本日Apple「WWDC2017」で発表された内容のまとめと感想

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

さて、本日Appleの開発者カンファレンスであるWWDC2017が開かれました。

そこで例年通り多数の発表がありましたので、その内容のまとめと個人的な感想についてです。

スポンサーリンク

今回発表されたもの

今回は大きく分けて「新しい製品群およびソフトウェア」と「既にある製品群のリニューアル」が発表されました。

新しい発表

・HomePod:Siri搭載据え置きスピーカー、349ドル

・iMac Pro:5Kディスプレイ、CPUにXeon搭載の最強Mac、4999ドルから

・新 iPad Pro:新CPUであるA10X Fusion搭載、10.5インチモデル追加

・iOS 11:コントロールセンターのレイアウト変更。Siriの強化。iPad向けに画面分割マルチタスク、ドラッグアンドドロップなどファイル操作が大幅進化。ファイル管理アプリFilesなども追加

・High Sierra:新macOS、VR対応

既にある製品群のリニューアル

・MacBook Proシリーズ:CPUがKaby Lake世代のものに変更。スペックアップの上に値下がり。13インチモデルが14万2800円から、15インチモデルが25万8800円から。

・MacBook 12インチモデル:Core i5/i7モデル追加。

・iMacシリーズ:CPUがKaby Lake世代のものに変更。

感想

ここからは個人的な感想です。

HomePod

HomePodは非常に面白いですが、少し様子見ですね。

今自分はiPhoneのSiriも機能を切っており、そこまで必要性を感じていません。

しかし、それは外でiPhoneに話しかけるという行為を煩わしい(お恥ずかC)と感じているだけで、家の中でスピーカー相手なら変わってくるかもしれません。

家でさっと音楽を聞きたいことはよくあるので、それがどれぐらいスムーズに再生できるかというところに注目したいです。

iOS 11

Androidでは普通にできていたファイル管理がようやくiOSでもできるようになるんですね。

え?iPadだけですか?ということで、まだまだAndroidは手放せなさそうです。

写真撮影での長時間露光などもおもしろそうですが、iPhoneのカメラはメモ代わりと思っているのでなんとも言えません。

MacBook Pro

正直、新MacBook Proはかなり欲しいです。リニューアル前の時点で相当欲しかったのですが、順当に進化された上に値下がりということで、かなり揺らいでおります。

MacBook 12インチ

今回一番驚いたのはMacBook 12インチのリニューアルです。

MacBook Proも相当欲しいのですが、MacBookにCore i5/i7が乗るということでこちらもかなり悩ましい存在です。

機動性のことを考えるとMacBook12インチが良かったのですが、非力なことだけが悩みでした。

しかし、Core i5/i7が乗ってしまうと話は別ですよね。

ファンレスは維持しているのでしょうか?

かなり気になる存在です。

まとめ

HomePodは様子見。

iOS11はiPhone向けはそれほどでも。

MacBook ProとMacBook 12インチはかなり悩ましい存在。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事