(お得)iPhone Xを格安SIMで使うにはどこのキャリアの白ロムが良い?

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

iPhone Xが発売されてから約2ヶ月が経ちました。

供給もだいぶ追いつき白ロムの価格も落ち着いてきました。

ということでiPhone Xの白ロムを購入して格安SIMで運用しやすい時期になってきました。

今回はどのiPhone Xの白ロムが最もお得に運用できるかを解説します!

スポンサーリンク

iPhone Xの白ロムの種類は5種類

iPhone Xの白ロムの種類は大きく分けて次の5種類です。

  • 日本国内アップルストアで購入したSIMフリー版iPhone X
  • docomo版iPhone X
  • au版iPhone X
  • ソフトバンク版iPhone X
  • 海外版iPhone X

先に結論を言いますと最もお得に運用しようと思うとdocomo版iPhone Xを購入するのが良いです。

各モデルのiPhone Xの価格

ヤフオクやその他ショップで白ロムを購入しようとすると次の順番に価格が高いです。

  1. 海外版iPhone X
  2. 日本国内アップルストアで購入したSIMフリー版iPhone X
  3. docomo版iPhone X
  4. au版iPhone X≒ソフトバンク版iPhone X

海外版iPhone Xが最も価格が高く、最も安いのはau版≒ソフトバンク版iPhone Xです。

それではそれぞれのiPhone Xの特徴を見てみましょう。

日本国内アップルストアで購入したSIMフリー版iPhone X

日本国内のアップルストアもしくはヤフオクやその他ショップでは「SIMフリー版」と表記して販売されているiPhone Xです。

docomo、au、ソフトバンクで使えますし、格安SIM(docomo回線、au回線、ソフトバンク回線)でも使えて最も使い勝手の良いモデルになります。

ただし、価格は高価です。

理由はアップルストアで購入すればガチガチの定価ですし、その他ショップでも他よりも高めに設定されているからです。

これを買っておけば間違いない分高い。これはしょうがないでしょう。

docomo版iPhone X

一番お得に運用しやすいiPhone Xです。

理由はdocomo回線は格安SIMで一番使用されており運用する時にSIMロック解除無しで使えるからです。

au版iPhone X

au版iPhone Xの白ロムはdocomo版よりも5000円~10000円近く安く価格設定されていることが多いです。

しかしauで使う人以外はやめておいたほうが良いです。

理由はauは2017年12月までは購入した本人でなくてもSIMロックを解除することができました。

その為、docomo版よりも安く本体を手に入れてSIMロックを解除してdocomo回線の格安SIMで使うというのが最もお得だったのですが、12月の改悪のせいでその技が使えなくなってしまいました。

関連記事:今後はauでも中古端末のSIMロック解除が不可能に。

ということで今はau版iPhone Xは使い勝手が悪いのでやめておきましょう。

ソフトバンク版iPhone X

ソフトバンク版iPhone Xの白ロムは最も安く手に入りますが、使える回線が限られているのでやめておきましょう。

ソフトバンク回線の格安SIMも出てきていますが、docomo回線を使う格安SIMよりも割高なのでわざわざ選ぶ理由がありません。

海外版iPhone X

一部モデルではカメラやスクショのシャッター音がしないなどのメリットはありますが、その分本体価格が一番高価になります。

SIMフリーなので使い勝手は良いですが、モデルによって使える周波数が違うのでよく調べて購入する必要があります。

そもそも本体価格が高いのでお得ではありません。

シャッター音が気になるのであれば、シャッターを切る瞬間に大声を出すなどしてごまかして乗り切りましょう。

まとめ

一番お得に運用できるのはdocomo版iPhone Xの白ロムと格安SIM(docomo回線)の組み合わせです。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事