唐戸市場(山口県下関)を紹介/朝から美味しい寿司を食べるならここ!

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

こんばんは。
誰かです。

このゴールデンウィーク中に少し足を伸ばして山口県に行ってまいりました。山口県は九州からも近く、すごく良いところですので是非ご紹介したいと思います。


さて、みなさまは朝からお寿司を食べたいなーっていう時ありませんか?

そうですよね!ありありですよね!
ということで、今日は朝から美味しい寿司を食べるなら、ここ!

山口県下関の唐戸市場の様子をご紹介!

スポンサーリンク

唐戸市場の場所

地図は公式ページより拝借。

唐戸市場は山口県下関市にあります。

あの道重さゆみが生まれ育った山口県ですね。

関門海峡を降りてすぐ、我が祖国九州のお向かいです。

隣に海響館という水族館もあります。

そういえば、あの道重さゆみも先日ラジオ「道重さゆみのうさちゃんピース」にて、休業中に家族で海響館と唐戸市場に行ったという非常にありがたいお話をされていましたね。メタルテープで録音して永久保存ですね。

唐戸市場の駐車場

地図は公式ページより拝借。
ご覧の通り、唐戸市場の周辺には駐車場がたくさんあります。

実際のところ、土日祝日は唐戸市場周辺に近づくとかなり渋滞していますので、近隣の駐車場にパリッと服着てサクッと停めてしまうほうが良いでしょう。

唐戸商店街

唐戸市場の手前は唐戸商店街です。
今はすっかり寂れていますが。


みすゞが詩をつくった町です。
金子みすゞのことを下の名前で呼ぶのがいい度胸していますね。
俺の女的な感覚でしょうか。

亀山八幡宮

向かいは亀山八幡宮です。

世界一のふぐの像が飾ってあります。
世界一を自称していますが、おそらくライバル不在でしょう。
そんなにふぐの像を飾りたいところは他に無いと思います。

下関ではふぐのことをふくと呼びます。

鳥居にある看板の「山」の字に野球のボールが挟まっています。

数十年前に野球少年がふざけて投げたところ挟まってしまい、そのうち取れるだろうと放っておいたところ、そのままということです。
最近ロンプク淳という番組でやっていました。

唐戸市場にズームイン!

周りを散策したところで、唐戸市場に向かいましょう。

カモンワーフ

この周辺がカモンワーフとして、海鮮系を主とした食べ物屋さんやお土産屋さん等が軒を連ねています。(OK、カモン!)

唐戸市場

こちらがいよいよ唐戸市場でございます。

中はこの通り大盛況でございます。

寿司!寿司!寿司!


そしてお待ちかねのお寿司でございます。


市場の中に数十軒(一説によると未確認の店舗も含め数百軒とも数億軒とも)がところ狭しと軒を連ねています。

各店舗、お寿司を店先に並べ、それをお客さんが自分で透明のパックに好きなものを詰めていくシステムです。

お寿司の値段はピンキリで、玉子などのネタは一貫100円から、大トロなどは600円ぐらいです。


どのネタも新鮮な上に大きく厚みがあり、非常に食べごたえがあります。

このように空いたスペースに座って頂きます。

外でも食べることができます。太陽と海風(シスコムーン)に当たりながら食べるのもオツですな。

ふぐ汁にふぐ雑炊

ふぐ汁やふぐ雑炊なんていうメニューもあります。

またふぐが柔らかいんだ、これが。

干物や珍味などもあります

市場内にはお寿司以外にも干物や珍味なども並んでいます。

晩の焼酎がすすむばい!

まとめ

・唐戸市場は新鮮な絶品のお寿司が食べられます!

・ふぐ汁、ふぐ雑炊、ふぐの唐揚げ等、名産のふぐ料理も食べられます!

・干物や珍味も食べられます!

ようするに、海のもの食べたきゃ俺んとこ来い!ってことですね。(植木等)

みなさまも休日に足を運んでみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事