(レビュー)Galaxy Note 9はGalaxy Note 8から細かい改善でさらに最強に!

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

ついにグローバルで発売された世界が認めるフラッグシップスマートフォンといえば?

はい、Samsung Galaxy Note 9ですね!

Galaxy Note 9 Sペン

自分はGalaxy S8+、Galaxy Note 8、Galaxy S9と使ってきましたが、ここはやはり義務というかGalaxy Note 9も買いますよね。

今回はGalaxy Note 9のグローバル版を発売日に購入し無事到着!

日本で実機購入レビューはうちが最速でしょう!

ということでGalaxy Note 9が気になっているあなた、他のモデルと迷っているあなたのためにもGalaxy Note 9の良いところも悪いところもしっかりレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

目次

Galaxy Note 9のスペック

Galaxy Note 9のスペック詳細はこちらに記事にしています!

まあわかるでしょ?超絶ハイスペック端末なんですよ!

合コンでこんな男が来たらもう取り合い!イケメンの医者!そんなレベルのハイスペ!

ただちょっと図体がでかいのがたまにキズって感じです。性能的には文句無し!

グローバル版Galaxy Note 9の日本語化方法

グローバル版Galaxy Note 9(N960FD)は簡単に日本語化できます!

というか初めから日本語設定が入っているのでそれを選ぶだけです。

Galaxy Note 9 日本語

見ての通りです。

ここまでの親切設計で日本語化できない人はもう人間やめて良いレベルですよ!すいません言い過ぎました!

初期設定以外で後から日本語化する方法はこちらに記事にしているGalaxy Note8の時とほとんど同じですので参考にしてください!

Galaxy Note8の日本語化の記事はこちら!

Galaxy Note 9(グローバル版)は格安SIMで使用できる?

※本記事は技適を受けていないスマートフォンの使用を推奨している記事ではありません。

まずグローバル版Galaxy Note 9はスペック上どの格安SIMメーカーの周波数にも対応しています!

グローバル版Galaxy Note 9の本体と各通信キャリアの周波数の相性はこちらに記事にしています!

そしてGalaxy Note 9にSIMを挿入するといきなりこんな感じでdocomoと一部の格安SIMのAPNが初めから選ぶことができます!

Galaxy S9 APN

画像中のmineoは私が入力しました。

つまりスペック上は全然問題なく使えます!

これ小さい文字で一応書いときます。

でも日本では電波法というのがあって、輸入した技適マークを取得していない端末にSIMを挿入して通信すると罰せられる可能性があります。

ご覧の通りグローバル版Galaxy Note 9は技適マークがありません。

一応言ったからね!

Galaxy Note 9のフォトレビュー

それでは早速届いたGalaxy Note 9を見ていきましょう!

Galaxy Note 9 箱

箱です。今回の鮮やかな黄色のSペンが描かれています。というかこれ金色です。黄金のSペン、かっこいい。

開封の儀とか言うのは小寒い感じがするのでここからはサクッと要点絞っていきますよ。だって箱のレビューとかダラダラやられてもダルいでしょ?

グローバル版Galaxy Note 9の付属品

まずは付属品一式を見てみましょう。

Galaxy Note 9 付属品

充電器、USB Type C⇔USB変換器、USBType C⇔USBケーブル、そしてすっかりおなじみAKGのイヤホンです。

AKGの99ドルのイヤホンが同梱なんだってば!

もはや恒例ですが付属のイヤホンがすごいんですよ!

SAMSUNGが一昨年、超老舗ヘッドホンメーカーAKGを買収しましたが、そんなAKGのイヤホンが同梱されてるんです!!

しかもこれ99ドルくらいのものなんだってば!やるじゃん!

初めから簡易ケースもついてくるよ

最近の海外スマートフォンのトレンドといいますか、簡易のクリアケースも付属しています!

Galaxy Note 9 ケース

材質はTPUなのでそのうち黄ばんだりしてくるんですが、とりあえずしのぐにはこれで十分です!超助かる!

Galaxy Note 9のデザイン

さて、それでは本体を見ていきましょう!

美しすぎる背面そして指紋センサーの位置がようやくまともに!

Galaxy Note 9

今回はオーシャンブルーを購入しました。

いやあ実に美しい。このオーシャンブルーという大海原に飛び込みたいぐらいです。ちょっと言ってる意味わかりませんけどね。

うん、美しすぎて舐めたいぐらいです。

Galaxy Note 9

カメラ周りはこんな感じです。

カメラが2つというのはGalaxy Note 8と変わりませんが、一番大きいのは指紋センサーの位置!

Galaxy Note 8ではカメラの隣だったので認証時にカメラを触ってしまうという問題がありました。

しかしこのGalaxy Note 9では指紋センサーの位置がカメラの下に独立したので、その問題はほぼ解決!

ほぼですよ!というのはだいぶ改善されたものの、結局カメラ周りなのでたまに触っちゃうんですよね。

やっぱりHUAWEI P20 Proのように前面にあるのが理想ですよ。Galaxy S7までは前面だったのに。

HUAWEI P20 Proのレビューはこちら!

イヤホンジャックがあるのはさすがとしか言いようがない!

Galaxy Note 9

Galaxy Note 9のお尻はこんな感じです。

右からSペン、スピーカー、USB Type C端子、そしてイヤホンジャックがあります!

もう一度いいます!イヤホンジャックがあります!

iPhoneやXperiaやHUAWEI P20 Proではすっかり廃止されてしまったイヤホンジャックがちゃんとGalaxy Note 9にはあるんです!

わざわざUSB Type C→イヤホン端子変換コネクタとかを持ち歩かなくてもいいんですよ!最高じゃないですか!

あるべきものがある!さすがGalaxy Note 9わかってる!

ボタン類の配置はGalaxy Note 8と同じだね

Galaxy Note 9 ボタン

本体右側は電源ボタン。まあ特にイジることもありません。

Galaxy Note 9 ボタン

本体左側には音量ボタンとBixbyボタンです。

Bixbyボタンまだ居やがったのかって感じです!

Bixbyは日本では全然まともに使えませんからね!


ディスプレイはやっぱり超デカい!

Galaxy Note 9 ディスプレイ

まずは消灯時。

Galaxy Note 9

そして表示させたところ。ディスプレイはこの通りめちゃくちゃデカいです!

Galaxy史上最大のInfinity Displayという触れ込みは伊達じゃない!

6.4インチですからね!圧巻というか圧倒されるというか!

Galaxy Note 9

例えばInstagramだとこんなに表示できますし、

Galaxy Note 9

Twitterもこんなに表示できます。

表示能力は圧倒的です!

試しにiPhone 8と並べてみましょう。

Galaxy Note 9 iPhone 8

もうやめてさしあげろというレベルですな。

もはやGalaxy Note 9は画面サイズお化けですよ!

Sペンの形状はほぼ変わってないが色合いがたまらない!

Galaxy NoteといえばもちろんSペン!ということでSペンを見てみましょう!

Galaxy Note 9 Sペン
Galaxy Note 9 Sペン

こちらは表面。

Galaxy Note 9 Sペン

こちらは裏面。

まあ表も裏も関係ないですしどちら側でも本体に収納できます。

ですが一応表面にはSAMSUNGのロゴが入っています。

形状ははっきり言ってGalaxy Note 8と全く同じです!

Galaxy Note 9のSペンはBluetoothに対応しました!しかしサイズそのままっていうのはすごいですね!

そしてこのオーシャンブルーに対して黄色のSペンっていうのがジョリーグッドすぎます!

Galaxy Note 9 Sペン
Galaxy Note 9 Sペン

うん、何度見てもこの色の組み合わせが最高ですね。ベストカップル。例えるならブラピとアンジー。離婚しましたが。日本だと愛川欽也とうつみ宮土理。キンキンは亡くなられましたが。

Galaxy Note 9のカメラはGalaxy Note 8から進化してるんです!

Galaxy Note 9のカメラはGalaxy Note 8からさらに進化しました!

具体的に言うと可変絞りを搭載しているので、F値を機械的に2.4から1.5に変更することができるんです!

これにより暗いところでもブレにくくより明るく撮ることができるようになりました!

そして元々(自分の中で)定評のある食事モードも相変わらず素晴らしい!Galaxyは食事がめちゃくちゃ美味しそうに撮れますからね!

カメラについてはiPhone 8やHUAWEI P20 Proなどと比較した詳細レビューはこちら!

Galaxy Note 9のエッジパネルのアプリ

エッジパネルとはエッジスクリーンにかかるように様々なアプリを表示できる機能です!

エッジスクリーンのあたりをタップするとそういったアプリにアクセスできます。

エッジパネルのアプリを紹介!

エッジパネル用に以下のアプリが用意されています。

  • スマート選択
  • Apps edge
  • People edge
  • Clipboard edge
  • リマインダー
  • 端末のメンテナンス
  • Tasks edge
  • 天気予報
  • クイックツール
  • カレンダー
  • Samsungブラウザ
  • スポーツ
  • ファイナンス
  • The Calculator Panel
  • V LIVE
  • Samsung Members

この中で特におすすめなのはスマート選択!

Galaxy Note 9のスマート選択はとにかく便利!

少し前のGalaxyからスマート選択が搭載されているのですが、これが便利すぎるんです!

Galaxy Note 9 スマート選択

画面の一部を切り取って画面に固定して貼っておくことができたり、動画を切り取ってgifアニメにしたりできます!

スマート選択についてはこちらに記事にしています!

Galaxy Note 9のバッテリー持ちは良好

Galaxy Note 9のバッテリー持ちは1日であれば余裕で持ちます!

昔はGalaxyは電池持ちが良くなかったですが最近は改善されてきています。

バッテリー持ちについてはこちらに記事にしています!

14時間使っても余裕で半分以上残っています!

Galaxy Note 9は急速ワイヤレス充電に対応

Galaxy Note 9は急速ワイヤレス充電に対応しています!

Galaxy Note 9 ワイヤレス充電

自分はこちらの急速ワイヤレス充電器を買いましたが、このように立てかけるだけでモリモリ充電されていきます!


Galaxy Note 9 ワイヤレス充電

だいたい50%から2時間ほどで100%まで回復する感じです!

ワイヤレス充電器だとコネクタ周りが傷つかないですし、iPhoneなんかとも併用できるのでめちゃくちゃおすすめです!

Galaxy S9の時から愛用しています!ワイヤレス充電についての記事はこちら!

Galaxy Note 9の充電時間についてはこちらに記事にしています!

Galaxy Note 9のフォント変更方法

Galaxy Note 9もこれまでのGalaxyシリーズと同様にフォントを変更することができます!

詳しい変更方法はこちらのGalaxy S9の記事に書いています!

Galaxy Note 9の防水防塵について

Galaxy Note 9はIP68の防水防塵に対応しています。

IP68というのは「粉塵が内部に侵入しない、かつ連続的に水中に置いても大丈夫」というめちゃくちゃレベルの高い防水防塵機能です。

Galaxy Note 9の防水防塵についての記事はこちら!

インテリジェントスキャンでスマートにロック解除

Galaxy S9からロック解除の認証方式として顔認証と虹彩認証の両方を組み合わせて使えるインテリジェントスキャンを搭載しました。

顔認証と虹彩認証をシーンに応じて自動で切り替えて認証してくれるのです!

顔認証も虹彩認証も一長一短あるので、組み合わせることでかなりスキャン精度が増しました!

インテリジェントスキャンはこちらに記事にしています!

しかし、正直ロック解除の速さはiPhone XやHUAWEIのP20 Proのほうが圧倒的に早いです。

このへんはGalaxyにはもっと頑張ってもらいたいところです。

Galaxy Note 9のBixbyは使えるようになったのか?

Galaxy Note 9でもBixbyはまだまだ不要な機能です。

Bixbyの要となるBixby Voiceという音声入力によるSiriやOK、Googleのような機能がまだ日本語に対応していないからです。

いつになったらまともに使えるようになるんでしょうか。

Bixbyの詳細はこちらに記事にしています!


Galaxy Note 9はGalaxyおなじみのSmart switchで機種変更が簡単

Galaxy Note 9にもGalaxyシリーズおなじみのSmart switchを搭載しています!

そのため前の端末がGalaxyだった場合、アプリやホーム画面や細かい設定が引き継げるのでめちゃくちゃ楽ちんです!

Smart switchの細かい操作方法はこちらに記事にしています!

Galaxy Note 9をスマートに片手操作できるAll in one gestures

Galaxy Note 9はめちゃくちゃでかいので片手操作なんて無理だと思うじゃないですか?

しかし「All in one gestures」というアプリを導入しておくとめちゃくちゃスマートに片手操作ができるのでおすすめです!

自分はGalaxyシリーズを買うと毎回導入しています!

All in one gesturesの記事はこちら!

Galaxy Note 9でもAlways on displayは素晴らしい

Galaxy S7から搭載された機能である「Always on display」。

有機ELの特徴を最大に活かした機能で、画面オフ時にも時計やカレンダーを表示させておくことができる機能です。

これはもちろんGalaxy Note 9にも搭載されていますが相変わらず便利です!

Always on displayはこちらに記事にしています!

Galaxy Note 9とGalaxy S9とGalaxy S9+はどっちを買うべき?

Galaxy Note 9とGalaxy S9とGalaxy S9+の比較を記事にしています!

Galaxy Note 9とGalaxy Note 8はどっちを買うべき?

Galaxy Note 9とGalaxy Note 8の比較を記事にしています!

Galaxy Note 9とiPhone Xはどっちを買うべき?

Galaxy Note 9とiPhone Xの比較はこちらに記事にしています!

Galaxy Note 9のスペック詳細はこちらに記事にしています!

Galaxy Note 9のお得な購入方法

一番おすすめはイオシスなどの白ロム通販ショップからの購入です!

理由はなんといっても専門の通販ショップなので新品も中古品も取り揃えていること。一番安心でき適正価格で取引できることです。

各ショップともに各キャリア版(ドコモやau)もグローバル版もありますので探してみてください!

イオシスから購入

早くもイオシスではSIMフリー版が入荷しています!



Samsung Galaxy Note9:92,800円

てかこの価格安すぎませんか!もっと安くなってるかもしれないからクリックして最新情報を見てみて!

ゲオから購入

ご存知ゲオはスマートフォンの取扱いがとにかく豊富!そして実店舗もたくさんありますし安心できます!

ゲオマート【GEO-MART】

ムスビーから購入

ムスビーは国内No.1の中古スマホ取扱い専門店ですのでこちらも安心です!



Amazonや楽天やヤフーショッピングから購入

こちらから各ショップが出品している本体も購入可能です!

スマホバカの私が真剣におすすめする格安SIM3社

普段からスマートフォンを7台持ち歩きたくさんの格安SIMを使うスマホバカの私が真剣におすすめする格安SIMはこちらです!

3つに厳選しましたので正直このどれを選んでもお得で間違いないです!

LINEモバイル

今回のおすすめの中で最も安いのがLINEモバイル!一番安いプランだと月額500円から利用できます!

LINEが運営しているだけあってLINEだけにとどまらず、月額1,100円の3GB以上のプランではTwitterやInstagramなどのSNSもカウントフリーといってギガを消費しません!

速度も他社の格安SIMと比べるとかなり安定しているのでコスパ抜群でおすすめです!

私はLINEモバイルを刺しているスマホでInstagramのストーリーを見まくったりアップしまくったりしています!

それでも無料なんて良い時代!

UQ mobile

auの端末をお使いならダントツでオススメ!

UQ mobileは格安SIMの中ではぶっちぎりで速度が速い!

おまけに安さもLINEモバイルほどでは無いものの無料通話もネットもコミコミで月1,980円で利用できます!

他の格安SIMと違いauのサブブランドという安心感もあります。

今auをお使いなら圧倒的におすすめです!

ワイモバイル

ワイモバイルはUQ mobileのライバル!

価格も速度も非常に良い勝負をしています!価格は無料通話もネットもコミコミで月1,980円!速度も格安SIMの中ではUQ mobileと一二を争っています!

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとなっていて実店舗もたくさんありますし安心感があります。

速度も最速レベルで価格も非常に安いのでかなりバランスの取れた格安SIMブランドとなっていて強くおすすめします!

Galaxy Note 9と一緒に買い忘れはありませんか?

下記のリンクからGalaxy Note 9のケースやフィルムを直接探せます!

Galaxy Note 9のケースを探すならこちらから!

Galaxy Note 9のフィルムを探すならこちらから!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事