iPhone XSは何版(docomo、au、ソフトバンク、アップルストア国内SIMフリー、海外版)を買うべきか?

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

世界のAppleが繰り出した今年のフラッグシップiPhoneといえばiPhone XS!

iPhone XS

iPhone Xから直実に進化した今回のモデル、欲しくなるのは人間の性!

iPhone XSはもちろん超売れ筋なので日本ではドコモ、au、ソフトバンクと大手キャリア全てで発売されています。

そしてアップルストアで販売されているSIMフリー版、さらに海外で売られているグローバル版もあります!

もうこれだけあるとiPhone XSと言ってもどのモデルを選んだら良いのかわかりませんよね!

ということでどのモデルのiPhone XSを買えば良いのか解説していきましょう!

スポンサーリンク

iPhone XSのスペック

まずはiPhone XSのスペックを見ていきましょう。

項目 iPhone XS
OS iOS 12
プロセッサ A12 Bionicチップ
サイズ(幅×高さ×奥行き) 70.9×143.6×7.7mm
重量 177g
ディスプレイ 5.8インチ Super Retina ディスプレイ
解像度 2436×1125
メインメモリ 4GB
セキュリティ Face ID
バッテリー容量 2658mAh
アウトカメラ デュアルカメラ
12MP、f/1.8
12MP、f/2.4
インカメラ 7MP、f/2.2
防水・防塵(じん) IP68
内蔵ストレージ 64/256/512GB
外部ストレージ 非対応

さすが世界のiPhoneのフラッグシップモデル!

抜かりない仕様に仕上がっています!

iPhone XSの個人的なお気に入りポイントは画面占有率が高いところ!他のスマートフォンより小さなボディで大きな画面を確保できているんです!

詳しいことはまたレビューを書く予定です!

iPhone XSの日本での発売日はいつ?

iPhone XSはドコモ、au、ソフトバンク、アップルストアともに2018年9月21日発売です。

iPhone XSの価格は?

iPhone XSの価格をみていきましょう!

グローバル版のiPhone XSの価格

まずはiPhone XSのグローバル版の価格です。

日本語対応で使いやすい海外販売サイトEXPANSYSの価格です。

iPhone XS

画像:EXPANSYS

ゴールド256GBで142,835円です。(2018年10月5日現在)

やはりけっこうな値段しますね!

iPhone XSの白ロム価格

国内で安心できる超大手白ロム専門店イオシスでの白ロム価格を見てみましょう。

iPhone XS

画像:イオシス

なんと最も安いソフトバンク版の64GBでは新品にもかかわらず109,800円という価格!普通にアップルストアで買うより安い!

iPhone XS

画像:イオシス

SIMフリー版でも129,800円という価格ですね!

価格は日々変動しますので、下記リンクから最新のものをご覧ください!

イオシス:Apple iPhone XS 109,800円~

iPhone XSは何版(国内SIMフリー、グローバル版)を買うべきか

ここからはあなたが使っている通信会社ごとにどのモデルを買うべきか見ていきましょう。

iPhone XSの各モデルの対応周波数

各モデルの本体の対応周波数です。

docomo版 A2098 au版 A2098 ソフトバンク版 A2098 アップルストア国内SIMフリー版 A2098 グローバル版 A1920
バンド1(2.0GHz) docomoのメインバンド、auの山間部や田舎、SoftBankのメインバンド
バンド2(1.9GHz)
バンド3(1.7GHz) docomoの東名阪、SoftBankが使用、ワイモバイルのメインバンド
バンド4(AWS)
バンド5(850MHz)
バンド7(2.6GHz)
バンド8(900MHz) SoftBankのプラチナバンド
バンド11(1.5GHz) auが使用、SoftBankが使用
バンド12(700MHz)
バンド13(700MHz)
バンド17(700MHz)
バンド18(800MHz) auのメインバンド
バンド19(800MHz) docomoのプラチナバンド
バンド20(800MHz)
バンド21(1.5GHz) docomoの北海道、東北、四国、北陸
バンド25(1.9GHz)
バンド26(800MHz)
バンド28(700MHz) docomoのプラチナバンド、auのプラチナバンド、SoftBankのプラチナバンド
バンド29(700MHz)
バンド32(1.5GHz)
バンド38(2.6GHz)
バンド39(1.9GHz)
バンド40(2.3GHz)
バンド41(2.5GHz) auのWiMAX2+、SoftBankのAXGP
バンド42(3.5GHz)

iPhoneはどのキャリアで買っても元は同じモデル!

上の表を見てもらえればわかるとおり国内のドコモ、au、ソフトバンクのどのキャリアで買っても実は同じモデルなんです!

国内アップルストアで買えるA2098というモデルに各社SIMロックをかけているだけなんです!

なのでSIMロックを解除してしまえば全部同じ!つまりどのキャリアでも使えるのは当然なんです!

ということを踏まえて、各社の本体と通信会社との相性を見ていきましょう!

docomoのSIMもしくはdocomo系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:当然問題なく使えます。
  • au版の本体:問題なく使えます。SIMロックの解除が必要です。
  • ソフトバンク版の本体:問題なく使えます。SIMロックの解除が必要です。
  • アップルストア国内SIMフリー版の本体:問題なく使えます。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。プラチナバンドであるバンド28に未対応なので弱いところはあるかもしれません。

auのSIMもしくはau系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:問題なく使えます。SIMロックの解除が必要です。
  • au版の本体:当然問題なく使えます。
  • ソフトバンク版の本体:問題なく使えます。SIMロックの解除が必要です。
  • アップルストア国内SIMフリー版の本体:問題なく使えます。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。プラチナバンドであるバンド28に未対応なので弱いところはあるかもしれません。また3Gと3Gでの通話は使えません。

ソフトバンクのSIMもしくはソフトバンク系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:問題なく使えます。SIMロックの解除が必要です。
  • au版の本体:問題なく使えます。SIMロックの解除が必要です。
  • ソフトバンク版の本体:当然問題なく使えます。
  • アップルストア国内SIMフリー版の本体:問題なく使えます。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。プラチナバンドであるバンド28に未対応なので弱いところはあるかもしれません。

iPhone XSの白ロムの購入方法

iPhone XSの白ロムの購入方法は4パターンあります。

  1. イオシスやゲオやムスビーなどの白ロム通販ショップから購入
  2. Amazonや楽天やヤフーショッピングなどで出品されているショップから購入
  3. ヤフオクやメルカリなどでオークションで入手
  4. 海外通販サイトから個人輸入

上から順に入手が簡単で、一番おすすめは1番のゲオやムスビーなどの白ロム通販ショップからの購入です!

理由はなんといっても専門の通販ショップなので一番安心できることです。

ヤフオクやメルカリでは相手が個人なので揉めることもしばしばありますが、白ロム通販ショップなら相手はお店ということでその心配はありません。

個人輸入は購入時もそうですし、トラブった時に英語の問題が立ちはだかります。

ということで特に初心者の方には下記の白ロム通販サイトがおすすめです!

各ショップともに各キャリア版(ドコモやau)もグローバル版もありますので探してみてください!

イオシスから購入

イオシスではdocomo版、au版、ソフトバンク版、国内SIMフリー版、海外SIMフリー版ともに在庫があります!



イオシス:Apple iPhone XS 109,800円~

ゲオから購入

ご存知ゲオはスマートフォンの取扱いがとにかく豊富!そして実店舗もたくさんありますし安心できます!

ゲオマート【GEO-MART】

ムスビーから購入

ムスビーは国内No.1の中古スマホ取扱い専門店ですのでこちらも安心です!



Amazonや楽天やヤフーショッピングから購入

こちらから各ショップが出品している本体も購入可能です!

グローバル版の海外輸入の方法

グローバル版の海外輸入の方法はこちらに記事にしました!

iPhone XS購入前に買い忘れはありませんか?

下記のリンクからiPhone XSのケースやフィルムを直接探せます!

iPhone XSのケースを探すならこちらから!

iPhone XSのフィルムを探すならこちらから!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事