スマホ

Apple Watch 4は心電図にも対応?健康分野へ進出か?

新しく発表されたAppleWatch4、今回も新機能が目白押しでしたね。デジタルクラウンのデザインの変化や本体スペックの向上、転倒検出機能など、安全やヘルスケアといった分野にAppleが力を入れていることが分かります。

今回は新しく追加された「心電図の測定」機能について見ていきましょう。アメリカだと普通に使えるみたいですが…?

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

Apple Watch 4の心電図機能とは?何が出来るの?

アメリカではFDA(米国食品医薬品局)の承認を得て、正式に医療機器として効果のあるものと認められているAppleWatch4。しかし日本では許認可が取れていないので、日本国内で心電図機能は使えません。(裏ワザとして、iPhoneの地域の設定をアメリカ合衆国にすると利用できるみたいです。)

アメリカの話になりますが、計測したデータをPDFとして保管可能です。そのデータをもとにアプリを通じて医師とコミュニケーションすることも出来るそうです。脈拍の変化は長く続かないので、病院で診察している最中は特に問題なし、という事も多いです。しかし、AppleWatchなら常に身に着けているので、不整脈などの異常を正確に測定することが出来ます。

AppleWatchはもはや便利ガジェットではありません。ITと連携した医療機器としての役割も果たす時代がきているのかもしれませんね。

Apple Watch 4の心電図機能の使い方

アメリカにいる場合、もしくは設定を変更した場合の話ですが、心電図機能の使い方を見ていきましょう。といってもシンプルで使いやすそうです。

AppleWatch上でアプリを立ち上げ、座って安静にして、AppleWatchを装着していない方の手の指でデジタルクラウンに30秒触れるだけです。小学生でも出来る、驚きのシンプルさですね。

注意点としては、運動中や運動直後は正確に測定できません。また、デジタルクラウンに触れている指を動かすとノイズになるそうです。あくまで”安静”にして測定しましょう。

Apple Watch 4の心電図機能で医師にメールも送れる?

心電図のデータは基本的にAppleWatch上では表示されず、iPhoneの「ヘルスケア」アプリ内で記録されます。そこからPDFにしたり別途アプリを立ち上げて医師にデータを提供できるそうです。

とても面白そうなシステムで、もし日本でも実装されたら健康への関心が一層高まりそうですね。日本での解禁が待ち遠しいです。

Apple Watch 4の心電図機能は今後日本で解禁されるか?

心電図の測定をする、という事はAppleWatchを医療機器としてカテゴリー分けするという事になります。その場合、医療機器として認証を受けなくてはいけないのですが、一般的に申請から3~5年の時間が必要になるそうです。人の命に係わるデータなので厳密に審査して頂きたいですが、ユーザーとしては早く試してみたいという気持ちが高まります。

日本国内の状況を見ても、高齢化にともない健康への関心は高まっています。政府としても、国民に身近なAppleWatchを医療機器として認定することにメリットは大きいと思います。審査を急いでほしいですね。

では、また別の記事でお会いしましょう。

Apple Watch 6を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い
ドコモ59,180円1,643円/月〜(36回払い)
au59,180円2,465円/月〜(24回払い)
ソフトバンク59,184円1,233円/月〜(48回払い)

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

スマホ
最新情報をチェックしよう!
>海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMロック解除済みモデルや日本未発売モデルも揃っています。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

CTR IMG