スポンサーリンク

エアマックス270の評判は?口コミなどからメリットを紹介!

スニーカーNIKE
スポンサーリンク

NIKEの人気モデルの一つ、エアマックス270。

2018年の発売から1年ほど経ちましたが、人気は引き続き衰えていません。

「この春に、エアマックス270欲しいな〜」って思っている人も多いんじゃないでしょうか?

でも、いざ買うとなると失敗したくないし…なんて思ってしまう気持ち、とってもよく分かります!

そこで、エアマックス270の実際の評判や口コミを紹介して、よりエアマックス270の事を知ってもらい、ゲットしてもらいたいと思います。

NIKE SU19 AIR MAX 270 AH8050-110 WHITE/BLACK ナイキ エア マックス 270 ホワイト/ブラック/フォトブルー/ピュアプラチナ AH8050-110

エアマックス270を購入するなら

スポンサーリンク

エアマックス270の特徴は?

エアマックス270は、NIKEで初めてライフスタイル向けに開発されたエアユニットを搭載したモデルです。

「普段、街で履く時に快適になるよう設計されたモデル」というわけです!

名前の「270」は、270度のビジブルエアを搭載していることから名付けられました。
特徴的なかかと部分のエアユニットの厚さは、なんと32ミリ!
発売当時は、NIKE最大の厚さでした。

こんな他モデルとは一線を画した、エアマックス270。

スニーカー好きでも、「スニーカーはあまり詳しくない」という人も、気になるモデルなのは間違いありません。

では、実際にエアマックス270を履いている人たちの、エアマックス270の評価や口コミはどんな感じなんでしょうか?

紹介していきましょう!!

エアマックス270を購入するなら

エアマックス270の評判や口コミを紹介!

エアマックス270は歩きやすい

何と言ってもライフスタイル向けに開発されたモデルなので、普段履いて歩くのはとっても快適です!
アッパーの素材もとても軽いので、長く履いていても疲れ知らずです。
「今日はどれを履いていこう…」なんて悩んだ時は、ついつい手にしてしまいそうですね。

エアマックス270は身長が高く見える効果アリ

32ミリのエアユニットのボリュームがあり、シルエットもスッキリしているので、身長が高く見える効果も。
特に女性の方は、スタイルアップ効果があるんじゃないでしょうか。

エアマックス270はソールのクッション性が高い

エアユニットの何とも言えない反発力がとっても気持ちいいです!
歩きやすさとも関係してきますが、これを味わうとクセになりますよ!

エアマックス270はエアーの存在感がすごい

エアマックス270は、見た目的にもエアユニットの存在感がすごいんです!
デザインとしても斬新で、履いていると他の人の視線をビシビシ感じること、間違いなしです。

エアマックス270は配色がカッコイイ

エアマックス270の魅力の一つが、配色のカッコよさですよね。
さらにカラーバリエーションも豊富なので、どの配色にしようか迷ってしまいます。
エアマックス270ファンの中には、2足買い、3足買いした、という人もいるほどです!

エアマックス270は履き心地が良い

履き心地も、もちろんバッチリ良いです。
足を入れる部分の厚みも適度にあるので、足首に当たる部分が痛くならない、という声もありました。

エアマックス270を購入するなら

エアマックス270が欲しい!と思ったら

上にあげたように、実際に履いた人の評判も高いエアマックス270。
2019年も、引き続き高い人気を誇っています。

エアマックス270は、今は発売当初より手に入れやすくなりました。
現在、NIKE公式ショップでも購入できるので、このタイミングでゲットしてみてはどうでしょうか!

NIKE SU19 AIR MAX 270 AH8050-110 WHITE/BLACK ナイキ エア マックス 270 ホワイト/ブラック/フォトブルー/ピュアプラチナ AH8050-110

エアマックス270を購入するなら

スニーカーと一緒にお手入れの必需品をお忘れなく

お手入れはアメトーーークでも紹介された最近話題の防水スプレーCREPがおすすめ。これを振っておくとケチャップのような汚れにも強くなります。スニーカー買ったら履く前に振っておきましょう。

この記事を書いたのは

マルチ_プロフィール

マルチ
メンバーカラーはライトブルー。普段は珈琲を愛しロードバイクで移動するアクティブ派。うちではスニーカーの記事を主に書いていますが、ファッションや音楽(特にHIP HOP)、野球やサッカーなどスポーツについても書ける多彩さが売り。さらには「モテる男」になるための記事の執筆経験もあるまさに「マルチ」なライター。
ブログ「魅力的な男」研究所はこちら

コメント