【比較】Galaxy S10とXperia 1はどっちを買うべき?

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

この記事を書いたのは

hirok_プロフィール

ひろ.K
「The WADA city」のライター。ITや家電にめっぽう強く、うちでは「スマホオタクが考える快適なスマホライフ」をモットーに執筆していますが、実は自身の経験を元にした就職・転職関係の記事や恋愛まとめやキュレーション全般などなんでも書けるオールマイティー。まとめるだけでなく私見もしっかり述べちゃうのよ。
ブログ「ひろ・K・トムの部屋」はこちら

先日のMWCにてGalaxy S10とXperia 1が発表されました。皆さんはどのスマホを買うか決めましたか?

筆者だったら、あえて中古が安いGalaxy S9を狙っていきます。コスパがメチャ高くて良い感じですよ!


Samsung Galaxy S9/S9+ 41,800円~

でも、この記事を読んでるってことは最新のハイエンドスマホを買う気に満ちたガジェットオタクばかりだとお見受けします。って事で今回はGalaxy S10とXperia 1のスペック比較をしていきます。

スポンサーリンク

【スペック比較】Galaxy S10 V.S. Xperia 1、買うべきスマホは?

分かりやすいように、最初にお互いの特徴的なスペックを挙げてみます。

具体的な細かい違いについては後述します。

Galaxy S10およびXperia 1のスペックについては一覧表に追記しました。他のハイエンドスマホともスペック比較できる便利な表なので、こちらの記事をご確認ください。

【参考】4G/3G周波数バンドの確認票はこちら!

Galaxy S10のスペック特徴まとめ

特徴を簡単にまとめると「パンチホール型ディスプレイ」「トリプルカメラ搭載」「ディスプレイ上の指紋認証に対応」「最大でRAM12GB/ストレージ1.5TBに対応」という点ではないでしょうか?

GalaxyS10とS10+についてはこちらの記事も参考になります!




Xperia 1スペック特徴まとめ

Xperia 1の特徴は「アスペクト比21:9の4K HDR OLEDディスプレイ」「1秒間に10フレーム撮影できる連射モード」「ゲームパフォーマンスを控除させる”Game Enhancer”機能」「Xperia原点カラー”パープル”も投入」という点です。

「ゲームエンハンサー」機能について、これはゲームの動作最適化や通知オフ、ゲームを録画したりする機能です。

ただし、ソニーのゲーム機と繋がる機能はないそうです。PS4リモートプレイにも対応していないのでしょうか?

実際、受け継がれていないものといったらPlayStationのDNAくらいです。Xperia 1はGame Enhancerという機能を備えていて、通知をオフにしてパフォーマンスを最適化したり、ゲームをプレイしながら録画したりできるのですが、ソニーのゲーム機と橋渡しとなる機能はないのですから。

引用元:engadget

また、「動画を見ながらSNS」を使うことが出来る2画面ユーザーインターフェースを採用。マルチタスクも強化されています。

Galaxy S10とXperia 1のスペック違いは?

主な違いは「アスペクト比」「ノッチ形状」「指紋認証」「カメラ」「本体サイズ」です。どういうことなのか?さっそく比較していくぞ!

CPUを比較!

どちらもおなじCPU性能(Snapdragon 855 オクタコア)のようです。2019年は Snapdragon 855を搭載したスマホが主流になりそうですね!

またGalaxy S10は、地域によってCPUはSnapdragon 855もしくはExynosになる可能性があります。(情報源:engadget 様

ストレージ容量を比較!

GalaxyS10はRAM8GB/ストレージ128GBもしくは512GBです。

一方のXperia 1はRAM:6GB/ストレージ:128GBモデルのみです。

Galaxy S10の方がRAM、ストレージ容量ともに良さそうですね。ちなみに、Galaxy S10はマイクロSDカードで容量追加が可能です。(Xperia 1については未確認。前機種のXZ3では対応していました。)

SDカード選びのコツは、出来るだけ大容量のカードを選びましょう。SDカードはパソコンや他のスマホでも利用できます。お値段ケチって低容量モデルを買うと「安物買いの銭失い」になりますよ!

このマイクロSDカードはサムスン製なので、Galaxyシリーズとの相性もバッチリ!ニンテンドースイッチでも使えますよ!


ディスプレイサイズ・重量を比較!

GalaxyS10はディスプレイが6.1インチ(157g)、一方のXperia 1は6.5インチディスプレイ搭載、重量180gです。

Xperia 1は「シネマワイド」と呼んでいるアスペクト比21:9の縦長ディスプレイが特徴です。(Galaxy S10はアスペクト比19:9です。)

一方のGalaxy S10は「パンチホール型ディスプレイ」を搭載。いわゆる「ノッチ型」とは一線を画し、ディスプレイ右上に丸い穴がついているのみです。これで従来よりもディスプレイ面積が向上しています。(Xperia 1はノッチ無しの従来型ディスプレイです。)

本体サイズを比較!

Galaxy S10は149.9 x 70.4 x 7.8mm、一方のXperia 1は167 × 72 × 8.2mmです。やはりXperia 1は縦にメチャ長いですね!

縦長ディスプレイは面白い試みですが、アプリの方が対応してくれるのか微妙ですね。OSベースでは最大21:9のアスペクト比に対応してくれているらしいので、意外とたくさんのアプリが対応してくれるのでしょうか。

一方で、ズボンのポケットに入れた時に不格好にならないか心配です。

なんとなく、昔のiPhoneコラ画像を思い出しますね。

ディスプレイ画質を比較!

Galaxy S10は解像度3040 x 1440(550ppi)です。一方のXperia 1は3,840 × 1,644です。

Xperia 1のほうがディスプレイサイズが大きいので一概には言い切れませんが、画面の美しさではXperia 1の方が凄そうです。

実際、前機種のXperia XZ3も画面の美しさは他のハイエンドスマホより群を抜いていました。さすがSONY、総合力では負けてませんね!

Galaxy S10ディスプレイの特徴として、通常モードでもブルーライトをカットしている点ではないでしょうか?筆者はiPhoneやiPadは常にナイトシフトモード、パソコンを触るときはブルーライトカット眼鏡を着けています。色を変えずにブルーライト機能搭載は嬉しい人も多いですね!

バッテリー容量を比較!

Galaxy S10のバッテリー容量は3.400mAh、一方Xperia 1のバッテリー容量は3,300mAhです。容量的にはほぼ差は無さそうですね。

ただし、スマホを一日使う人はGalaxy S10やXperia 1のバッテリー容量では心もとないです。ここはモバイルバッテリーを導入しませんか?

筆者のおすすめはコンセント付きモバイルバッテリー。モバイルバッテリーの充電もしながらスマホも充電できるスグレモノ。おまけに充電ポートも複数あります。かなりコスパ良いモノですよ!筆者も使ってます!


カメラ性能を比較!

Galaxy S10は背面カメラは望遠12MP+広角12MP+超広角16MPのトリプルカメラを搭載しています。フロントカメラはセルフィー10MPのシングルカメラです。

一方Xperia 1はトリプルカメラ(標準12MP+広角12MP+望遠12MP)、フロントにシングルカメラ(8MP)を搭載しています。恐らくXperiaでトリプルカメラを搭載したスマホはこれが初ではないでしょうか?

ほとんど同じくらい高性能なカメラですが、解像度としては若干Galaxy S10の方が有利ですね。

自分のスマホカメラに自信のないあなた、大丈夫です。実はスマホカメラは外付けパーツを使えばいくらでも便利に使えます。

シングルカメラのスマホ限定ですが、この外付けレンズ+三脚はコスパ高くておすすめです。この望遠レンズ、最大倍率が18倍で凄いですよ!バードウォッチングがはかどりますね。


防水性能を比較!

Galaxy S10とXperia 1は最高クラスの防水防塵性能を誇る「IP68」に対応しています。

ただし、水濡れによる故障はメーカーの保証外なので故意に水の中につけるのはやめておきましょう。

スマホの水濡れ故障はIP68に対応していても起こり得ます。お風呂で内部結露してしまったり、海水浴しててスマホがサビてしまったらネタにしかなりません。ちゃんと防水ケースをしておきましょう。

水濡れ故障だと修理代金の相場は5万円以上、対して防水ケースは1,000円前後です。後悔先に立たず、悩む前にとりあえず買っときましょう。


認証方法を比較!

認証方法について、Galaxy S10はディスプレイ上での指紋認証および顔認証に対応しています。注意点として、Galaxy S9に対応していた「インテリジェントスキャン(虹彩認証)」には今回は対応していません。

一方のXperia 1は右側側面での指紋認証でロック解除出来ます。以前のXperiaシリーズに原点回帰した印象があります。

ロック解除の利便性ではGalaxy S10に軍配が上がります。やはり指紋認証+顔認証の両方に対応しているのは強いですね。

カラーバリエーションを比較!

Galaxy S10は「プリズムホワイト」「プリズムブラック」「プリズムグリーン」「プリズムブルー」の4種類があります。(海外では「フラミンゴピンク」というカラーも発売される予定です。)

一方のXperia 1のカラーバリエーションは「ホワイト」「ブラック」「グレー」「パープル」の4種類です。

種類数はどちらもおなじなので、最後は店頭で実機を触りましょう。ネット越しに見ても実際の色合い、肌触りは分かりませんよ!

Galaxy S10やXperia 1の購入は通販サイトがおすすめ!

ここまで真剣に記事を読んでくれたあなた、もう顔に「早くGalaxy S10とXperia 1が欲しぃよぉぉぉぉーーー!」って書いてますよ?でも残念。日本での発売は海外よりも遅くなります。お預け食らってる状態です。

一刻でも早くGalaxy S10やXperia 1を購入したいなら、通販サイトで取り寄せてみませんか?最新スマホ購入をおあずけ食らうのは苦しいですよね。ここはサクッと海外版を取り寄せちゃいましょう。

筆者のおすすめは中古スマホ取り扱いサイト「イオシス」さん。ここは中古品から新品の未開封品まで取り扱っているので品ぞろえが豊富です!

さらにさらに、なんと未開封品なら6か月、中古品なら3か月間も保証がついてる!!これはお得だぁーーーー!!!(詳しい保証内容についてはここをクリック

さらにさらにさらに!!!中古スマホで怖いのが赤ロム。なんと前の購入者が代金踏み倒して、キャリアから通信制限をかけられることがあるそうです。怖すぎ!!!

そんな時でもイオシスなら大丈夫!なんと赤ロムになったスマホに対してイオシスは永久保証をしています。つまり保証期間を過ぎても赤ロムになったスマホは返金・交換の対象になるんです!!!もう驚き桃の木20世紀って感じですね(?)。(詳しい赤ロム保証についてはこちらをクリック

スマホを買うべきタイミングは「欲しくなった時」です。「今は時期が悪い」という言葉がインターネットの掲示板ではおなじみのテンプレですが、それを言い出したら一生ハイテク機器など買えません。あなたも自分の気持ちに正直になって、レッツスマホライフ!

‪Galaxy S10/S10+/S10eのスペック

‪Galaxy S10のレビューやスペックはこちら!



Galaxy S10/S10+/S10eと一緒に買い忘れはありませんか?

Galaxy S10はAmazonなどでもSIMフリー版が購入可能です!ちょっと割高ですが。ちなみにうちのおすすめの購入方法はこの下を見ていって!

Galaxy S10のケースやフィルムを探すならこちらから!



The WADA cityがオススメするスマホのお得な購入方法

スマホを買いたいなと思ったときにうちが一番おすすめする方法は白ロム通販ショップのイオシスからの購入です!

自分もイオシスから購入しますしうちの読者さんからも毎月70台以上購入されている実績があるので安心です。

おすすめの理由は他社と比べて

  • (新機種でも入荷が)早い
  • (新品未使用品でも中古品でも国内未発売モデルでもとにかく在庫が)多い
  • けっこう安い。(正直めっちゃ安いです)

と3拍子揃っており圧倒的です!

保証も万全で未使用品は6ヶ月保証、中古品でも3ヶ月保証されます。

とにかくまずはイオシスで買っておけば間違いないです!だって他より安いし機種も多いんだもん。

ちなみに買ってみた記事はこちら!

イオシスから購入

主要機種の価格リスト(2019年3月8日更新)

安いでしょ??もちろんこれ以外の機種もありますし価格もさらに安くなっているかもしれないので最新の情報は下記からどうぞ!



その他オススメのショップ

DVDレンタルなどでおなじみのゲオマート、国内No.1の中古スマホ取扱い専門店ムスビーもおすすめです!

イオシスに在庫が無いときはこちらもチェック!

ソフトバンクオンラインショップから購入

ソフトバンクオンラインショップからの購入はこちら


「The WADA city」が真剣におすすめする格安SIM5社!

普段からスマートフォンを8台持ち歩きたくさんの格安SIMを使うスマホバカの私が真剣におすすめする格安SIMはこちらです!

5つに厳選しましたので正直このどれを選んでもお得で間違いないです!

おすすめの格安SIM5社を価格面から徹底比較したのはこちらの記事!

とにかく安くて使い勝手の良いところを探している方は見てみましょう!各社の特徴は個別に紹介しているのでどうぞ!





スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事