iOS11および次期macOSにてFLACのオーディオファイルをサポート

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

さて、先日Appleの開発者カンファレンスであるWWDC 2017が行われました。

その中で新製品関連についてはすでに記事にしたとおりです。

しかし、この中でしれっと気になる発表がされていました。

それは、次期iOSであるiOS11および次期macOSであるHigh SierraでFLACフォーマットのオーディオファイル再生を標準でサポートするという内容です。

FLACとは

FLAC(フラック、Free Lossless Audio Codec)は音声ファイルフォーマットの一つ。

可逆圧縮フォーマットであり、ファイルの圧縮にあたり音の劣化が発生しない。圧縮しているが元の情報に戻せるため、元の情報を保ちつつファイルサイズの圧縮に成功している。

mp3等は不可逆圧縮と呼ばれ一部情報を切り捨てながら圧縮する為、音質の劣化は避けられない。
FLAC等の可逆圧縮フォーマットはmp3等の不可逆圧縮フォーマットよりも音質が良い。

これまでAppleで可逆圧縮フォーマットといえば

これまでAppleでは可逆圧縮フォーマットといえばAppleロスレス(ALAC)という形式を採用していました。


しかし、正直なところALACはApple製品周辺でしか普及しておらず、独自規格のような形でした。

スポンサーリンク

FLAC対応で何が変わるか


FLACはいまや可逆圧縮フォーマットの中でもかなりメジャーであり、ハイレゾ音源の標準フォーマットとして相当普及しています。

そのため今後はそれまで標準では聴けなかったそういった音源の有効活用に期待がもてます。

自分もそれまで音源はmp3で保存していましたが、数年前からFLACのみで保存するように切り替えていました。
そういった音源が標準で聴けるようになるのは喜ばしい限りです。

iPhoneでもハイレゾ再生ができるのか?


これはちょっと早合点かもしれません。

なぜなら、今出てきているレポートによるとあくまでFLACの再生は出来たが、ハイレゾ音源はダウンコンバートされ標準音質で再生されたということです。

FLACの再生は可能だがハイレゾではないということですね。

また、iPhoneでのハイレゾ音源の再生については標準では対応していませんが、サードパーティ製のアプリなどを利用すれば現在でも可能です。

まとめ


FLACの標準再生に期待。

ハイレゾ音源については現時点では標準対応してなさそう。それも今後期待。

itunesでの対応にも今後期待。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事