、画面常時オン表示に対応していたり、チップが高速化されていたり地道に進化しています。

Apple Watch 5の特徴

  • Apple Watch 4の基本機能は全て踏襲
  • ディスプレイが常時オン表示に対応
  • 電子コンパスに対応
  • チップが進化し処理速度がより高速になった
  • ケースの素材にチタンとセラミックが追加された

特にApple Watch 5の大きな特徴はやはりディスプレイが常時オン表示に対応したことです。

Apple Watch 4やApple Watch 3とのスペック比較

Apple Watch 4やApple Watch 3との比較はこちらに記事にしています。

実際の使用感はApple Watch 3からApple Watch 4のスペックアップはかなりサクサクに感じますが、Apple Watch 4からApple Watch 5は動作速度などでいうとそこまで感じないなぁというところです。

関連記事

すっかり時計の概念をくつがえしたApple Watch。そんなApple Watchの新モデル、Apple Watch 5がついに発売されましたが、アップルストアではApple Watch 3がさらに値下げされて引き続き併[…]

Apple Watch 5の付属品

  • Apple Watch 本体
  • 本体のキャリングケース
  • 充電器
  • 充電ケーブル
  • 簡易説明書
  • バンド

ちょっと驚いたのが、セラミックケースとチタニウムケースの場合、選んだバンドとは別にもう一つついていることです。

ホワイトセラミックケースだと白のスポーツバンドが、チタニウムケースだとグレーのバンドがついていました。

Apple Watch 5のデザイン

それではデザインをみていきましょう。まずはホワイトセラミック。



実にシンプルで美しいですね。

続いてチタニウムケース。



それぞれのケースの外観はこちらで詳しく記事にしています。

関連記事

今年もリリースされたApple Watch 5。今回私はチタニウムモデルとセラミックモデルを購入しましたが、セラミックのほうが税関でもたつき、少し遅れてようやくやってきました。ということで届きたてホヤホヤのApple […]

関連記事

いよいよやってきましたApple Watch 5。今回私はチタニウムモデルとセラミックモデルを購入したんですが、なぜか時間差でチタニウムのほうが先に届きましたので、こちらからチェックしていきましょう。[template[…]

Apple Watch 4と比較

左がApple Watch 4 ゴールドステンレススチール、右がApple Watch 5 セラミック。

Apple Watch 4とは外観はほぼ同じです。

常時表示Retinaディスプレイでついに腕時計になりました

Apple Watch 5の大きな進化はなんといっても常時表示できるようになったことです。

Apple Watch 4までは基本的には画面表示はオフで、腕を自分側に傾けた時に表示がオンになるという仕様でした。

Apple Watch 5でうっすら画面表示されている状態。

しかしApple Watch 5からは普段は少し薄暗く表示が続いた状態で、腕を傾けると完全に表示されるという仕様に変わりました。

少し傾けると完全に表示がオンになる。

これ地味なんですけど、すごく大きな進化で、この機能によってこれまでApple Watch 5が流行り物好きのガジェットでしかなかったところから、ようやく腕時計になったといっても過言ではありません。

常時表示オンが活きる場所は、例えば自転車を運転している時や、会議中や商談中、子どもの面倒を見ながらなどかなり多様な場面でさらに便利になります。

Apple Watch 5の電池持ちはどれぐらいなのか

丸一日使っても全然問題ありません。14時間つけっぱなしでも50%以上残っていました。

こちらで詳しく記事にしています。

関連記事

今年もアップルからリリースされたApple Watch 5。今回はついに常時画面オンに対応という嬉しい進化がありましたが、その分電池持ちはどうなのか気になりますよね。ということで実際に購入したApple Watch 5[…]

まとめ

Apple Watch 5はこれまであなたがApple Watchを持ったことがなかったとしても、断然おすすめできるモデルになりました。それは常時表示に対応し、腕時計と変わらなく使えるようになったからです。

もしあなたがApple Watch 4を持っていたとしても、常時表示があるだけで全然ちがうので、これまた断然おすすめできます。自分もApple Watch 4から買い替えましたが、すごく満足しています。

もしあなたがApple Watch 3を持っていたとしても、サクサクのCPUと画面の大きさが全然ちがうのでこれまた断然おすすめできます。

つまり迷ったら買うべしってことです。Apple Watch 5ほんとにおすすめです。

Apple Watch 6を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い
ドコモ59,180円1,643円/月〜(36回払い)
au59,180円2,465円/月〜(24回払い)
ソフトバンク59,184円1,233円/月〜(48回払い)

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

最新情報をチェックしよう!
>海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMロック解除済みモデルや日本未発売モデルも揃っています。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

CTR IMG