Xperia XZ3は何版(docomo、au、SIMフリー)を買うべきか

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

なんと国産スマートフォンの雄、ソニーからXperiaの最新作Xperia XZ3が発表されました!

今回も日本ではdocomoとauとソフトバンクから供給されることが予想されます。さらにもちろんSIMフリー版という選択肢もあります!

そこで、あなたはXperia XZ3のどのモデルを買えば良いのか一緒に考えてみましょう!

スポンサーリンク

Xperia XZ3のスペックの確認

まずはXperia XZ3のスペックを見ていきましょう。

Xperia XZ3のスペック

Xperia XZ3

Xperia XZ3
OS Android 9.0 Pie
画面サイズ 6インチ
解像度 2880×1440
ディスプレイ Quad HD+ P-OLED
プロセッサ Snapdragon 845
RAM 4GB
内蔵ストレージ 64GB
microSD 対応
前面カメラ 13MP、f/2.2
背面カメラ シングルカメラ
13MP、f/1.9
認証センサー 指紋認証
バッテリー 3330mAh
サイズ 158 x 73 x 9.9mm
重さ 193g
その他 IP65/68防水防塵

Xperia XZ3はOSとしてAndroid Pieを一番乗りで採用しています。

他にはようやくディスプレイに有機ELを採用といった変化があります。

Xperia XZ3の発売日はいつ?

  • グローバル:ヨーロッパで間もなく予約受付開始
  • docomo:未定
  • au:未定
  • ソフトバンク:未定

グローバル版は間もなく予約開始です!国内版も早く発売して欲しいところ!

ドコモ版の発売日は?

おそらくドコモの2018年秋冬モデルとして発売されるんでしょう!

昨年のXperia XZ1の時は2017年11月10日に発売でした。

au版の発売日は?

au版も同じく2018年秋冬モデルとして発売されるのでは?

Xperia XZ1の時はdocomoと同じ2017年11月10日に発売でした。今回も発売日は合わせてくるんでしょうね。

ソフトバンク版の発売日は?

ソフトバンク版も同じく2018年秋冬モデルとして発売されるでしょう。

Xperia XZ1の時はdocomo・auと同じ2017年11月10日に発売でした。完全にグルですね。

Xperia XZ3の価格は?

まだ価格は出ていません。Xperia XZ2は10万円ぐらいだったので、今回もそれぐらいかと思われます。

Xperia XZ3は何版(docomo、au、SIMフリー)を買うべきか

ここからはあなたが使っている通信会社ごとにどのモデルを買うべきか見ていきましょう。

この記事は技適認証を受けていない端末の使用を推奨するものではありません。

Xperia XZ3の各モデルの対応周波数

まずは本体の対応周波数です。

まだ発表になっていないためXperia XZ2の対応周波数を載せています。Xperiaシリーズは毎回ほぼ変わらないので概ねこれで参考にできると思います。

docomo版
Xperia XZ2
SO-03K
au版
Xperia XZ2
SOV37
ソフトバンク版
Xperia XZ2
グローバル版
Xperia XZ2
(H8216,H8266)
バンド1(2.0GHz) docomoのメインバンド、auの山間部や田舎、SoftBankのメインバンド
バンド2(1.9GHz)
バンド3(1.7GHz) docomoの東名阪、SoftBankが使用、ワイモバイルのメインバンド
バンド4(AWS)
バンド5(850MHz)
バンド7(2.6GHz)
バンド8(900MHz) SoftBankのプラチナバンド
バンド11(1.5GHz) auが使用、SoftBankが使用
バンド12(700MHz)
バンド13(700MHz)
バンド17(700MHz)
バンド18(800MHz) auのメインバンド
バンド19(800MHz) docomoのプラチナバンド
バンド20(800MHz)
バンド21(1.5GHz) docomoの北海道、東北、四国、北陸
バンド25(1.9GHz)
バンド26(800MHz)
バンド28(700MHz) docomoのプラチナバンド、auのプラチナバンド、SoftBankのプラチナバンド
バンド29(700MHz)
バンド32(1.5GHz)
バンド38(2.6GHz)
バンド39(1.9GHz)
バンド40(2.3GHz)
バンド41(2.5GHz) auのWiMAX2+、SoftBankのAXGP
バンド42(3.5GHz)

docomo・もしくはdocomo系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:当然問題なく使えます。
  • au版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、docomoのプラチナバンドであるバンド19に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • ソフトバンク版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、docomoのプラチナバンドであるバンド19に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

au・もしくはau系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:auのメインバンドであるバンド18に未対応の為実質使えません。
  • au版の本体:当然問題なく使えます。
  • ソフトバンク版の本体:auのメインバンドであるバンド18に未対応の為実質使えません。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

SoftBank・もしくはSoftBank系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、SoftBankのプラチナバンドであるバンド8に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • au版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、SoftBankのプラチナバンドであるバンド8に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • ソフトバンク版の本体:当然問題なく使えます。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

Xperia XZ3の白ロムの購入方法

まだXperia XZ3は発売されていませんが、発売後は下記の方法で購入できます。

Xperia XZ3の白ロムの購入方法は4パターンあります。

  1. イオシスやゲオやムスビーなどの白ロム通販ショップから購入
  2. Amazonや楽天やヤフーショッピングなどで出品されているショップから購入
  3. ヤフオクやメルカリなどでオークションで入手
  4. 海外通販サイトから個人輸入

上から順に入手が簡単で、一番おすすめは1番のゲオやムスビーなどの白ロム通販ショップからの購入です!

理由はなんといっても専門の通販ショップなので一番安心できることです。

ヤフオクやメルカリでは相手が個人なので揉めることもしばしばありますが、白ロム通販ショップなら相手はお店ということでその心配はありません。

個人輸入は購入時もそうですし、トラブった時に英語の問題が立ちはだかります。

ということで特に初心者の方には下記の白ロム通販サイトがおすすめです!

各ショップともに各キャリア版(ドコモやauやソフトバンク)もグローバル版もありますので探してみてください!

イオシスから購入

イオシスはかなり早く入荷することが多いので発売直後はこちらをチェックです!



ゲオから購入

ご存知ゲオはスマートフォンの取扱いがとにかく豊富!そして実店舗もたくさんありますし安心できます!

ゲオマート【GEO-MART】

ムスビーから購入

ムスビーは国内No.1の中古スマホ取扱い専門店ですのでこちらも安心です!



Amazonや楽天やヤフーショッピングから購入

各ショップが出品している本体も購入可能です!

グローバル版の海外輸入の方法

グローバル版の海外輸入の方法はこちらに記事にしました!

Xperia XZ3発売前に買い忘れはありませんか?

下記のリンクからGalaxy Note 9のケースやフィルムを直接探せます!

Xperia XZ3のケースを探すならこちらから!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事