au版Galaxy S9とGalaxy S9+(SCV38・SCV39)の特徴とは?

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

さて本日(5月14日)いよいよauの2018年夏モデルとしてGalaxy S9(SCV38)とGalaxy S9+(SCV39)が発表されました!

au夏モデル

画像出典:au

日本国内ではまずauが先陣を切って発表となりました!

ということでau版Galaxy S9(SCV38)とGalaxy S9+(SCV39)特徴を見ていきましょう!

先に言うとau版Galaxy S9(SCV38)とGalaxy S9+(SCV39)は本体価格が安くなるため、上手に使えばかなりお得に運用できます!

それではその詳細を解説します!

スポンサーリンク

au版Galaxy S9(SCV38)とGalaxy S9+(SCV39)のスペックは?

細かいスペックはこちらに記事にしています!

またauによるGalaxy S9(SCV38)の公式ページはこちらです!

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)とグローバル版Galaxy S9の違いとは?

au版はグローバル版に比べて次の機能に対応しています。

  • au VoLTE
  • テレビ
  • おサイフケータイ
  • au世界サービス

おサイフケータイは悩ましいところですね!

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)のカラーバリエーション

まずはGalaxy S9(SCV38)のラインナップです。

チタニウムグレー

チタニウムグレー 出典:au


ライラックパープル

ライラックパープル 出典:au


ミッドナイトブラック

ミッドナイトブラック 出典:au

  • チタニウムグレー
  • ライラックパープル
  • ミッドナイトブラック

au版Galaxy S9(SCV38)は上記3色のラインナップとなりました!

一部の海外版で見られたコーラルブルーはau版にはありません。

続いてGalaxy S9+(SCV39)のラインナップです。

ミッドナイトブラック

ミッドナイトブラック 出典:au


チタニウムグレー

チタニウムグレー 出典:au

  • ミッドナイトブラック
  • チタニウムグレー

au版Galaxy S9+(SCV39)は上記2色だけのラインナップとなりました!

Galaxy S8+の時もそうでしたが色味に欠けるのが残念!

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の発売日はいつ?

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の発売日は5月18日です!

もう今週ですよ!めちゃくちゃ早くて驚きです!

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の対応周波数バンド

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の対応周波数を見ていきましょう!

まずはLTEから。

バンド au版Galaxy S9/S9+ 備考
バンド1(2.0GHz) docomoのメインバンド、auの山間部や田舎、SoftBankのメインバンド
バンド3(1.7GHz) docomoの東名阪、SoftBankが使用、ワイモバイルのメインバンド
バンド8(900MHz) SoftBankのプラチナバンド
バンド11(1.5GHz) auが使用、SoftBankが使用
バンド18(800MHz) auのメインバンド
バンド19(800MHz) docomoのプラチナバンド
バンド21(1.5GHz) docomoの北海道、東北、四国、北陸
バンド26(800MHz)
バンド28(700MHz) docomoのプラチナバンド、auのプラチナバンド、SoftBankのプラチナバンド
バンド41(2.5GHz) auのWiMAX2+、SoftBankのAXGP
バンド42(3.5GHz)

auで使うには当然問題無いですが、docomoで使う場合はプラチナバンド(バンド19)に対応していないため注意です!

続いて3G(W-CDMA)

バンド au版Galaxy S9/S9+ 備考
バンド1(2GHz) docomo(FOMA)のメイン、SoftBankのメイン
バンド6(800MHz) FOMA(プラスエリア)
バンド19(800MHz) FOMA(新800M)

3Gについても同じくdocomoで使用する場合はFOMAプラスエリア(バンド19)に対応していないため注意です!

各キャリアのGalaxy S9およびGalaxy S9+の対応周波数の比較記事はこちらです!

各キャリアのLTE・3Gの対応周波数をまとめた記事はこちらです!

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の価格は?

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の価格はまだ発表になっていません。

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の価格も発表になりましたので下記に追記しています!

既に発売されているグローバル版の価格はこちらの記事に掲載しています!

参考に昨年のGalaxy S8のときの発売初日の価格はこちらです!

Galaxy S8のときは本体価格:99,360円(4,140円/月)、毎月割:-39,960円(-1,665円/月)、実質負担金:59,400円(2,475円/月)となっていました!

au版はdocomo版よりもキャリアでの実質負担金、白ロムともに価格が安くなりやすいです!

昨年のGalaxy S8の時もキャリアでの実質負担金はdocomoが64,800円に対してauは59,400円と5000円近く安かったです。

白ロム価格の相場もdocomo版と比べて大体1~2万円程度安くなります。

(追記)au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の価格

既にauオンラインストアでau版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の予約が始まっています!価格は下記の通りです!

au版Galaxy S9(SCV38)の価格(新規・機種変更・MNP)

  • 本体価格:95,040円
  • 毎月割:-47,520円(auスマートパス加入)
  • 実質負担金:47,520円

au版Galaxy S9+(SCV39)の価格(新規・機種変更・MNP)

  • 本体価格:112,320円
  • 毎月割:-56,160円(auスマートパス加入)
  • 実質負担金:56,160円

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の白ロム

当然発売前なのでまだau版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)の白ロムはありません。

ただし、Galaxy S8の時は発売初日から白ロムが入荷していました。

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)のSIMフリー化について

auのSIMロック解除条件は契約者本人による、分割払いの場合は購入日から101日目以降より、一括払いの場合は一括払いの支払確認後よりとなっています。

各社のSIMロック解除条件はこちらに記事にしています!

なので、一括払いの場合は確認後から、分割払いの場合は101日後からSIMロック解除可能です。

SIMロックを解除してプラチナバンドには注意が必要ですが、docomo系の格安SIMを使うこともできます。

まとめ

au版Galaxy S9(SCV38)・Galaxy S9+(SCV39)は本体価格がdocomo版と比べて安くなりやすいです。

ただしdocomo系のSIMで運用する場合はプラチナバンド(バンド19)に未対応のため田舎や山間部では注意が必要!

そこを割り切ってdocomo系格安SIMもしくはau系SIM(auやmineo Aプランなど)では安く運用できるのでおすすめです!

Galaxy S9のレビュー記事はこちら!

Galaxy S9のスペック詳細はこちらに記事にしています!

Galaxy S9/S9+の白ロムの購入方法

  1. イオシスやゲオやムスビーなどの白ロム通販ショップから購入
  2. Amazonや楽天やヤフーショッピングなどで出品されているショップから購入
  3. ヤフオクやメルカリなどでオークションで入手
  4. 海外通販サイトから個人輸入

上から順に入手が簡単で、一番おすすめは1番のゲオやムスビーなどの白ロム通販ショップからの購入です!

理由はなんといっても専門の通販ショップなので一番安心できることです。

ヤフオクやメルカリでは相手が個人なので揉めることもしばしばありますが、白ロム通販ショップなら相手はお店ということでその心配はありません。

個人輸入は購入時もそうですし、トラブった時に英語の問題が立ちはだかります。

ということで特に初心者の方には下記の白ロム通販サイトがおすすめです!

各ショップともに各キャリア版(ドコモやau)もグローバル版もありますので探してみてください!

イオシスから購入

イオシスではSIMフリー・ドコモ・au版の在庫があります!



ゲオから購入

ご存知ゲオはスマートフォンの取扱いがとにかく豊富!そして実店舗もたくさんありますし安心できます!

ゲオマート【GEO-MART】

ムスビーから購入

ムスビーは国内No.1の中古スマホ取扱い専門店ですのでこちらも安心です!



Amazonや楽天やヤフーショッピングから購入

こちらから各ショップが出品している本体も購入可能です!

created by Rinker
Samsung
¥79,640 (2018/09/20 14:49:23時点 Amazon調べ-詳細)

Galaxy S9の海外輸入の方法

Galaxy S9の海外輸入の方法はこちらに記事にしました!

Galaxy S9/S9+と一緒にお買い忘れはありませんか?

下記のリンクからGalaxy S9/S9+のケースやフィルムを直接探せます!

Galaxy S9のケースを探すならこちらから!

Galaxy S9+のケースを探すならこちらから!

Galaxy S9のフィルムを探すならこちらから!

Galaxy S9+のフィルムを探すならこちらから!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事