iPhone SE 128GBが欲しい。UQmobile、Y!mobile、格安MVNO、docomo、どの契約が良いか比較してみる。

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4
スポンサーリンク

はじめに

まず最初に自分は現在メイン端末としてiPhone6s、サブとしてGalaxy S6 edgeをMVNOのmineoで運用している。前回の記事のドラえホンを持ち歩いている訳ではない。

そのメイン端末をiPhone SEに置き換えたいと思っていた矢先に、4月8日からUQmobileでもiPhone SEの128GBが発売されるというニュースが飛び込んできたのである。

また、最近UQmobile、Y!mobileの勢いが凄いため、一度契約してみるのもアリではないかと考えている次第なので、それぞれで運用した場合の金額を比較してみることにした。

なお自分は桐谷美玲が可愛くて好みであるため、Y!mobileに有利にはたらく可能性は否定できない。

運用方法

メイン端末ではあるが、通話とLINEなどのメッセージアプリを主に使用する目的なので、プランは2~3GBもあれば十分なので、そのつもりで試算する。

端末の容量は128GBとする。
本体の色は人それぞれとする。

また、UQmobile、Y!mobile、docomoで運用する場合はMNPを利用することとする。

月額料金

それぞれの月額料金および総額は下の表を見て欲しい。

UQmobile、Y!mobileの2社はともに2年総額95,520円となった。
それに対し格安MVNOであるmineoの場合、2年総額92,040円となり、UQmobile、Y!mobile両社の金額とそれほど変わらないことがわかった。

Y!mobileの場合はこの金額になるのはMNPを利用した場合のみなので、新規契約の場合はもう少し割増となるので、MNPを利用しない場合はUQmobileのほうが若干お得となる。

UQmobile、Y!mobileと格安MVNOであるmineoの金額があまり変わらないのは意外であった。

au回線で速度も速いUQmobile、ソフトバンクのMNOであり回線も速い上に安定しているY!mobile、au・docomo回線どちらも選べ他機種も含めた運用の場合、使い勝手の良いmineoのいずれかを選ぶのは正直その人の使い方次第としか言えない。

docomo等のキャリアに関しては3社の2倍近い金額である、2年総額156,000円になる為、よっぽどショップでのサポート等が必要か、インフラに投資するつもりでない限りは利用したいとは思えない。

まとめ

UQmobile、Y!mobile、mineo(格安SIM)を選んだ場合、総合的な金額には大きな差は無い。

後は回線の速度、安定性、他端末の運用状況、もしくは桐谷美玲派か深田恭子派かで決めることとする。

補足

ただし、2017年4月6日現在、iPhoneSE 128GBの供給が追いついておらず、Y!mobileにおいては入荷未定となっているのでカクゴして!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事