docomo版Galaxy S9とGalaxy S9+(SC-02K・SC-03K)の特徴とは?

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

ついに本日(5月16日)docomo版Galaxy S9とGalaxy S9+(SC-02K・SC-03K)が発表になりました!

そうなると気になるのがdocomo版Galaxy S9とGalaxy S9+(SC-02K・SC-03K)の特徴ですね!

先に言っておくと、docomo版Galaxy S9とGalaxy S9+(SC-02K・SC-03K)はグローバル版には無いおサイフケータイが使えるということと、au版と違いdocomo系の格安SIMでそのまま使えるというメリットがあります!

それではそのあたりを詳細に解説していきます!

スポンサーリンク

目次

docomo版Galaxy S9(SC-02K)とGalaxy S9+(SC-03K)のスペックは?

詳細なスペックはこちらに記事にしています!

docomo版Galaxy S9(SC-02K)とGalaxy S9+(SC-03K)とグローバル版Galaxy S9の違いとは?

docomo版はグローバル版に比べて次の機能に対応しています。

  • テレビ
  • おサイフケータイ

あとは羊が画面をウロウロすると思います。

羊には寝ていてもらいたいですが、おサイフケータイはグローバル版には無い魅力です!ここは一番悩むポイントですね。

docomo版Galaxy S9(SC-02K)とGalaxy S9+(SC-03K)のカラーバリエーション

docomo版はまだ発表されていないため、どのカラーで発売されるのかはまだわかりません。

正式発表されましたので下記に追記しました!

Galaxy S9+カラーバリエーション

出典:IT media

グローバル版では

  • コーラルブルー
  • チタニウムグレー
  • ライラックパープル
  • ミッドナイトブラック

の4色展開でした。

しかしau版のGalaxy S9はコーラルブルーが無くチタニウムグレー、ライラックパープル、ミッドナイトブラックの3色展開、Galaxy S9+に至ってはチタニウムグレーとミッドナイトブラックの2色でした!

docomo版も今見ている限りではauと同様の展開となりそうです。

(追記)Galaxy S9(SC-02K)は3色展開!Galaxy S9+(SC-03K)は2色展開!

Galaxy S9docomoカラー

引用:docomo公式

Galaxy S9(SC-02K)はチタニウムグレー、ライラックパープル、ミッドナイトブラックの3色展開となりました!

あ~やっぱりコーラルブルーは無いのね!

Galaxy S9+カラー

引用:docomo公式

Galaxy S9+(SC-03K)はチタニウムグレーとミッドナイトブラックの2色展開!

って結局auと一緒やないかい!というのは言いっこなし!

docomo版Galaxy S9(SC-02K)とGalaxy S9+(SC-03K)の発売日はいつ?

docomo2018夏モデル

出典:docomo

docomoの2018年夏モデルの発表会が5月16日に決定しました。

ここでdocomo版Galaxy S9(SC-02K)とGalaxy S9+(SC-03K)の発売日も発表になるでしょう!

ちなみにau版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の発売日は5月18日でした。

昨年のGalaxy S8の時もdocomoとauは発売日を合わせてきましたので、今回も同じ日になるんじゃないかな~という予想です。

(追記)docomo版Galaxy S9(SC-02K)とGalaxy S9+(SC-03K)の発売日は5月18日!

docomo版Galaxy S9(SC-02K)とGalaxy S9+(SC-03K)の発売日は5月18日になりました!

って結局auと一緒やないかい!

docomo版Galaxy S9(SC-02K)とGalaxy S9+(SC-03K)の対応周波数バンド

docomo版Galaxy S9(SC-02K)とGalaxy S9+(SC-03K)の対応周波数を見ていきましょう!

まずはLTEから。

バンド docomo版Galaxy S9/S9+ 備考
バンド1(2.0GHz) docomoのメインバンド、auの山間部や田舎、SoftBankのメインバンド
バンド3(1.7GHz) docomoの東名阪、SoftBankが使用、ワイモバイルのメインバンド
バンド8(900MHz) SoftBankのプラチナバンド
バンド18(800MHz) auのメインバンド
バンド19(800MHz) docomoのプラチナバンド
バンド21(1.5GHz) docomoの北海道、東北、四国、北陸
バンド28(700MHz) docomoのプラチナバンド、auのプラチナバンド、SoftBankのプラチナバンド

docomo系SIMで運用するには当然問題ないです。

au系SIM(au、mineo Aプランなど)ではauのメインバンドのバンド18が使えないため実質使い物になりません!

続いて3G(W-CDMA)!

バンド docomo版Galaxy S9/S9+ 備考
バンド1(2GHz) docomo(FOMA)のメイン、SoftBankのメイン
バンド5(850MHz)
バンド6(800MHz) FOMA(プラスエリア)
バンド19(800MHz) FOMA(新800M)

docomo系SIMなら当然問題ないです。au系はauの3GはCDMA2000なので諦めましょう。

docomoの公式ページによるスペックはこちら!

各キャリアのGalaxy S9およびGalaxy S9+の対応周波数の比較記事はこちらです!

各キャリアのLTE・3Gの対応周波数をまとめた記事はこちらです!

docomo版Galaxy S9(SC-02K)とGalaxy S9+(SC-03K)の価格は?

docomo版Galaxy S9(SC-02K)とGalaxy S9+(SC-03K)の価格はまだ発表になっていません。

発表になったので下記に追記しました!

既に発売されているグローバル版の価格はこちらの記事に掲載しています!

参考に昨年のGalaxy S8のときの発売初日の価格はこちらです!

Galaxy S8のときは本体価格:118,584円(4,941円/月)、月々サポート:-53,784円(-2,241円/月)、実質負担金:64,800円(2,700円/月)となっていました!

これはauよりも5,000円ほど高い価格でした。

docomo版の本体は白ロムの相場でも高くなりがちです。au版、グローバル版と比べて1~2万円ほど高くなることが多く今回もそうなるでしょう。

白ロム相場はdocomo版>au版=グローバル版といった感じで一番高いです。

(追記)docomo版Galaxy S9(SC-02K)とGalaxy S9+(SC-03K)の価格

docomoオンラインストアで早速予約が始まっています!価格は下記の通りとなりました!

docomo版Galaxy S9(SC-02K)の価格(新規・機種変更)

  • 機種代金:99,792円
  • 月々サポート:-46,656円
  • 実質負担金:53,136円(2,214円/月)

docomo版Galaxy S9(SC-02K)の価格(MNP)

  • 機種代金:99,792円
  • 月々サポート:-63,504円
  • 実質負担金:36,288円(1,512円/月)

docomo版Galaxy S9+(SC-03K)の価格(新規・機種変更)

  • 機種代金:111,456円
  • 月々サポート:-46,656円
  • 実質負担金:64,800円(2,700円/月)

docomo版Galaxy S9+(SC-03K)の価格(MNP)

  • 機種代金:111,456円
  • 月々サポート:-63,504円
  • 実質負担金:47,952円(1,998円/月)

docomo版Galaxy S9(SC-02K)とGalaxy S9+(SC-03K)の白ロム

当然発売前なのでまだdocomo版Galaxy S9(SC-02K)とGalaxy S9+(SC-03K)の白ロムはありません。

ただし、Galaxy S8の時は発売初日から白ロムが入荷していました。

docomo版Galaxy S9(SC-02K)とGalaxy S9+(SC-03K)のSIMフリー化について

docomoのSIMロック解除条件は契約者本人による、分割払いの場合は購入日から100日目以降、一括払いの場合は購入からとなっています。

各社のSIMロック解除条件はこちらに記事にしています!

なので、一括払いの場合は購入後から、分割払いの場合は100日後からSIMロック解除可能です。

ただしdocomo系の格安SIMで運用する場合はSIMロックを解除しなくてもそのまま使用できます!

これはau版には無いメリットです!

まとめ

docomo版Galaxy S9(SC-02K)とGalaxy S9+(SC-03K)は本体価格が高くなりがちです。

しかしグローバル版には無いおサイフケータイ、そしてau版には無いdocomo系の格安SIMでそのまま使えるという強力なメリットがあるのでこれを買っておけば間違いないでしょう!

‪Galaxy S9のレビュー記事

Galaxy S9のレビュー記事はこちら!

Galaxy S9/S9+のスペック詳細はこちらに記事にしています!

Galaxy S9/S9+のお得な購入方法

一番おすすめは1番のゲオやムスビーなどの白ロム通販ショップからの購入です!

理由はなんといっても専門の通販ショップなので、新品未使用品も中古品も取り揃えていること。一番安心でき適正価格で取引できることです。

各ショップともに各キャリア版もグローバル版もありますので探してみてください!

イオシスから購入

イオシスは安心・安全の超老舗白ロム専門店!安心かつ適正価格で白ロムを購入できます!



Samsung Galaxy S9/S9+ 45,800円~

てかこの価格安すぎませんか!もっと安くなってるかもしれないからクリックして最新情報を見てみて!

ゲオから購入

ご存知ゲオはスマートフォンの取扱いがとにかく豊富!そして実店舗もたくさんありますし安心できます!

ゲオマート【GEO-MART】

ムスビーから購入

ムスビーは国内No.1の中古スマホ取扱い専門店ですのでこちらも安心です!



Amazonや楽天やヤフーショッピングから購入

上記の専門店と比べるとちょっと割高ですがAmazonなどでも購入可能です!

created by Rinker
Samsung
¥74,980 (2019/01/21 18:00:16時点 Amazon調べ-詳細)

Galaxy S9/S9+と一緒にお買い忘れはありませんか?

下記のリンクからケースやフィルムを直接探せます!

Galaxy S9のケースを探すならこちらから!

Galaxy S9+のケースを探すならこちらから!

Galaxy S9のフィルムを探すならこちらから!

Galaxy S9+のフィルムを探すならこちらから!


「The WADA city」が真剣におすすめする格安SIM5社ランキング

普段からスマートフォンを8台持ち歩きたくさんの格安SIMを使うスマホバカの私が真剣におすすめする格安SIMはこちらです!

5つに厳選しましたので正直このどれを選んでもお得で間違いないです!

おすすめの格安SIM5社を価格面から徹底比較したのはこちらの記事!

とにかく安くて使い勝手の良いところを探している方は見てみましょう!

おすすめ1位 : mineo (ドコモ・au・ソフトバンク回線系)



私が一番オススメするのがmineo。私自身も3回線保有していますし周りの人にも勧めまくっています。

mineoをおすすめする理由についてはこちらに記事にしています!

mineoの売りは何と言っても会社の勢いとやる気が他とは違います。

他の格安SIMメーカーって流行に乗って事業を立ち上げたけど廃れたらいつでも辞めてやるぜってな雰囲気が伝わってきますが、mineoはめちゃくちゃ本気で取り組まれていることがわかります。

月額500円からの豊富なプラン、契約者同士でギガを分け合えたり、フリータンクといってギガが足りなくなった時に見知らぬユーザーからギガが貰えたり、他にも通話無料オプションが追加されたり日々進化が見られます。

またサポートも非常に手厚いので私はmineoを強くオススメします!

おすすめ2位 : LINEモバイル (ドコモ・ソフトバンク回線系)

今回のおすすめの中で最も安いのがLINEモバイル!一番安いプランだと月額500円から利用できます!

LINEモバイルについてはこちらにおすすめの理由を記事にしています!

実は年配の父親母親、祖父母などシニア層にもおすすめです!

LINEが運営しているだけあってLINEだけにとどまらず、月額1,100円の3GB以上のプランではTwitterやInstagramなどのSNSもカウントフリーといってギガを消費しません!

速度も他社の格安SIMと比べるとかなり安定しているのでコスパ抜群でおすすめです!

私はLINEモバイルを刺しているスマホでInstagramのストーリーを見まくったりアップしまくったりしています!

それでもギガを消費しないなんて良い時代!

おすすめ3位 : BIGLOBEモバイル (ドコモ回線系)

動画をバリバリ観る方におすすめなのがBIGLOBEモバイル!

おすすめの理由はこちらに記事にしています!

エンタメフリーというプランがあり、このプランならなんとYouTubeをはじめとしたAbemaTVやU-NEXTなど数々の動画サイトなどが通信料を気にせず使えるんです!

これだけでもめちゃくちゃ強い!普段から外で動画をよく観るならBIGLOBEモバイルは強烈におすすめです!



おすすめ4位 : UQ mobile (au回線系)

auの端末をお使いならダントツでオススメ!

UQモバイルのおすすめの理由はこちらに記事にしています!

UQ mobileは格安SIMの中ではぶっちぎりで速度が速い!

おまけに安さもLINEモバイルほどでは無いものの無料通話もネットもコミコミで月1,980円で利用できます!

他の格安SIMと違いauのサブブランドという安心感もあります。

今auをお使いなら圧倒的におすすめです!

おすすめ5位 : ワイモバイル (ソフトバンク回線系)

ワイモバイルはUQ mobileのライバル!ソフトバンク回線系で高速の格安SIMです!

おすすめの理由はこちらの記事!

価格も速度も非常に良い勝負をしています!価格は無料通話もネットもコミコミで月1,980円!速度も格安SIMの中ではUQ mobileと一二を争っています!

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとなっていて実店舗もたくさんありますし安心感があります。

速度も最速レベルで価格も非常に安いのでかなりバランスの取れた格安SIMブランドとなっていて強くおすすめします!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事