Google Homeで私がよく使うコマンド7選

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

Google社のAIスピーカーGoogle Homeはたくさんコマンドがあり、それを使いこなせると非常に生活が楽しくなります。

Google Homeがうちに来てから本当に生活に潤いを増したと言っても過言ではありません。

朝起きてから出社前、それからうちに帰ってきてからブログを書いている時や寝る前に本を読みながら起動しています。

そんな楽しいGoogle Homeを活用するにはすべてコマンドと呼ばれる音声の命令から始まります。

コマンドは膨大にありますが、実際その全てを覚える必要はありません。自分に合ったコマンドだけ使いこなせれば十分です。

今回はそんなコマンドの中から私わだかつが普段使用しているコマンドを紹介していきます。

スポンサーリンク

音楽

まずは何はなくとも音楽は聴くでしょう。ということで音楽再生関係のコマンドです。

再生

  • 「何か音楽をかけて」
  • 「(アーティスト名)をかけて」
  • 「(曲名)をかけて」
  • 「(アーティスト名)の(曲名)をかけて」
  • 「(プレイリスト名)をかけて」

音楽は「~をかけて」もしくは「~が聴きたい」で聴くことができます。

この時、聴きたいアーティストや楽曲が決まっていれば指定することができます。決まっていない場合はかなりざっくりした注文でも受けてくれます。

そういった時に知らなかった曲や忘れていたような曲に出会えることもあります。

操作

  • 「次の曲」
  • 「音楽を止める」

次の曲に飛ばしたり音楽を止めることもコマンドでできます。

曲名

  • 「この曲は何?」

不意に出会った曲がどんな曲名かも教えてくれます。

タイマー

  • 「○分後に音楽を止める」
  • 「○時に音楽を止める」

普通のタイマーも別にありますが、こちらは音楽を止める時間を指定できます。

寝る前にこの言葉を叫んでおくだけで大丈夫!

音量

  • 「音量を(数字)上げる」
  • 「音量を(数字)下げる」

音量の調整も簡単です。しかも「音量を5上げる」や「音量を50%上げる」といった指定も可能です。

天気

  • 「今日の天気は?」
  • 「明日の天気は?」
  • 「今日は傘いる?」
  • 「明日の最低気温は?」
  • 「北海道の天気は?」

天気関係も無駄に充実しています。

かなりピンポイントに指定することもできるので、テレビの天気予報を見るよりもはるかに有益な情報を一瞬で手に入れることができます。

タイマー・アラーム

タイマー

  • 「○分後にタイマーをセット」

これはかなり便利です。ラーメンにお湯をいれた後や料理の最中にこのコマンドを叫ぶだけで手ぶらでタイマーがセットできます。

アラーム

  • 「○時にアラームをセット」

翌朝いつもと違う時間に起きないといけない時でも、これだけでバッチリアラームが始まります。

予定

  • 「今日の予定は?」
  • 「明日の予定は?」

朝出社前の支度中にこれを聞くだけでその日の予定が把握できます。

天気と予定の合わせ技で、なんとなく秘書を雇ったような気分になれます。

「○○クン、今日の予定を教えてくれ」的なね。

芸能人の着せ替えボイスも発売すれば良いと思います。私わだかつは中村静香クンのような秘書が欲しいので、中村静香クンボイスを出してくれれば買います!

YouTube

ここからはChromecastが必要になりますが、この合わせ技が非常に便利なんです!

  • 「(アーティスト名)の(曲名)の動画が見たい」
  • 「(動画タイトル)の動画が見たい」

YouTubeの動画タイトルを覚えていればその動画を探してきてテレビで流してくれます。

ちなみに曖昧検索も対応しているので、ふわっとしたタイトルで伝えても探してきてくれます。

「真野恵里菜のロマンティック浮かれモードの動画が観たい」で、(サッカー選手と熱愛の噂もある大女優の)真野恵里菜がハロコンでかつて披露したロマンティック浮かれモードの映像を探し出してきた時は驚きました。「良くわかったな!」と「(アップしちゃ)いかんでしょ」の両方の気持ちで。

テレビの電源

  • 「テレビをつけて」
  • 「テレビを消して」

これも地味な機能ですがかなり便利です。

テレビの電源がオフの状態から電源を入れてくれますし、逆に切ることも可能です。

家を出る前にリモコンを探すのも面倒な時にこのコマンド一つで済みます。

これまでいかに非効率なことをしてきたか実感

テレビの電源のコントロールが出来た時は、すごい未来が来た!と感じました。

これからは声で家電を操作できる時代です。この便利さは使ってみると今までいかに非効率な事をしていたのかという気になります。

スマートフォン操作に取られていた時間から我々を解放してくれる

今回挙げた機能はもちろん全てスマートフォンでもできることばかりです。

しかし、一度Google Homeを通して声で操作してみるとその即時性に驚きます。

これまでスマートフォンでGoogle Play Musicのアプリを立ち上げて、検索窓にアーティスト名を入力して、出てきたアーティストリストからアーティストを選択して、また楽曲リストから・・・といった動作が、声だと一瞬で終わってしまうのです。

朝の支度中に天気や予定を聞くなんていうことは、他の作業と並行してできます。

良くGoogle Homeを買ったというと「何ができる?」と聞かれますが、その答えとしては「スマートフォンで操作していたことが音声でできる」ということです。

つまり、これまでスマートフォン操作に取られていた時間から我々を解放してくれるのです。

他の家電との連携でより生活必需品に

大抵の人は「スマートフォンでできることと同じならいいや」となってしまいますが、音声操作により一瞬で片付くというのは想像以上に効率的なことでした。

ただ、ある程度スマートフォンを使いこなせている人ならSiriやOK,Googleでも同様の操作は可能です。

そういったスマートフォンの音声操作と異なるのは他の家電との繋がりです。

テレビの電源のオンオフもそうですし、テレビでYouTubeを流すこともそうですが、これはスマートフォンだけではできないことです。

Google Home対応のもので「ただいま」の一声で家の電気がつくという電球も既に発売されています。

まだまだ対応した家電は少ないですがこれからどんどん広がっていくでしょう。

こういった生活家電とさらに連携していくことで、我々の生活に必須のアイテムとなるでしょう。

Google Homeはこれまでの非効率さを気づかせてくれるアイテムです。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事