Xperia XZ3は何版(docomo、au、ソフトバンク、SIMフリー)を買うべきか

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

なんと国産スマートフォンの雄、ソニーからXperiaの最新作Xperia XZ3が発表されました!

今回も日本ではdocomoとauとソフトバンクから供給されることが予想されます。さらにもちろんSIMフリー版という選択肢もあります!

そこで、あなたはXperia XZ3のどのモデルを買えば良いのか一緒に考えてみましょう!

スポンサーリンク

Xperia XZ3のスペックの確認

まずはXperia XZ3のスペックを見ていきましょう。

Xperia XZ3のスペック

Xperia XZ3

Xperia XZ3
OS Android 9.0 Pie
画面サイズ 6インチ
解像度 2880×1440
ディスプレイ Quad HD+ P-OLED
プロセッサ Snapdragon 845
RAM 4GB
内蔵ストレージ 64GB
microSD 対応
前面カメラ 13MP、f/2.2
背面カメラ シングルカメラ
13MP、f/1.9
認証センサー 指紋認証
バッテリー 3330mAh
サイズ 158 x 73 x 9.9mm
重さ 193g
その他 IP65/68防水防塵

Xperia XZ3はOSとしてAndroid Pieを一番乗りで採用しています。

他にはようやくディスプレイに有機ELを採用といった変化があります。

Xperia XZ3の発売日はいつ?

  • グローバル:ヨーロッパでは10月5日に発売開始。
  • docomo:2018年11月上旬発売
  • au:2018年11月9日発売
  • ソフトバンク:2018年11月上旬発売

ドコモ版の発売日は?

ドコモの2018年秋冬モデルとして発売されます!2018年11月上旬発売!

au版の発売日は?

au版も同じく2018年秋冬モデルとして発売されます!2018年11月9日発売!

ソフトバンク版の発売日は?

ソフトバンク版も同じく2018年秋冬モデルとして発売されます。2018年11月上旬発売!

Xperia XZ3は何版(docomo、au、SIMフリー)を買うべきか

ここからはあなたが使っている通信会社ごとにどのモデルを買うべきか見ていきましょう。

この記事は技適認証を受けていない端末の使用を推奨するものではありません。

Xperia XZ3の各モデルの対応周波数

まずは本体の対応周波数です。

バンド docomo版 au版 SoftBank版 グローバル版
(H9493)
備考
バンド1(2.0GHz) docomoのメインバンド、auの山間部や田舎、SoftBankのメインバンド
バンド2(1.9GHz)
バンド3(1.7GHz) docomoの東名阪、SoftBankが使用、ワイモバイルのメインバンド
バンド4(AWS)
バンド5(850MHz)
バンド7(2.6GHz)
バンド8(900MHz) SoftBankのプラチナバンド
バンド11(1.5GHz) auが使用、SoftBankが使用
バンド12(700MHz)
バンド13(700MHz)
バンド17(700MHz)
バンド18(800MHz) auのメインバンド
バンド19(800MHz) docomoのプラチナバンド
バンド20(800MHz)
バンド21(1.5GHz) docomoの北海道、東北、四国、北陸
バンド26(800MHz)
バンド28(700MHz) docomoのプラチナバンド、auのプラチナバンド、SoftBankのプラチナバンド
バンド29(700MHz)
バンド32(1.5GHz)
バンド38(2.6GHz)
バンド39(1.9GHz)
バンド40(2.3GHz)
バンド41(2.5GHz) auのWiMAX2+、SoftBankのAXGP
バンド42(3.5GHz)

docomo・もしくはdocomo系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:当然問題なく使えます。
  • au版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、docomoのプラチナバンドであるバンド19に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • ソフトバンク版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、docomoのプラチナバンドであるバンド19に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

au・もしくはau系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:auのメインバンドであるバンド18に未対応の為実質使えません。
  • au版の本体:当然問題なく使えます。
  • ソフトバンク版の本体:auのメインバンドであるバンド18に未対応の為実質使えません。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

SoftBank・もしくはSoftBank系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、SoftBankのプラチナバンドであるバンド8に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • au版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、SoftBankのプラチナバンドであるバンド8に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • ソフトバンク版の本体:当然問題なく使えます。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

Xperia XZ3のレビュー記事

Xperia XZ3のレビュー記事はこちら!

Xperia XZ3のスペック詳細はこちらに記事にしています!

Xperia XZ3のお得な購入方法

一番おすすめは1番のゲオやムスビーなどの白ロム通販ショップからの購入です!

理由はなんといっても専門の通販ショップなので、新品未使用品も中古品も取り揃えていること。一番安心でき適正価格で取引できることです。

各ショップともに各キャリア版もグローバル版もありますので探してみてください!

イオシスから購入

イオシスは安心・安全の超老舗白ロム専門店!安心かつ適正価格で白ロムを購入できます!



ソニー Xperia XZ3 : 69,800円~

てかこの価格安すぎませんか!もっと安くなってるかもしれないからクリックして最新情報を見てみて!

ゲオから購入

ご存知ゲオはスマートフォンの取扱いがとにかく豊富!そして実店舗もたくさんありますし安心できます!

ゲオマート【GEO-MART】

ムスビーから購入

ムスビーは国内No.1の中古スマホ取扱い専門店ですのでこちらも安心です!



ソフトバンクオンラインショップから購入

ソフトバンクオンラインショップからも購入できます!

なにより公式なので購入してからのサポート体制も抜群で安心できます!

Amazonや楽天やヤフーショッピングから購入

上記の専門店と比べるとちょっと割高ですがAmazonなどでも購入可能です!

Xperia XZ3の購入前に買い忘れはありませんか?

下記のリンクからXperia XZ3のケースやフィルムを直接探せます!

Xperia XZ3のケースを探すならこちらから!

Xperia XZ3のフィルムを探すならこちらから!


「The WADA city」が真剣におすすめする格安SIM5社ランキング

普段からスマートフォンを8台持ち歩きたくさんの格安SIMを使うスマホバカの私が真剣におすすめする格安SIMはこちらです!

5つに厳選しましたので正直このどれを選んでもお得で間違いないです!

おすすめの格安SIM5社を価格面から徹底比較したのはこちらの記事!

とにかく安くて使い勝手の良いところを探している方は見てみましょう!

おすすめ1位 : mineo (ドコモ・au・ソフトバンク回線系)



私が一番オススメするのがmineo。私自身も3回線保有していますし周りの人にも勧めまくっています。

mineoをおすすめする理由についてはこちらに記事にしています!

mineoの売りは何と言っても会社の勢いとやる気が他とは違います。

他の格安SIMメーカーって流行に乗って事業を立ち上げたけど廃れたらいつでも辞めてやるぜってな雰囲気が伝わってきますが、mineoはめちゃくちゃ本気で取り組まれていることがわかります。

月額500円からの豊富なプラン、契約者同士でギガを分け合えたり、フリータンクといってギガが足りなくなった時に見知らぬユーザーからギガが貰えたり、他にも通話無料オプションが追加されたり日々進化が見られます。

またサポートも非常に手厚いので私はmineoを強くオススメします!

おすすめ2位 : LINEモバイル (ドコモ・ソフトバンク回線系)

今回のおすすめの中で最も安いのがLINEモバイル!一番安いプランだと月額500円から利用できます!

LINEモバイルについてはこちらにおすすめの理由を記事にしています!

実は年配の父親母親、祖父母などシニア層にもおすすめです!

LINEが運営しているだけあってLINEだけにとどまらず、月額1,100円の3GB以上のプランではTwitterやInstagramなどのSNSもカウントフリーといってギガを消費しません!

速度も他社の格安SIMと比べるとかなり安定しているのでコスパ抜群でおすすめです!

私はLINEモバイルを刺しているスマホでInstagramのストーリーを見まくったりアップしまくったりしています!

それでもギガを消費しないなんて良い時代!

おすすめ3位 : BIGLOBEモバイル (ドコモ回線系)

動画をバリバリ観る方におすすめなのがBIGLOBEモバイル!

おすすめの理由はこちらに記事にしています!

エンタメフリーというプランがあり、このプランならなんとYouTubeをはじめとしたAbemaTVやU-NEXTなど数々の動画サイトなどが通信料を気にせず使えるんです!

これだけでもめちゃくちゃ強い!普段から外で動画をよく観るならBIGLOBEモバイルは強烈におすすめです!



おすすめ4位 : UQ mobile (au回線系)

auの端末をお使いならダントツでオススメ!

UQモバイルのおすすめの理由はこちらに記事にしています!

UQ mobileは格安SIMの中ではぶっちぎりで速度が速い!

おまけに安さもLINEモバイルほどでは無いものの無料通話もネットもコミコミで月1,980円で利用できます!

他の格安SIMと違いauのサブブランドという安心感もあります。

今auをお使いなら圧倒的におすすめです!

おすすめ5位 : ワイモバイル (ソフトバンク回線系)

ワイモバイルはUQ mobileのライバル!ソフトバンク回線系で高速の格安SIMです!

おすすめの理由はこちらの記事!

価格も速度も非常に良い勝負をしています!価格は無料通話もネットもコミコミで月1,980円!速度も格安SIMの中ではUQ mobileと一二を争っています!

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとなっていて実店舗もたくさんありますし安心感があります。

速度も最速レベルで価格も非常に安いのでかなりバランスの取れた格安SIMブランドとなっていて強くおすすめします!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事