WordPressの改行や段落が消える不具合の対処にはご注意!

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

さて、私はいま非常に落胆しております。

というのもブログで下手をこいてしまったからなのです。

スポンサーリンク

過去記事の改行や段落が無くなった!

今回やってしまったのはこれまで書いた記事の改行や段落が全て消えてしまったのです。

こちらは改行や段落が消える前の状態。

もちろんですが改行や段落がありますね。

こちらが改行や段落が消えた後の状態。

最悪ですね。レイアウトが崩れまくっています。
特にこのページなんてセットリストを扱っているので改行がないと読みにくくて仕方ありません。

これはどういうことかと言いますと、このブログはWordpressを使ってhtmlで書いています。

その各記事の段落を表すコードである<p></p>や改行を表すコードである<br />が全て消えてしまったのです。

何故そうなったのか

今回なぜこういうことになったのかと申しますと、実は先日あるプラグインを入れたんですね。

プラグインというのはブログの管理や編集に追加で機能を与えるプログラムのようなものです。

その追加したプラグインというのが「TinyMCE Adbanced」というものです。

なぜこのプラグインを追加したのかといいますと、Wordpressの仕様というかバグに対処しようとしたのです。

WordPressの謎仕様によりエディタ切替時に改行や段落コードが表示されない

その仕様というのが「テキストエディタ」から「ビジュアルエディタ」へタブを切り替えた時に、テキストエディタで入力した段落を表すコードである<p></p>や改行を表すコードである<br />が表示されないというものです。

こちらがテキストエディタ

コードを直接記述しながら編集していくモードです。

こちらがビジュアルエディタ

コード入力なしで編集していくモードです。

WordPressは「テキストエディタ」→「ビジュアルエディタ」に切り替えた後に再度「テキストエディタ」で確認すると<p></p>や<br />が消えるんですね。

「TinyMCE Adbanced」で改行コードが消える不具合を解決!

これを解決するのが「TinyMCE Adbanced」というプラグインです。

まず「TinyMCE Adbanced」を検索してインストールします。

そして「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」→「TinyMCE Adbanced」→「設定項目」→「段落の保持」にチェックを入れます。

これでエディタの切り替えをしても<p></p>や<br />が消えることが無くなりました。

しかし過去の記事の<p></p>や<br />が記述されていないことを発見

これでしっかり改行も段落も確認しながら作成できるぜHey Heyと調子に乗っていたところ、数日後異変に気づきます。

「あれ、私の過去記事レイアウト崩れすぎ?」

なんと過去記事を見たところ改行や段落を全く知らないおバカが書いたように変わり果てていたのです。

「まさか乗っ取り?」

そんなことも頭を一瞬だけよぎりましたが、まずはエラーの切り分けから始めていくことに。

すると明らかにプラグインを入れた前後の記事で変化が見られました。

「あいつ(TinyMCE Adbanced)め!余計なことをしてくれおって!」

そうならないためにどうすべきか

これは残念ながら過去記事を修正覚悟で早いうちから導入するべきじゃないですかねとしか言えません。

このブログはどう対応するのか

これからちまちまと修正していきますよ!

この夏は<p></p>と<br />づくしになりそうです!

しばらく過去記事は見にくい(醜い)状態が続きますがお許しください!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事