Galaxy S10/Galaxy S10+のスペックをレビュー!日本での発売は?

この記事をシェアしよう!

日本時間2019年2月21日4時より、SamsungのGalaxy公式サイトより新製品発表イベント「Unpacked」が放送されました。

今回はGalaxyS10とGalaxyS10+のスペックをレビューしていきます!

スペック一覧表にも追加しました!2018年スマートフォンと比較できるぞ!

スマホを安くお得に購入するなら

スマホを買う時に一番お得な方法は白ロムを専門通販ショップで購入することです。特にイオシスがおすすめ。

イオシスで購入

ムスビーで購入

ゲオマートで購入

キャリアで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入

ソフトバンクオンラインショップで購入

auオンラインショップで購入

スポンサーリンク

Galaxy S10、Galaxy S10+のスペック特徴まとめ!

特徴を簡単にまとめると「パンチホール型ディスプレイ」「トリプルカメラ搭載」「ディスプレイ上の指紋認証に対応」「最大でRAM12GB/ストレージ1.5TBに対応」という点ではないでしょうか?

おおまかに特徴を掴んだところで、個別に性能をチェックしていきましょう。

Galaxy S10、Galaxy S10+のCPUを比較!

どちらもおなじCPU性能のようです。

64ビットの8コア(クアッドコア)を搭載。地域によってCPUはSnapdragon 855もしくはExynosになるそうです。(情報源:engadget 様

Galaxy S10、Galaxy S10+のストレージ容量を比較!

GalaxyS10はRAM8GB/ストレージ128GBもしくは512GBです。

一方のGalaxyS10+はRAM8GBもしくは12GB/ストレージ128GB、512GB、1TBの中から選べます!

2018年のハイエンドスマホをみても、ここまでスペックを盛り込んだスマホは少ないのではないでしょうか?

Galaxy S10、Galaxy S10+のディスプレイサイズ・重量を比較!

GalaxyS10はディスプレイが6.1インチ(157g)、一方のGalaxyS10+は6.4インチディスプレイ(175g:セラミックモデルは198g)です。

実はGalaxyS10+、スペック上位版ではセラミックモデルになるので本体重量がアップしてしまいます。軽さを気にする人は要注意です。

Galaxy S10、Galaxy S10+のディスプレイ画質を比較!

どちらもおなじ解像度1440 x 3040のHDR+に対応したInfinity O AMOLEDディスプレイ。有機ELなので画質は期待できそうです!

今回のディスプレイの特徴として、通常モードでもブルーライトをカットしている点ではないでしょうか?筆者はiPhoneやiPadは常にナイトシフトモード、パソコンを触るときはブルーライトカット眼鏡を着けています。色を変えずにブルーライト機能搭載は嬉しい人も多いですね!

カメラで撮った写真を見るのは主にスマホなので、ディスプレイの美しさにも気を使っているのが伺えます。

明るさを最適化するダイナミックトーンマッピング技術を採用したことで細部まで美しい映像を再生します。

引用元:engadget

Galaxy S10、Galaxy S10+のバッテリー容量を比較!

GalaxyS10のバッテリー容量は3.400mAh、一方GalaxyS10+のバッテリー容量は4.100mAhです。

単純比較するとGalaxyS10+の方がバッテリー持ちは良さそうですが、GalaxyS10(S10+)は自動で不要なアプリの電源を切ってくれるみたいです。大きな差はないかもしれませんが、実機レビューしてみないと実際のところは分かりません。

Galaxy S10e、S10、S10+は、日常生活や使用パターンを学び、不要なアプリの電源を切ります。 また、Adaptive Power Saving モードは、1日の予測に基づいてバッテリーの寿命を管理します。

引用元:GalaxyS10公式サイト

Galaxy S10、Galaxy S10+のカメラ性能を比較!

GalaxyS10、S10+ともに背面カメラは望遠12MP+広角12MP+超広角16MPのトリプルカメラを搭載しています。フロントカメラはGalaxyS10+が「セルフィー10MP+深度8MP」のデュアルカメラ搭載に対しGalaxyS10はセルフィー10MPのシングルカメラです。

フロントカメラの違いはディスプレイの印象も大きく変えるので、よく検討しましょう。

Galaxy S10、Galaxy S10+の防水性能を比較!

GalaxyS10、S10+ともに防水防塵性能は最高のIP68に対応しています。詳しくはこちらの記事をご確認ください。

Galaxy S10、Galaxy S10+はおサイフケータイに対応しているのか?

記事執筆時点(2019年2月21日)ではNFCに対応しているのかは不明です。ただし、過去のモデルから考えてもおサイフケータイ非対応になるとは考えにくいです。

おそらく、日本モデルはおサイフケータイに対応、そのために日本発売日が海外よりも遅くなるといういつもの流れではないでしょうか?

Galaxy S10、Galaxy S10+はDSDS、DSDVに対応しているか?

Galaxy S10、Galaxy S10+ともにデュアルSIMに対応しています。

デュアルSIMのサポートにより、Galaxy S10e、S10、S10+で2つの番号とデータプランを使用できます。

引用元:GalaxyS10公式サイト

ただし、現時点ではDSDSのみに対応かDSDVにも対応しているかは分かりません。

GalaxyS10(S10+)のDSDS情報についてはこちらで随時更新しています。

Galaxy S10、Galaxy S10+のスピーカー・音質を比較!

GalaxyS10、S10+ともに音響機器メーカーのAKGによって調整されたステレオスピーカーを搭載しています。

AKGによって調整されたステレオスピーカーでDolby Atmosエンハンストサウンドに浸ってください。大迫力のクリアな音質、豊かな対称性、そして音楽と映画の真ん中にいる大音量の3次元オーディオをお楽しみください。

引用元:GalaxyS10公式サイト

本体上部と下部にスピーカーを搭載しているので、より迫力ある音質を届けてくれるでしょう。

Galaxy S10、Galaxy S10+のカラーバリエーションを比較!

GalaxyS10、S10+ともに「白」「黒」「緑」「青」「黄色」「ピンク」の6色カラーバリエーションです。GalaxyS10+は上位スペックの場合、セラミックモデルの黒色か白色になります。

GalaxyS10+の上位モデルでセラミックモデルではないパターンの注文が出来るかどうか、続報が待たれます。

色の違いが際立ちます。 革新的なナノラミネートフィルムによって作られたプリズムカラーをご覧ください。 先進的な手法で光を取り込み、革新的な色彩表現力を実現しています。

引用元:GalaxyS10公式サイト

Galaxy S10、Galaxy S10+の日本発売日は?

海外での発売は3月8日ですが、日本での取り扱い日は未定です。

GalaxyS9以前のケースから考えて、海外発売日の2~3か月後に発売されています。日本ではおそらく5月か6月頃に発売すると予測します。

GalaxyS10、GalaxyS10+を早く購入したいなら通販サイトからの購入がおすすめ!

ここまでこの記事を読んでいるあなた、GalaxyS10が欲しくてたまらないって顔してますよ?筆者も早く触ってみたくてたまりません。でも日本発売日って遅いですよね。

一刻でも早くGalaxyS10(S10+)を購入したいあなたは通販サイトで取り寄せてみませんか?最新スマホを2~3か月おあずけ食らうのは苦しいですよね。ここはサクッと海外版を取り寄せちゃいましょう。

‪Galaxy S10/S10+/S10eのスペック

‪Galaxy S10のレビューやスペックはこちら!



Galaxy S10/S10+/S10eと一緒に買い忘れはありませんか?

Galaxy S10はAmazonなどでもSIMフリー版が購入可能です!ちょっと割高ですが。ちなみにうちのおすすめの購入方法はこの下を見ていって!

Galaxy S10のケースやフィルムを探すならこちらから!



スマホを安くお得に購入するなら

スマホをお得に購入する方法は下記の白ロム通販ショップからの購入です!

特におすすめはイオシス

イオシスで購入

ムスビーで購入

ゲオマートで購入

「ネットでスマホを買うのってなんか怖い」「不良品に当たったら泣き寝入りするしかないんでしょ?」そう思っているあなた、もしかしたら大きく損...
昨日6月7日にイオシス福岡天神店がオープンしました。 ということで早速いってきましたのでその様子をレポートいたします。...

安心のキャリアで購入するなら

大手キャリアで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入


おすすめの格安SIM5社ランキング

普段からたくさんの格安SIMを使う編集長わだかつやがおすすめする格安SIMはこちらです!

全部使っているものの中から5つに厳選しました。

おすすめの格安SIM5社を価格面から徹底比較したのはこちらの記事!

(比較)格安SIM業者で一番安いのはどこか? 当ブログでは格安SIM5社をおすすめしています。利用シーンやニーズに合わせて...

この記事を書いたのは

hirok_プロフィール

ひろ.K
ITや家電にめっぽう強く、うちでは「スマホオタクが考える快適なスマホライフ」をモットーに執筆していますが、実は自身の経験を元にした就職・転職関係の記事や恋愛まとめやキュレーション全般などなんでも書けるオールマイティー。まとめるだけでなく私見もしっかり述べちゃうのよ。
ブログ「ひろ・K・トムの部屋」はこちら

スポンサーリンク

この記事をシェアしよう!

フォローして最新情報をチェック!

関連記事(広告ユニット)

こちらもおすすめ