Apple Apple Watch Apple Watch 3 スマートフォン

Apple Watch Series 3のバンド交換方法

スマホ

Apple Watch Series 3が発売されてはや2週間ほど経ちました。

自分は Apple Watch童貞だったのですが、今回発売日に購入して以来その便利さに驚く日々です。

機能面でももちろん便利なことが多いのですが、ファッション性という面で見ても簡単にベルト交換ができることにもかなり驚いております。

という訳で今回はApple Watchのバンド交換方法について解説します!

実はApple Watchのバンドは全シリーズ共通!

Apple Watchはこれまで初代、Series 2、Series 3とありますがバンドは全て共通なのです。

38mmと42mmは一緒ではないですが、サイズさえ同じであればどれでも利用できます。

それでは早速交換作業に参りましょう!

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

まずは本体を裏返します

ひとまず Apple Watchを裏返しましょう。

もちろん液晶面が表で、その裏です。

裏面のスイッチを押しながらバンドをずらします

続いて裏面にスイッチがあるのでそこを押してみましょう。

スイッチを押しながらであれば元のバンドをスライドして取り外しできますので外してみましょう。

新しいバンドをスライドさせて取り付けます

次に新しいバンドを溝にはめてスライドさせて取り付けます。

同じことを反対側でもやると完成!

反対側も同じことをしてやれば完成です!

すごく簡単だったでしょう?

まとめ

これまでの時計と違いApple Watchのバンド交換は一瞬でできてしまいます。

朝急いでいる時でも簡単に交換できるので、複数購入しておいてその日の気分で取り替え可能です。

バンド交換でApple Watchをより楽しみましょう!

あなたに読んでほしいApple Watchの記事

Apple Watch 4を購入レビュー。これなしの生活に戻れない

Apple Watch 4のステンレスゴールドとアルミスペースグレイを並べて比較!

Apple Watch 4とApple Watch 3どっちを買うべきか?(違いを比較)

Apple Watch 4の購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Apple Watch 4をイオシスで購入する。:39,800円〜

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップでApple Watch 4を購入する。
ソフトバンクオンラインショップでApple Watch 4を購入する。
auオンラインショップでApple Watch 4を購入する。

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

Add Comment

Click here to post a comment