Galaxy S8+のカメラは食事モードを使いこなそう!

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

さて、Galaxy S8+が我が家に来てから早くも3週間ほど経ちました。

すくすく育っており、人間で言うと10歳ぐらいになったと思います。

これまで使っていて感じるのは、やはりGalaxy S8+のカメラは最高ということです。

その前はGalaxy S6 edgeも使っていましたが、確実に進化しています。

また、iPhone 7も同時に使用していますがはっきりいってGalaxy S8+は誰よりも最強です。

最近では出先で撮影する時はもっぱらGalaxy S8+に頼っています。

つい先日沖縄旅行に行って参りましたが、その時も大活躍な訳です。

Galaxy S8+のカメラの凄さを是非見て頂きたい!というわけで、まいりましょう!

スポンサーリンク

食事モードがすごい

Galaxy S8+の食事モードは本当にすごいです。良い感じで美味しそうに撮れるんです。

まずは朝食。

Galaxy S8+にかかればこれぐらいは朝飯前ですよ。

美味しそうじゃないですか?実際美味しかったですけど。

食事モードへの切り替え方

食事モードでの撮影方法を説明します。

まずはカメラを起動します。

カメラの起動の仕方はわかりますよね?義務教育ではないのでそのままいきますよ。

そして画面を左にスワイプします。この時右にスワイプすると自撮りになるので注意してください。

するとモード選択画面が出てきます。

ここで「食事」を選択します。

そしてフォーカスを合わせたいところをタップすれば完了です。

選択していない部分をぼけさせて、色温度とコントラストをいい塩梅に調節しているようですね。

iPhone 7との比較

続いてiPhone 7と撮った写真を比較してみましょう。

まずはGalaxy S8+から。

ステーキとソーメンチャンプルーです。

絶妙に美味しそうな色合いと主役を引き立てるぼけ具合ですね。

ああまた食べたくなってきた。

お次はiPhone 7。

どうでしょう。前者のGalaxy S8+のほうが美味しそうじゃないですか?実際に美味しかったですけど。

Galaxy S8+の食事モードは食事撮影向けにぼけ感、彩度、色温度、コントラストといった調整がはっきりされているようですね。

これまでは撮影後にアプリでそのあたりを調整して加工していましたがGalaxy S8+ならその必要がなさそうです。

食事モードで撮って出しでいきなりInstagramや国民的SNSのミクシィなどにアップできそうですね。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事