お得にiPhone7に乗り換える方法!

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

こんにちジョージ!
ジョージです。

スポンサーリンク

うっかりiPhone7を購入

本当にいまさらながら、iPhone7を購入しちゃいました!(やっちゃった)

でも、今iPhone6sをメイン端末として使ってるんですよね。

それを完全に出来心というか、火遊び的な感じで乗り換えてしまいました。

今現在の使用端末

今持ち歩いている端末は2つだけで、

iPhone6s(メイン端末)、Galaxy S6 edge(サブ)という構成です。

どちらも格安SIM(MVNO)のmineoで運用しています。

今回はこのiPhone6sをiPhone7に乗り換えます。

そもそも携帯電話って何?iPhoneって何?っていう人は置いていきますよ!義務教育じゃないのでね!

手持ちのiPhone6sの素性

あんたの素性ばらしてやるよって感じで、ばらしてやりましょう!

iPhone 6sは今年の2月にヤフオクにて購入したばかりです。

その時は4万円前後で購入しました。

docomo版の64GBで、SIMロックはかかったままです。(がんじがらめのEVERY DAYです。)

どうすればお得になるのか

まず、au版のiPhone7を手に入れます。

入手先はヤフオクでも白ロムを売っているショップでも構いませんが、

重要なのはau版を購入することです。

なぜau版が良いのかというと、

一般的な格安SIM(MVNO)はdocomo回線を利用しているのがほとんどであるため、

白ロムの相場もSIMフリー版かdocomo版が若干高い傾向にあり、

au版はその5,000円~10,000円ほど安くなりがちなんですね。

ここで重要なのは、ソフトバンク版もその傾向もありますが、au版ということです。何故かは後ほど覚えていたら説明します。

今回私もau版128GBのiPhone7を5万円程度で入手できました。

現在のau版iPhone7の相場は50,000〜60,000円というところです。

SIMロック解除について

白ロムを入手したら、SIMロックを解除しておきたいのはもはや人の定め(本能)でしょう。

しかし、ここでも各社対応が異なっています。

docomo:契約者本人がSIMロック解除する必要がある。

ソフトバンク:契約者本人がSIMロック解除する必要がある。

au:契約者でなくても、購入日から181日以降であればネットからでも解除可能。

なんと、auはネットからiPhoneのIMEI(個体番号のようなもの)を入力することで無料で解除でできるんです!むむむ!(博多華丸の川平慈英で)

残ったiPhoneはいずこへ

そして、Apple製品全般ですが、非常にリセールバリューが高いんですね!
つまり、中古でも欲しい人が多い為、購入した値段から売却時の値段の差が少ない!

ということで、iPhone 6sはヤフオクや専門買取屋さんを経由して、次の欲しい方へ譲ることにします。

iPhone6sの64GB、docomo版であれば現在の相場は3〜4万円前後です。

まとめ

・au版のiPhone7を入手。(速攻でDASH)

・auのサイトからSIMロックを解除する。(181日以上経過するのを指折り数えてください。)

・元のiPhone6sを売却。

かかった金額

・乗り換え前のiPhone6s売却額:30,000〜40,000円前後

・乗り換え後のiPhone7購入額:50,000〜60,000円前後

差額:10,000〜20,000円前後

うむ、うまくいけばたった10,000円で購入できるなんて超超超いい感じですね。(Yeah×2)

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事