au版Galaxy S9とGalaxy S9+(SCV38・SCV39)の特徴とは?

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

さて本日(5月14日)いよいよauの2018年夏モデルとしてGalaxy S9(SCV38)とGalaxy S9+(SCV39)が発表されました!

au夏モデル

画像出典:au

日本国内ではまずauが先陣を切って発表となりました!

ということでau版Galaxy S9(SCV38)とGalaxy S9+(SCV39)特徴を見ていきましょう!

先に言うとau版Galaxy S9(SCV38)とGalaxy S9+(SCV39)は本体価格が安くなるため、上手に使えばかなりお得に運用できます!

それではその詳細を解説します!

スポンサーリンク

au版Galaxy S9(SCV38)とGalaxy S9+(SCV39)のスペックは?

細かいスペックはこちらに記事にしています!

またauによるGalaxy S9(SCV38)の公式ページはこちらです!

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)とグローバル版Galaxy S9の違いとは?

au版はグローバル版に比べて次の機能に対応しています。

  • au VoLTE
  • テレビ
  • おサイフケータイ
  • au世界サービス

おサイフケータイは悩ましいところですね!

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)のカラーバリエーション

まずはGalaxy S9(SCV38)のラインナップです。

チタニウムグレー

チタニウムグレー 出典:au


ライラックパープル

ライラックパープル 出典:au


ミッドナイトブラック

ミッドナイトブラック 出典:au

  • チタニウムグレー
  • ライラックパープル
  • ミッドナイトブラック

au版Galaxy S9(SCV38)は上記3色のラインナップとなりました!

一部の海外版で見られたコーラルブルーはau版にはありません。

続いてGalaxy S9+(SCV39)のラインナップです。

ミッドナイトブラック

ミッドナイトブラック 出典:au


チタニウムグレー

チタニウムグレー 出典:au

  • ミッドナイトブラック
  • チタニウムグレー

au版Galaxy S9+(SCV39)は上記2色だけのラインナップとなりました!

Galaxy S8+の時もそうでしたが色味に欠けるのが残念!

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の発売日はいつ?

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の発売日は5月18日です!

もう今週ですよ!めちゃくちゃ早くて驚きです!

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の対応周波数バンド

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の対応周波数を見ていきましょう!

まずはLTEから。

バンド au版Galaxy S9/S9+ 備考
バンド1(2.0GHz) docomoのメインバンド、auの山間部や田舎、SoftBankのメインバンド
バンド3(1.7GHz) docomoの東名阪、SoftBankが使用、ワイモバイルのメインバンド
バンド8(900MHz) SoftBankのプラチナバンド
バンド11(1.5GHz) auが使用、SoftBankが使用
バンド18(800MHz) auのメインバンド
バンド19(800MHz) docomoのプラチナバンド
バンド21(1.5GHz) docomoの北海道、東北、四国、北陸
バンド26(800MHz)
バンド28(700MHz) docomoのプラチナバンド、auのプラチナバンド、SoftBankのプラチナバンド
バンド41(2.5GHz) auのWiMAX2+、SoftBankのAXGP
バンド42(3.5GHz)

auで使うには当然問題無いですが、docomoで使う場合はプラチナバンド(バンド19)に対応していないため注意です!

続いて3G(W-CDMA)

バンド au版Galaxy S9/S9+ 備考
バンド1(2GHz) docomo(FOMA)のメイン、SoftBankのメイン
バンド6(800MHz) FOMA(プラスエリア)
バンド19(800MHz) FOMA(新800M)

3Gについても同じくdocomoで使用する場合はFOMAプラスエリア(バンド19)に対応していないため注意です!

各キャリアのGalaxy S9およびGalaxy S9+の対応周波数の比較記事はこちらです!

各キャリアのLTE・3Gの対応周波数をまとめた記事はこちらです!

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の価格は?

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の価格はまだ発表になっていません。

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の価格も発表になりましたので下記に追記しています!

既に発売されているグローバル版の価格はこちらの記事に掲載しています!

参考に昨年のGalaxy S8のときの発売初日の価格はこちらです!

Galaxy S8のときは本体価格:99,360円(4,140円/月)、毎月割:-39,960円(-1,665円/月)、実質負担金:59,400円(2,475円/月)となっていました!

au版はdocomo版よりもキャリアでの実質負担金、白ロムともに価格が安くなりやすいです!

昨年のGalaxy S8の時もキャリアでの実質負担金はdocomoが64,800円に対してauは59,400円と5000円近く安かったです。

白ロム価格の相場もdocomo版と比べて大体1~2万円程度安くなります。

(追記)au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の価格

既にauオンラインストアでau版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の予約が始まっています!価格は下記の通りです!

au版Galaxy S9(SCV38)の価格(新規・機種変更・MNP)

  • 本体価格:95,040円
  • 毎月割:-47,520円(auスマートパス加入)
  • 実質負担金:47,520円

au版Galaxy S9+(SCV39)の価格(新規・機種変更・MNP)

  • 本体価格:112,320円
  • 毎月割:-56,160円(auスマートパス加入)
  • 実質負担金:56,160円

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の白ロム

当然発売前なのでまだau版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の白ロムはありません。

ただし、Galaxy S8の時は発売初日から白ロムが入荷していました。

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)のSIMフリー化について

auのSIMロック解除条件は契約者本人による、分割払いの場合は購入日から101日目以降より、一括払いの場合は一括払いの支払確認後よりとなっています。

各社のSIMロック解除条件はこちらに記事にしています!

なので、一括払いの場合は確認後から、分割払いの場合は101日後からSIMロック解除可能です。

SIMロックを解除してプラチナバンドには注意が必要ですが、docomo系の格安SIMを使うこともできます。

まとめ

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)は本体価格がdocomo版と比べて安くなりやすいです。

ただしdocomo系のSIMで運用する場合はプラチナバンド(バンド19)に未対応のため田舎や山間部では注意が必要!

そこを割り切ってdocomo系格安SIMもしくはau系SIM(auやmineo Aプランなど)では安く運用できるのでおすすめです!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事