Galaxy S9/S9+は何版(docomo、au、SIMフリー)を買うべきか

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

ようやく世界のフラッグシップスマートフォン、SAMSUNG Galaxy S9が発表になりました!

今回も日本ではdocomoおよびauからも供給されるでしょう。

そうなるとdocomo、au、グローバル版と選択肢がたくさんあることになります。

そこで、Galaxy S9/S9+の中であなたは果たしてどのモデルを買えば良いのか導いてさしあげましょう!

あ、なんか偉そうに言ってすみません!

ちなみに私はGalaxy S9を買いました!

スポンサーリンク

Galaxy S9/S9+のスペックの確認

まずはGalaxy S9/S9+のスペックを見ていきましょう。

Galaxy S9のスペック

Galaxy S9

Galaxy S9

  • OS:Android 8.0(Oreo)
  • プロセッサ:「Exynos 9810」またはQualcomm製の「Snapdragon 845」
  • メインメモリ:4GB
  • 内蔵ストレージ:64GB/128GB/256GB
  • 外部ストレージ:microSDXC(最大400GB)
  • ディスプレイ:約5.8インチ Super AMOLED Infinite Display
  • 解像度:1440×2960ピクセル(アスペクト比9:18.5)
  • バッテリー容量:3000mAh
  • アウトカメラ:約1200万画素(デュアルピクセルセンサー、F値1.5または2.4の可変)
  • インカメラ:約800万画素(AF対応、F値1.7)
  • サイズ:68.7×147.7×8.5mm
  • 重量:163g
  • セキュリティ:指紋センサー、虹彩認証、顔認証
  • 防水・防塵:IP68
  • 外部接続端子:USB Type-C

ハード的にはGalaxy S8とあまり変わりませんがカメラは大きく違いますね。

Galaxy S9からF値がなんと調整できるんですよね!これめっちゃ良いですよね!Galaxy Note8にも無い機能なのでかなり羨ましいです。

あと地味に指紋センサーの位置が変わっています。カメラと間違えてレンズに触れることがなくなりました!

またGalaxy S9はこの大きさに5.8インチの大画面を詰め込めんだというところが売りです。従来なら5.3インチやそこらのサイズですからね。未来です!

Galaxy S9+のスペック

Galaxy S9+
Galaxy S9+

  • OS:Android 8.0(Oreo)
  • プロセッサ:「Exynos 9810」またはQualcomm製の「Snapdragon 845」
  • メインメモリ:6GB
  • 内蔵ストレージ:64GB/128GB/256GB
  • 外部ストレージ:microSDXC(最大400GB)
  • ディスプレイ:約6.2インチ Super AMOLED Infinite Display
  • 解像度:1440×2960ピクセル(アスペクト比9:18.5)
  • バッテリー容量:3500mAh
  • アウトカメラ:約1200万画素×2(デュアルピクセルセンサー、F値1.5または2.4の可変)
  • インカメラ:約800万画素(AF対応、F値1.7)
  • サイズ:73.8×158.1×8.5mm
  • 重量:189g
  • セキュリティ:指紋センサー、虹彩認証、顔認証
  • 防水・防塵:IP68
  • 外部接続端子:USB Type-C

こちらもハード的にはGalaxy S8+とあまり変わりませんが、大きく違うのはカメラがついにデュアルカメラになったところです。

ふふふ、ついにGalaxy Note8に追いついたか!と言いたいところですが、F値が可変ということで追い抜かれてしまいました!ぐぬぬ。Galaxy S9+なんて恐ろしい子!

Galaxy S9/S9+の日本での発売日はいつ?

  • グローバル:2018年3月16日発売 (2018年2月25日発表)
  • docomo:2018年5月18日発売。参考までにGalaxy S8の時は2017年6月8日発売。
  • au:2018年5月18日発売。参考までにGalaxy S8の時は2017年6月8日発売。

グローバル版は既に発売されています!国内版も思ったより早く発売されました!

ドコモ版の発売日は?

ドコモの2018年夏モデルとしてGalaxy S9/S9+が発表されました!

発売日は5月18日!

そしてついに発売されました!

docomo版Galaxy S9とGalaxy S9+(SC-02K・SC-03K)の特徴をまとめた記事はこちらです!

au版の発売日は?

auから2018年夏モデルとしてGalaxy S9/S9+が発表されました!

au版の発売日も5月18日です!

au版Galaxy S9とGalaxy S9+(SCV38・SCV39)の特徴をまとめた記事はこちらです!

Galaxy S9 miniは発売される?

Galaxy Sシリーズ発売のたびに噂されるminiの発売。

Galaxy S8の時も噂がありました!

しかしご存知の通り結局Galaxy S8 miniは発売されず。

今回のGalaxy S9 miniに至っては今の時点で噂も無いので、おそらく発売されないでしょう。

Galaxy S9/S9+の価格は?

Galaxy S9およびGalaxy S9+の価格をみていきましょう!

グローバル版のGalaxy S9/S9+の価格

まずは今販売されているGalaxy S9/S9+のグローバル版の価格です。

EXPANSYSでのGalaxy S9/S9+の価格

日本語対応で使いやすい海外販売サイトEXPANSYSの価格です。(2018年5月10日現在)

  • Galaxy S9 Dual-SIM SM-G960F/DS (64GB, Midnight Black):¥77,685
  • Galaxy S9+ Dual-SIM SM-G9650/DS (64GB, Midnight Black):¥95,080

Galaxy S9/S9+ともに元々は10万円を超えていましたが、かなり値段が下がってきました!

Galaxy S9の7万円台はかなり安いですね~!

Galaxy S9の個人輸入の方法!

今回私も海外からの輸入でGalaxy S9を買いました!

海外輸入の方法はこちらに記事にしました!

ヤフオク!でのGalaxy S9/S9+の価格

ヤフオク!だと上記のEXPANSYSの価格からどちらも0~5000円ぐらい引いたところが相場になっています!

Galaxy S8/S8+の時の発売初日の価格

参考までにGalaxy S8/S8+の時の発売初日の価格はこちらの記事です!

当時の白ロムの相場などもまとめてあります!

ドコモのGalaxy S8だと本体価格:118,584円(4,941円/月)、月々サポート:-53,784円(-2,241円/月)、実質負担金:64,800円(2,700円/月)となっていますね。

auだとそれよりちょっと安い価格でした。

docomo版Galaxy S9とGalaxy S9+(SC-02K・SC-03K)の価格

docomo版Galaxy S9とGalaxy S9+(SC-02K・SC-03K)の価格はこちらに記事にしています!

au版Galaxy S9とGalaxy S9+(SCV38・SCV39)の価格

au版Galaxy S9とGalaxy S9+(SCV38・SCV39)の価格はこちらに記事にしています!

Galaxy S9とGalaxy S9+はどっちを買うべき?

小型で大画面のGalaxy S9、本体サイズも大きいですが圧倒的大画面のGalaxy S9+、はたしてどちらを買うか悩むところだと思います!

ということでGalaxy S9とGalaxy S9+の比較をこちらに記事にしています!

Galaxy S9とGalaxy Note 8はどっちを買うべき?

同じ大画面超ハイスペック端末としてGalaxy Note 8があります!

Galaxy Note 8はSペンがついていて何やら楽しそうだけど、Galaxy S9+は最新だし、どちらを買うか悩むところだと思います!

ということでGalaxy S9+とGalaxy Note 8の比較をこちらに記事にしています!

Galaxy S9とiPhone Xはどっちを買うべき?

世界のフラッグシップスマートフォンといえばご存知iPhone Xもいます!

これはOSから違うので非常に迷うところだと思います!

ということでGalaxy S9とiPhone Xの比較をこちらに記事にしています!

Galaxy S9とiPhone 8はどっちを買うべき?

Galaxy S9のライバルとなるiPhoneは画面サイズからすればiPhone Xでしょう!

しかし価格面から考えるとiPhone 8も十分比較対象だと思います!

ということでGalaxy S9とiPhone 8の比較をこちらに記事にしています!

Galaxy S9/S9+は何版(docomo、au、SIMフリー)を買うべきか

ここからはあなたが使っている通信会社ごとにどのモデルを買うべきか見ていきましょう。

Galaxy S9/S9+の各モデルの対応周波数

まずは本体の対応周波数です。

docomo版 au版 グローバル版
(SM-G960F/DS)
バンド1(2.0GHz) docomoのメインバンド、auの山間部や田舎、SoftBankのメインバンド
バンド2(1.9GHz)
バンド3(1.7GHz) docomoの東名阪、SoftBankが使用、ワイモバイルのメインバンド
バンド4(AWS)
バンド5(850MHz)
バンド7(2.6GHz)
バンド8(900MHz) SoftBankのプラチナバンド
バンド11(1.5GHz) auが使用、SoftBankが使用
バンド12(700MHz)
バンド13(700MHz)
バンド17(700MHz)
バンド18(800MHz) auのメインバンド
バンド19(800MHz) docomoのプラチナバンド
バンド20(800MHz)
バンド21(1.5GHz) docomoの北海道、東北、四国、北陸
バンド26(800MHz)
バンド28(700MHz) docomoのプラチナバンド、auのプラチナバンド、SoftBankのプラチナバンド
バンド29(700MHz)
バンド32(1.5GHz)
バンド38(2.6GHz)
バンド39(1.9GHz)
バンド40(2.3GHz)
バンド41(2.5GHz) auのWiMAX2+、SoftBankのAXGP
バンド42(3.5GHz)

docomo・もしくはdocomo系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:当然問題なく使えます。
  • au版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、docomoのプラチナバンドであるバンド19に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

docomo版Galaxy S9とGalaxy S9+(SC-02K・SC-03K)の本体についてはこちらに記事にしています!

au・もしくはau系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:auのメインバンドであるバンド19に未対応の為実質使えません。
  • au版の本体:当然問題なく使えます。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

au版Galaxy S9とGalaxy S9+(SCV38・SCV39)の本体についてはこちらに記事にしています!

SoftBank・もしくはSoftBank系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、SoftBankのプラチナバンドであるバンド8に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • au版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、SoftBankのプラチナバンドであるバンド8に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

各モデルとSIMの相性表

各モデルとSIMの対応状況を表にしました。

SIM
端末 docomo au SoftBank
docomo版 ×
au版
グローバル版
(SM-G960F/DS)

以上!

グローバル版最強なんだよなぁ。

Galaxy S9のレビュー

そしてついにGalaxy S9を購入しました!

ということでこちらにGalaxy S9のレビューを記事にしています!

Galaxy S9めっちゃ良いですよ!レビュー是非見てみてください!

先代のGalaxy S8+、Galaxy Note8のレビューはこちらから!


スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事

コメント

  1. 北野大地 より:

    グローバル版。技適通っているんですか?

  2. けんけん より:

    香港版、米国版 G9600 G960U1 の対応バンドは記事の対応バンドと違いますでしょうか??
    スナドラ845 を希望しているんですが、、
    教えて頂けたら助かります( ; ; )