Apple Apple Watch Apple Watch 3 スマートフォン

Apple Watch Series 3の実際のバッテリー持ちは公称よりもはるかに長持ち!

スマホ

自分の中ではApple Watch Series 3はすっかり生活必需品となってしまい本当に毎日使用しています。

購入を悩まれている方の悩みの種の一つといえばバッテリーがどれぐらい持つのかということでしょう。

いくら魅力的な端末でもバッテリーが日常使用に耐えられなければ意味がないですからね。

ということで今回は実際に使用した4日間の記録データを見ていただきましょう!

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

Apple Watch Series 3のバッテリー持ち

1日目の実績

まずは到着初日のデータです。

この日は夕方に届いてフル充電後、晩まで出かける予定があり使用しています。

結果は10時間で80%程度の残量なのでかなり持っています。

当然初日なので嬉しくていろいろ触ってこの結果なのでかなり思ったより持ちますね。

2日目の実績

就寝時にフル充電して翌日です。

夕方からライブがありその際に使用しています。

6時間使用で90%は残っていますね。全然減っていないという感じです。

3日目の実績

3日目のデータです。

この日は昼から買い物に出かけており、その際に使用しています。

15時間の使用で70%は残っています。まだまだいけそうですね。

4日目の実績

4日目のデータです。

この日は朝から一日中使用しています。

15時間で60%は残っています。

二次関数からバッテリーが0になるまでの時間の推測

4日間のデータからバッテリーはおおよそ二次関数的に減少することがわかりました。

ということで、ここではバッテリー残量が0になるまで各日から算出された二次関数から推測してみることにします。

  • 1日目からの予想:27.2時間
  • 2日目からの予想:31.1時間
  • 3日目からの予想:46.4時間
  • 4日目からの予想:26時間
  • 予想平均:32.7時間

すごいですね。就寝時などに着用しなければ丸2日は持ちそうです。

Appleの公式サイトによればApple Watch Series 3の公称駆動時間は18時間です。そこから考えると実際はもっと持ちそうということです。

この公称時間は「18時間の間に90回の時刻チェック、90回の通知、45分間のアプリケーション使用、Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生しながらの30分間のワークアウトを行った場合」とのことで、このレベルの割とハードな使い方をしなければ大丈夫そうですね。

まとめ

Apple Watch Series 3のバッテリー持ちは約33時間持つ。

使い方にもよるが公称時間よりはるかに持ちそう。

あなたに読んでほしいApple Watchの記事

Apple Watch 4を購入レビュー。これなしの生活に戻れない

Apple Watch 4のステンレスゴールドとアルミスペースグレイを並べて比較!

Apple Watch 4とApple Watch 3どっちを買うべきか?(違いを比較)

Apple Watch 4の購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Apple Watch 4をイオシスで購入する。:39,800円〜

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップでApple Watch 4を購入する。
ソフトバンクオンラインショップでApple Watch 4を購入する。
auオンラインショップでApple Watch 4を購入する。

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

Add Comment

Click here to post a comment