スポンサーリンク

Apple Watch 5とApple Watch 4とApple Watch 3はどれを買うべきか?(違いを比較)

スマホApple
スポンサーリンク

すっかり時計の概念をくつがえしたApple Watch。

そんなApple Watchの新モデル、Apple Watch 5がついに発売されましたが、アップルストアではApple Watch 3がさらに値下げされて引き続き併売されます。そして昨年のフラッグシップモデルであるApple Watch 4も中古価格が下がりお買い得に。

そんなことされたら、Apple Watch 5かApple Watch 4かApple Watch 3、どれを買えば良いのか迷いますね。

ということでApple Watch 5も購入し、Apple Watch 4もApple Watch 3も使ってきた私がどれを買えば良いのか解説いたします。

Apple Watch 5を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

スポンサーリンク

Apple Watch 5とApple Watch Series 4とApple Watch Series 3のスペックの違い

まずはスペックを見てみましょう。

モデル Apple Watch Series 5 Apple Watch Series 4 Apple Watch Series 3
本体サイズ 44mm 40mm 44mm 40mm 42mm 38mm
44 x 38 x 10.7 40 x 34 x 10.7 44 x 38 x 10.7 40 x 34 x 10.7 42.5 x 36.4 x 11.4 38.6 x 33.3 x 11.4
ディスプレイ 368 x 448ピクセル 324 x 394ピクセル 368 x 448ピクセル 324 x 394ピクセル 312 x 390ピクセル 272 x 340ピクセル
重量 36.5g〜 30.8g〜 36.7g〜 30.1g〜 34.9g〜 26.7g〜
プロセッサ S5(64bit デュアルコアプロセッサ) S4(64bit デュアルコアプロセッサ) S3(32bit デュアルコアプロセッサ)
ワイヤレスチップ W3 W3 W2
ストレージ 32GB 16GB セルラーモデル:16GB、GPSモデル:8GB
Digital Crown 触覚的な反応を返すデジタルクラウン 触覚的な反応を返すデジタルクラウン デジタルクラウン
通信性能 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2
センサー 進化した加速度センサー(最大32G) 進化した加速度センサー(最大32G) 加速度センサー(最大16G)
進化したジャイロスコープ 進化したジャイロスコープ ジャイロスコープ
耐水性能 50メートル 50メートル 50メートル
裏蓋 全面セラミックとサファイアクリスタル 全面セラミックとサファイアクリスタル セラミックとサファイアクリスタル
バッテリー駆動時間 常時表示で最大18時間 最大18時間 最大18時間
素材 アルミニウム アルミニウム アルミニウム
ステンレス ステンレス
チタン
セラミック

Apple Watch 5とApple Watch Series 4とApple Watch Series 3の特徴と機能の違い

Apple Watch 5とApple Watch 4とApple Watch 3の主な特徴と機能の違いは下記です。

Apple Watch 5の特徴

  • Apple Watch 4の基本機能は全て踏襲
  • ディスプレイが常時オン表示に対応
  • 電子コンパスに対応
  • チップが進化し処理速度がより高速になった
  • ケースの素材にチタンとセラミックが追加された

基本的にはApple Watch 4の基本性能は引き継ぎつつ、チップなどが高速化し着実に進化しています。特にApple Watch 5の大きな特徴はディスプレイが常時オン表示に対応したことです。

Apple Watch 4の特徴

  • デジタルクラウンが触覚的な反応を返すようになった
  • チップが64bit対応により2倍高速に
  • ストレージ容量が全モデルで16GBに
  • 光学式心拍センサーが第2世代に進化
  • ジャイロ・加速度センサーの精度が上がり転倒検出機能を搭載
  • スピーカーの出力が50%アップしより大きい音が出るようになった
  • Bluetoothがより新しいバージョン5.0に対応した
  • 本体の四隅が丸くなった
  • ベゼル(枠)が細くなり画面領域が大きくなった
  • 厚みが薄くなった

Apple Watch 3から4への進化は大きいですが、特にベゼル(枠)が細くなり画面領域が大きくなったことが特徴です。

Apple Watch 3の特徴

  • セルラーモデルではiPhone無しで単体で通信可能になった
  • S3チップを搭載しApple Watch 2より70%高速になった
  • 進化したワイヤレスチップW2を搭載しApple Watch 2よりWi-Fi接続が85%高速になった
  • Apple Watch 2より電力効率が50%向上した
  • ディスプレイが進化し画面の明るさが2倍になった
  • Siriが話せるようになった

Apple Watch 3は2からチップ性能が大幅に進化しました。Apple Watch 2まではレスポンスが悪く待たされることも多く、それを理解した上で使用する必要があったのですが、Apple Watch 3はそこが一気に解消され老若男女問わずおすすめできるモデルになりました。

Apple Watch 5とApple Watch Series 4とApple Watch Series 3はどれを買うべき?

Apple Watch 5とApple Watch 4とApple Watch 3はどれを買うべきなんだっていう話なんですが、まとめるとこんな感じです。

  • 常時表示に対応し、より時計らしく使いたいならApple Watch 5
  • ちょっとでも大きい表示が良くて、通知以外のアプリも使いこなすならApple Watch 4
  • 通知を見たりApple Payといった使い方がメインなら価格の安いApple Watch 3

あなたの使い方に応じてお好きなApple Watchをどうぞ。

Apple Watch 5を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?


おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

コメント