Apple Apple Watch Apple Watch 5 スマートフォン

アップルウォッチ5のバッテリーの電池持ちをチェック。常時表示オンでも余裕

Apple Watch 5でうっすら画面表示されている状態。

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。

今年もアップルからリリースされたApple Watch 5。

今回はついに常時画面オンに対応という嬉しい進化がありましたが、その分電池持ちはどうなのか気になりますよね。

ということで実際に購入したApple Watch 5でその実力を見ていきましょう。

Apple Watch 5を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?


Apple Watch 5のスペック

モデル Apple Watch Series 5
本体サイズ 44mm 40mm
44 x 38 x 10.7 40 x 34 x 10.7
ディスプレイ 368 x 448ピクセル 324 x 394ピクセル
重量 36.5g〜 30.8g〜
プロセッサ S5(64bit デュアルコアプロセッサ)
ワイヤレスチップ W3
ストレージ 32GB
Digital Crown 触覚的な反応を返すデジタルクラウン
通信性能 Bluetooth 5.0
センサー 進化した加速度センサー(最大32G)
進化したジャイロスコープ
耐水性能 50メートル
裏蓋 全面セラミックとサファイアクリスタル
バッテリー駆動時間 常時表示で最大18時間
素材 アルミニウム
ステンレス
チタン
セラミック

スペック上は18時間持つという触れ込みですが果たして。

Apple Watch 5の特徴

  • Apple Watch 4の基本機能は全て踏襲
  • ディスプレイが常時オン表示に対応
  • 電子コンパスに対応
  • チップが進化し処理速度がより高速になった
  • ケースの素材にチタンとセラミックが追加された

基本的にはApple Watch 4の基本性能は引き継ぎつつ、チップなどが高速化し着実に進化しています。特にApple Watch 5の大きな特徴はやはりディスプレイが常時オン表示に対応したことです。

それでは実際にみてみましょう。

Apple Watch 5のバッテリー持ち

満充電した状態のApple Watch 5を朝8時から使い出してどれぐらいバッテリーを消費するのかを見ていきましょう。

ちなみに自分のApple Watchの使い方は時計、通知確認、Apple Pay、Siri(リマインダー登録)などです。

2時間使用後のバッテリー


朝10時です。2時間経ち残量98%。

全然減っていません。ひとまず順調です。

14時間使用後のバッテリー


一気に飛んで夜10時です。14時間使って残り51%です。

14時間ずーっと画面つきっぱなしで半分も残ってるってどうなってんのよ。

Apple Watch 5の電池持ちをまとめると

Apple Watch 5は朝8時から使い始めて夜10時まで14時間画面常時オンで使いたおしても残り51%も残っているという、驚異的な電池持ちです。

Apple Watch 5になり画面常時オンに対応しましたが、それに合わせてディスプレイの省電力機能もきっちり進化していました。スペック上の18時間連続使用に耐えうるというのはそのとおりで、余裕で1日以上持ちます。

これだけ持ったらまったく心配はいりません。安心して使いたおしましょう。

Apple Watch 5を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?


おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

Add Comment

Click here to post a comment