Apple Watch Apple Watch 3 Apple Watch 4

Apple Watch 4とApple Watch 3どっちを買うべきか?(違いを比較)

スマホ

時計の概念をひっくり返したと言っても過言ではないApple Watch。

先日ついにその最新作のApple Watch 4が発売になりましたが、気になるのは未だにApple Watch 3も併売されているということ。

そんなことされたら、Apple Watch 4かApple Watch 3のどちらを買えば良いのか当然迷うのが人間ですよね!

ということでApple Watch 3もApple Watch 4も両方持っている私が、今回はApple Watch 4かApple Watch 3のどちらを買えば良いのか見ていきましょう!

Apple Watch 4を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

Apple Watch Series 4とApple Watch Series 3の違い

まずはスペックを見てみましょう!

モデル  Apple Watch Series 4 Apple Watch Series 3
本体サイズ 44mm 40mm 42mm 38mm
44 x 38 x 10.7 40 x 34 x 10.7 42.5 x 36.4 x 11.4 38.6 x 33.3 x 11.4
ディスプレイ 368 x 448ピクセル 324 x 394ピクセル 312 x 390ピクセル 272 x 340ピクセル
重量 36.7 g 30.1 g 34.9 g 26.7 g
プロセッサ S4(64bit デュアルコアプロセッサ) S3(32bit デュアルコアプロセッサ)
ワイヤレスチップ W3 W2
ストレージ 16GB セルラーモデル:16GB(GPS + Cellularモデル)
Digital Crown 触覚的な反応を返すデジタルクラウン デジタルクラウン
通信性能 Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2
進化した加速度センサー(最大32G) 加速度センサー(最大16G)
進化したジャイロスコープ ジャイロスコープ
耐水性能 50メートル
裏蓋 全面セラミックとサファイアクリスタル セルラーモデル:セラミックとサファイアクリスタル(中央部分)
バッテリー駆動時間 最大18時間

Apple Watch 4を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

Apple Watch Series 4とApple Watch Series 3の機能の違い

Apple Watch 4とApple Watch 3の主な機能の違いは下記です。

  • デジタルクラウンが触覚的な反応を返すようになった
  • チップが64bit対応により2倍高速に
  • ストレージ容量が16GBに向上
  • 光学式心拍センサーが第2世代に進化
  • ジャイロ・加速度センサーの精度が上がり転倒検出機能を搭載
  • スピーカーの出力が50%アップしより大きい音が出るようになった
  • Bluetoothがより新しいバージョン5.0に対応した

字面で見ると細かーい変化なんですが、一番でかいのはチップが2倍高速になったというところ!

このおかげで体感速度が全然違うんですよ!

また記事にしますけど、Apple Watch 3では死んでいたようなLINEやメールといったアプリが息を吹き返したんですよ!普通に返信できるようになった!

Apple Watch Series 4とApple Watch Series 3の見た目の違い

Apple Watch 4とApple Watch 3の主な見た目の違いは下記です。

  • 本体の四隅の角が丸くなった
  • ベゼルが細くなり画面表示領域が大きくなった
  • 厚みが薄くなった

まあこんな文字で書くよりも見てもらったほうが早いですね!

ということでApple Watch 4とApple Watch 3を並べて見てみましょう!

どちらも大きいほうのサイズ。左がApple Watch 3(42mm)、右がApple Watch 4(44mm)。

Apple Watch 4のほうが若干丸みを帯びてるように見えますね!Apple Watch 4は思春期の女子!大人になったんですね!

大きさはあんまり変わりませんが、画面の表示領域はApple Watch 4が完全に広くなりました!

Apple Watch 4

見やすくて最高!

Apple Watch 4を使い始めると、Apple Watch 3が可愛く思えてきます。あれ、こんな小さかったっけみたいな!

それは決して見下しているのではなくて、iPhone XSを使った後にiPhone 8を使った時のような感覚です。これブログ界で誰も使っていない良い表現だと思うのでよく覚えておいてね!

裏側はこんな感じ。

センサー類がなんかカッコよくなってますね!!

意図的にかっこよくしたつもりはないんでしょうけど、なんかヲタクとしてはこういうところに所有欲を満たされます。

Apple Watch Series 4とApple Watch Series 3の厚みを並べて比較

厚みはApple Watch 4が断然薄くなっています!

実物で比較するとかなり薄くなった感覚があります!え?写真だとわかりにくいって?うるせーよ!!

一応こっち側も。

なんか余計わかりにくくなっちゃった!!

Apple Watch 4を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

Apple Watch Series 4とApple Watch Series 3はどっちを買うべき?

結局Apple Watch 4とApple Watch 3はどっちを買うべきなんだっていう話なんですが、まとめるとこんな感じです。

  • ちょっとでも大きい表示が良くて、メール返信とかのアプリも使いこなすならApple Watch 4!
  • 通知を見る、Apple Payといった使い方がメインなら価格の安いApple Watch 3!

以上!

Apple Watchの買い方は下記!イオシスが安くておすすめ!

あなたに読んでほしいApple Watchの記事

Apple Watch 4を購入レビュー。これなしの生活に戻れない

Apple Watch 4のステンレスゴールドとアルミスペースグレイを並べて比較!

Apple Watch 4とApple Watch 3どっちを買うべきか?(違いを比較)

Apple Watch 4の購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Apple Watch 4をイオシスで購入する。:39,800円〜

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップでApple Watch 4を購入する。
ソフトバンクオンラインショップでApple Watch 4を購入する。
auオンラインショップでApple Watch 4を購入する。

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。
詳しいプロフィールはこちら

Add Comment

Click here to post a comment