(レビュー)HUAWEI P20 Proはカメラ好きなら絶対買うべきモデル!

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

ついに発売されたHUAWEI P20 Pro!!

HUAWEIといえば今や世界第3位のスマートフォンメーカー!

今回のP20 Proはなんと3つのカメラを搭載したり、とにかくカメラに力を入れた機種になっているんです!

カメラが趣味でもある私としては買わずにはいられませんでした!

ということで早速P20 Proのレビューに参りましょう!

スポンサーリンク

目次

HUAWEI P20 Proのスペック

HUAWEI P20 Proのスペックを見てみましょう!

内容 P20 Pro
OS Android 8.0
SoC kirin 970
メモリ 6GB
保存容量 128GB
MicroSD 非対応
ディスプレイ 6.1型 有機EL
解像度 2240×1080
アウトカメラ 40MP(カラー)+20MP(モノ)+8MP(望遠光学3倍)
AF 位相差AF+レーザーAF
手ブレ補正 6軸手ブレ補正
ズーム 5倍ハイブリッドズーム
インカメラ 24.8MP
バッテリー容量 4000mAh
ポート USB Type-C
カラー Twilight、Pink Gold、Midnight Blue、Black
サイズ 155×73.9×7.8
重量 180g
防水防塵 IP67

CPUのKirin 970は8コア8スレッドでGalaxy S8などに搭載されるSnapdragon 835がライバルとなるものです。

つまり性能的にはGalaxy S8あたりと同レベルの超ハイスペックということ!

使っていて、おいおいなにフリーズしてんだよこの野郎的なモデルではありません!

HUAWEI P20 Proを販売しているのは国内ではdocomoだけ!

今回P20 Proを国内で販売しているキャリアはdocomoだけ(ドコモダケ)なんです!

出典:docomo

いやビシッじゃねーよ!何独占しちゃってんのよ。

エントリーモデルやミッドレンジモデルになるP20やP20 Lightはその他のキャリアから出てるのに!!

グローバル版HUAWEI P20 Proの個人輸入方法

国内ではdocomoからしか提供されていませんが、グローバルならSIMフリー版がある!

ということで、グローバルSIMフリー版の輸入の方法はこちらに記事にしています!

Galaxy S9の時の記事ですが方法は一緒です!

docomo版P20 Proは格安SIMで使用できる?

docomo系の格安SIMなら余裕でできます。余裕も余裕。

かくゆう私もmineoのDプランで運用しています。

このように格安SIMのAPNを設定すれば使えます。こちらはmineoのAPNをP20 Proで設定した画面です。

SIMフリー(グローバル)版 P20 Proは格安SIMで使用できる?

※本記事は技適を受けていないスマートフォンの使用を推奨している記事ではありません。

こちらがSIMフリー(グローバル)版 P20 Proの対応バンドです。

  • LTE:B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B7 / B8 / B9 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 
    B32 / B34 / B38 / B39 / B40
  • WCDMA:B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19

docomoのLTEで必要なバンド1、19。auのLTEで必要なバンド18、28。ソフトバンクのLTEで必要なバンド1、8、28の全てを満たしています。

つまり国内全てのキャリアのLTEネットワークに対応しているということですね。めちゃくちゃ優秀。できる子だわ。

引用:Expansys

ちなみにこちらはExpansysの対応表です。こちらでも合格となっています。

各キャリアの周波数はこちらの記事をチェック!

HUAWEI P20 Proのフォトレビュー

それでは早速P20 Proを見ていきましょう!

今回購入したのはdocomo版です。

P20 Proの付属品

まずは付属品一式を見てみましょう。

今回からイヤホンジャックが無くなってしまったので、USB C→イヤホンジャック変換コネクタなどがついています。

また面白いのはUSB C→micro SDリーダーもついてくるということ!なかなか見ませんよね。

ただこんなものつけるぐらいなら初めからイヤホンジャックつけてmicro SD対応にしとけやコラァ!と思うわけです。

HUAWEI製品には大体ついてきますが、今回もクリアケースが付属してきます!

これはめちゃくちゃ嬉しいですね。さっきの怒りの拳はこれでチャラとしましょう。

HUAWEI P20 Proのデザイン

それではいよいよ本体を見ていきましょう!

やったぜ前面に指紋センサー!

まずは画面です。さすがに6.1インチの画面はめちゃくちゃ大きいです!

画面の下側に指紋センサーがあります。これは非常に良いポイントです。

最近は本体裏に搭載されることが多く、本体を持ちあげる→指を後ろに回すと1つ動作が増えていたのですが前に搭載されるとその必要がありません。

指紋センサーは絶対前!これ覚えておいて!

指紋センサーはホームボタンにもなる!しかもこの1ボタンでいろんな機能が!

設定→システム→システムナビゲーションから設定できるのですが、指紋センサーがホームボタンになるんです!

この画面外ナビゲーションボタンというのが指紋センサーをホームボタンに変える魔法の設定です!

指紋センサーを長押しするとホームに戻ります。

指紋センサーを軽く押すと戻ります。

指紋センサーを横にスライドさせるとアプリボタンと同じ動作をします。

このあたりの操作性はかなり作り込まれていますね!P20 Proは大画面端末ですがおかげで片手操作ができるんですよ!

これは本当に便利です!

あとはナビゲーションメニューというのもあって、iPhoneの画面に表示できる白い丸のアレ(Assistive Touch)的な機能です。

ノッチはしょうがないよね

そして上部はiPhone Xと同じくノッチがあります。インカメラとかセンサー類とかが集約されているあれですね。

最近の大画面端末のトレンドだから仕方ないですね。あきらめモードです。

本体のカラーリングが見惚れるほど綺麗

背面を見てみましょう!

今回はミッドナイトブルーを購入しましたが、この色合が非常に綺麗で高級感があります!

HUAWEIって中国メーカーじゃないですか。昔は安っぽいイメージとかありましたが、今は全然違いますね!!

このかっこよさなら胸を張ってHUAWEIだと言えますよ!

ころころ主張が変わる私のほうが安っぽいって??

うるせえ!!

側面はシルバーでこのツートンカラーがまたすごくマッチしています!

P20 Proは背面の仕上がりがほんと絶妙なんで、できればクリアケースを使用して欲しいですね!

良い体なんだから見せてこう的なね!夏だし!

出ましたトリプルカメラ!

P20 Proの一番の売りトリプルカメラです!

右から8MP(望遠光学3倍)、40MP(カラー)、20MP(モノ)カメラが並んでいます!その下は色温度センサーとフラッシュです!こいつらが実に良い仕事をするんですよ!!

カメラ機能については後述するのでお楽しみに!!

イヤホンジャックが無くなったのは残念

底面にはUSB C端子とスピーカーのみです!

イヤホンジャックが無くなったのが本当に残念です!これもしょうがないんですかね。辛い時代です。

その点Galaxy S9は良かったなぁ・・・(遠い目)

P20 Proは片手で操作できる?

P20 Proはかなり大型サイズの機種です!

このように片手でなんとかホールドできるという感じですが、前述した通り指紋センサー1つでホームボタンや戻るボタンの代わりになるので、片手で操作は案外できます!

これはUIがよく考えられていますね!

P20 Proの期待のカメラはAIが本当に優秀!

P20 Proを購入する目的のほとんどがカメラだと思いますが、そのカメラ性能は本当に優秀なんです!!

まあまあ百聞は一見にしかず!P20 Proの写真を見ていってくださいな!

P20 Proの青空モード

これはP20 Proの青空モードで撮った写真です。

といってもカメラを被写体に向けただけで勝手にモードを判別してくれるんです!

この時もカメラをタワーに向けた途端に青空モードに切り替えてくれました!P20 ProのAIめちゃ賢い!

しかもこの画力ね!!良い感じで空の彩度を上げてくれています!無加工でも作品のようです!

P20 Proのフードモード

お次はフードモードです!

屋台のたいらぎ(福岡でメジャーな貝)を撮ろうとしたら、これまた一瞬で食事だと判別してくれました!

良くわかったなP20 Pro!!

しかも色温度の調整が絶妙でうまく屋台感とたいらぎの美味そう感が撮れています!

P20 Proのポートレートモード

これはP20 Proのポートレートモードです!

いい感じですしざんまいの社長にピントが合って後ろがしっかりボケています!

しかもこれ夜ですからね!

P20 Proのカメラは本当にすごい!!!

カメラの為に買ったんですが、本当に買ってよかったです!

これなら加工なしで撮って出しでいきなりInstagramにアップできそうです!

ちなみにiPhone 8やGalaxy S9と撮り比べた記事を後日更新予定ですのでお待ちください!

P20 Proのバッテリー持ちはかなり良い!しかしワイヤレス充電に非対応なのが残念!

P20 Proのバッテリー持ちはめちゃくちゃ良いです!1日なんて余裕で持ちます!

P20 Proのバッテリー持ちをiPhone 8と比較!

試しにiPhone 8と比較してみました。

まずはP20 Proのバッテリー持ちです。

P20 Proのバッテリー持ち

朝6時から夜7時まで約13時間使っても82%も残っていますよ!!

お次は同じように使用したiPhone 8。

iPhone 8のバッテリー持ち

なんと同じように使用したのにこちらは61%まで減っています!!

どうですか!いかにP20 Proのバッテリー持ちが良いかお分かりでしょう!

しかしP20 Proにも弱点があります!

それはワイヤレス充電に対応していないということです!!

これは非常に残念!!

Galaxy S9の時はこのようにiPhone 8と Galaxy S9で1つのワイヤレス充電器を共用していたのですが、P20 Proではそれができなくなりました!

P20 Proのキーボードは入力しやすい!片手は難しいけど!

P20 Proはかなり横幅があるので文字入力は余裕も余裕です!

処理能力も速いので、ばーっと入力した時にもたついてちょっと待ってプレイバック的なことは全然ありません!

しかし片手で入力となると指自体は届くのですが、本体が重いので両手で支えはいりますね。

P20 Proのスピーカーはステレオでドルビーアトモス対応!

P20 Proは受話部からも音が出るステレオスピーカー!

それだけでなくなんとドルビーアトモスに新たに対応しました!

これでYouTubeなどもさらに迫力のあるサラウンドで楽しめるようになりました!

しかもすごいのが「スマート」を選択しておくと、これまたAIの力で再生中のコンテンツを自動で識別して映画や音楽向けに再生モードが切り替わるんです!!

いやほんとAIって何者だ!!

P20 Proの防水防塵について

P20 ProはIP67の防水防塵に対応しています。

これはiPhone 8とほぼ同等の「粉塵が内部に侵入しない、かつ規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響をうけない。」というかなり高いレベルの防水防塵機能です。

防水防塵性能についてはこちらに記事にしています!

HUAWEI独自のナックルジェスチャーにハマって画面をどつきまくれ!

個人的にP20 Proにして驚いたのが、HUAWEI独自のナックルジェスチャーです!

ナックルジェスチャー、なにそれって感じだと思いますが説明しましょう!

ナックルジェスチャーは設定→スマートアシスト→モーションコントロールの中にあります。

P20 Proのナックルジェスチャーは3種類

P20 Proのナックルジェスチャーは3種類あります。

  • スマートスクリーンショット
  • 描画
  • 画面分割ジェスチャー

どれもめちゃくちゃ便利ですが、1つずつ説明しましょう!

スマートスクリーンショットは画面コンコンでスクショできる!

これが一番便利かもしれません!

なんと画面を指の関節でコンコンと叩くとスクリーンショットができてしまうんです!!

電源ボタン+音量ボタンでもスクリーンショットはできるんですが、この画面コンコン、これめちゃくちゃ便利ですよ!

描画は画面に字を書くだけでカメラとかが起動できる!

描画は指関節で画面に文字を書くと指定したアプリを起動することができます!

カメラを起動する時はもっぱらこれで「c」を書いて起動させています!

ただ登録できる文字が「c」「e」「m」「w」だけなのが惜しいですね!

「ぬ」とか書きたい!!

画面に一文字で画面分割ジェスチャーだ!

指関節で画面に一文字を書くと画面分割ができます!

青の線がジェスチャーのラインです。

このように、例えばブラウザを見てるところから画面を一文字で切り裂くと!!

画面が割れた!!

画面が分割されます!!なんて便利なんでしょう!!

これでアプリを選べば2画面になります!

ナックルジェスチャー使い倒してください!

まとめ

トリプルカメラを活かしたカメラ機能は驚くべき描画力!カメラ好きなら是が非でも買いのモデルです!!

そして中国メーカーということを思わせない高級感たっぷりのボディ!

カメラ好きのあなたなら買って満足できるはず!!

HUAWEI P20 Proの白ロムの購入方法

HUAWEI P20 Proの白ロムの購入方法は4パターンあります。

  1. イオシスやゲオやムスビーなどの白ロム通販ショップから購入
  2. Amazonや楽天やヤフーショッピングなどで出品されているショップから購入
  3. ヤフオクやメルカリなどでオークションで入手
  4. 海外通販サイトから個人輸入

上から順に入手が簡単で、一番おすすめは1番のゲオやムスビーなどの白ロム通販ショップからの購入です!

理由はなんといっても専門の通販ショップなので一番安心できることです。

ヤフオクやメルカリでは相手が個人なので揉めることもしばしばありますが、白ロム通販ショップなら相手はお店ということでその心配はありません。

個人輸入は購入時もそうですし、トラブった時に英語の問題が立ちはだかります。

ということで特に初心者の方には下記の白ロム通販サイトがおすすめです!

各ショップともに各キャリア版(ドコモやau)もグローバル版もありますので探してみてください!

イオシスから購入

イオシスではSIMフリー・docomo版の在庫があります!



SIMフリー・docomo版 HUAWEI P20 Pro:74,800円~

ゲオから購入

ご存知ゲオはスマートフォンの取扱いがとにかく豊富!そして実店舗もたくさんありますし安心できます!

ゲオマート【GEO-MART】

ムスビーから購入

ムスビーは国内No.1の中古スマホ取扱い専門店ですのでこちらも安心です!



Amazonや楽天やヤフーショッピングから購入

こちらから各ショップが出品している本体も購入可能です!

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥88,880 (2018/09/23 15:24:30時点 Amazon調べ-詳細)

グローバル版の海外輸入の方法

グローバル版の海外輸入の方法はこちらに記事にしました!

HUAWEI P20 Proと一緒に買い忘れはありませんか?

下記のリンクからHUAWEI P20 Proのケースやフィルムを直接探せます!

HUAWEI P20 Proのケースを探すならこちらから!

HUAWEI P20 Proのフィルムを探すならこちらから!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事