Galaxy Note8は何版(docomo、au、SIMフリー)を買うべきか

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

さて、本日世界のフラッグシップモデルSAMSUNG Galaxy Note8がいよいよ発表されましたね!

Galaxy Note8
出典:SAMSUNG

Galaxy Note7があんなことがあってから待ちに待ったファンも多いのではないでしょうか。

ええ、もちろん自分もその一人ですよ。


出典:SAMSUNG

今はGalaxy S8+で大満足しておりますが、Galaxy Note8も買うつもりです!

追記:実際買いました!購入レビューはこちら!

関連記事:Galaxy Note8(海外版SIMフリーSM-N9500)2ヶ月使用レビュー

ということで、Galaxy Note8のスペックや対応周波数を見ていきましょう!

スポンサーリンク

Galaxy Note8のスペック一覧表

まずはGalaxy Note8のスペックをGalaxy S8+、Galaxy Note FEと比較してみましょう。

  Galaxy Note8 Galaxy S8+ Galaxy Note FE
OS Android 7.1.1 Android 7.0 Android 7.0
CPU  Samsung Exynos またはSnapdragon835 2.45GHz Samsung Exynos 8895 2.31GHzまたはSnapdragon835 2.45GHz Samsung Exynos 8890 2.3GHz
メモリ(RAM)  6GB 4GB 4GB
ストレージ(ROM)  64GB,128GB,256GB, microSD 64GB, microSD 64GB, microSD
 ディスプレイ 6.3インチ 2960 x 1440 6.2インチ 2960 x 1440 5.7インチ 2560 x 1440
背面カメラ 1200万画素 f/1.7+1200万画素 f/2.4, Dual Pixel AF, デュアルカメラ 1200万画素 1/2.6-inch, f/1.7, Dual Pixel AF 1/2.6-inch, f/1.7, Dual Pixel AF,
 バッテリー 3300mAh  3500mAh  3200mAh 
寸法 162.5 x 74.8 x 8.6mm 159.5 x 73.4 x 8.1mm 153.5 x 73.9 x 7.9mm
重量 195g 173g 169g
その他  Samsung Pay, 指紋認証, IP68, USB Type-C, 虹彩認証, 心拍計, Sペン Samsung Pay, 指紋認証, IP68, USB Type-C, 虹彩認証, 心拍計 Samsung Pay, 指紋認証, IP68, Sペン 

Galaxy S8+やGalaxy Note FEと比較

  • 画面サイズアップ
  • メモリ容量増加
  • カメラがデュアルカメラに
  • 本体も大型化
  • 本体重量も増加

Galaxy Note8の特徴

  • 4096段階の筆圧検知可能なSペン
  • デュアルカメラによる背景ぼかし機能「Live Focus」
  • 手書きの絵や文字をgifアニメにできる「Live Message」
  • 「スクリーンオフメモ」は最大100ページに対応

Galaxy Note8の4G・LTE対応バンド

Galaxy Note8の対応バンドや国内ではどのキャリアから発売されるか(発売日も未定)といったことについてはまだ発表されていません。

しかしこれまでのGalaxy Noteシリーズと同様概ねGalaxy Sシリーズを踏襲してくると思います。

なので現段階では過去の事例から予想をすることにします。(確定情報が出次第随時更新していきます。)

Galaxy S8はdocomoとauから発売されています。

Galaxy Note7もdocomoもしくはauから発売されそうであった経緯を踏まえると、Galaxy Note8もdocomoもしくはauから発売されるでしょう。

Galaxy S8/S8+の実績から予想される4G・LTE対応バンド

こちらのGalaxy S8/8+の対応周波数バンド比較をご参考に。
携帯電話各社の周波数バンド一覧はこちら。

docomo版で使う場合はdocomo系のSIMで運用する分にはもちろん問題ないですが、au系ではメインのバンド18が未対応であることが予想されるため厳しそうです。

au版で使う場合はau系のSIMで運用する分にはもちろん問題ないですが、docomo系ではメインのバンド1は対応していると思われますがGalaxy S8/S8+と同じくプラチナバンドであるバンド19が非対応であれば山間部や田舎では厳しそうです。

グローバル版であればGalaxy S8/S8+と同じであればdocomo系でもau系のSIMでも問題なく対応できそうです。

以上!

自分はグローバル版かdocomo版かで悩みます!

Galaxy Note 8のレビュー記事はこちら!

Galaxy Note 8のスペック詳細はこちらに記事にしています!

Galaxy Note 8の白ロムの購入方法

Galaxy Note 8の白ロムの購入方法は4パターンあります。

  1. イオシスやゲオやムスビーなどの白ロム通販ショップから購入
  2. Amazonや楽天やヤフーショッピングなどで出品されているショップから購入
  3. ヤフオクやメルカリなどでオークションで入手
  4. 海外通販サイトから個人輸入

上から順に入手が簡単で、一番おすすめは1番のイオシスやゲオやムスビーなどの白ロム通販ショップからの購入です!

理由はなんといっても専門の通販ショップなので一番安心できることです。

ヤフオクやメルカリでは相手が個人なので揉めることもしばしばありますが、白ロム通販ショップなら相手はお店ということでその心配はありません。

個人輸入は購入時もそうですし、トラブった時に英語の問題が立ちはだかります。

ということで特に初心者の方には下記の白ロム通販サイトがおすすめです!

各ショップともに各キャリア版(ドコモやau)もグローバル版もありますので探してみてください!

イオシスから購入

イオシスではSIMフリー・ドコモ・au版の在庫があります!



SIMフリー・docomo・au版 GALAXY Note8:50,800円~

ゲオから購入

ご存知ゲオはスマートフォンの取扱いがとにかく豊富!そして実店舗もたくさんありますし安心できます!

ゲオマート【GEO-MART】

ムスビーから購入

ムスビーは国内No.1の中古スマホ取扱い専門店ですのでこちらも安心です!



Amazonや楽天やヤフーショッピングから購入

こちらから各ショップが出品している本体も購入可能です!

グローバル版の海外輸入の方法

グローバル版の海外輸入の方法はこちらに記事にしました!

Galaxy Note 8と一緒に買い忘れはありませんか?

下記のリンクからGalaxy Note 8のケースやフィルムを直接探せます!

Galaxy Note 8のケースを探すならこちらから!

Galaxy Note 8のフィルムを探すならこちらから!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事