カントリー・ガールズのメンバー移籍発表と彼女たちは今後どこへ進むのか?

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

週末、ハロプロ界隈に衝撃のニュースが飛び込んできた。
正直、どーだっていいの!とはならないニュースだ。

その内容は下記の通りである。

カントリー・ガールズは今夏より新たな体制に移行し活動することになります。

嗣永桃子が卒業するタイミングに伴い、今後の活動について各メンバーと話し合いました。
来年にはハロー!プロジェクトが20周年を迎えることもあり、日々のハロー!プロジェクトの活動をより精力的に行うため、
森戸知沙希・梁川奈々美・船木結は、ハロー!プロジェクトの他のグループに移籍してメインの活動を行い、
カントリー・ガールズの活動と兼任する事になります。
どのグループに移籍するかは、後日改めて発表させていただきます。


カントリー・ガールズの今後の活動について

これを見た瞬間言葉を失った。

スポンサーリンク

カントリー・ガールズとは

里田まい(ニューヨークヤンキース田中将大投手の嫁)が所属していたカントリー娘。を前進にもつグループ。

ご存知ももちこと嗣永桃子がプレイングマネージャーを努め、現在は山木梨沙、森戸知沙希、小関舞、船木結、梁川奈々美にプレイングマネージャーの嗣永桃子を含めた6名で活動するグループ。

ハロプロ内での位置づけは王道アイドルでワイワイ可愛い系。

代表曲はそれこそ王道アイドル路線の「愛おしくってごめんね」であるが、最近では「Good Boy Bad Girl」などのハードな曲もこなす。

グループとしては嗣永桃子の統率が素晴らしく、トークなどにおいても定番のネタが存在し、しばしばももち劇場と揶揄されることもある。

お菓子禁止令、アイス20時以降禁止令、炭酸飲料禁止令なるものも制定されたり(ただし4のつく日はいずれもOK)、嗣永桃子の意思が色濃く反映されたグループとなっている。

嗣永桃子の卒業を目前に控えたカントリー・ガールズ

そんなグループであるが、嗣永桃子が2017年6月30日をもって卒業することを発表しており、その卒業の日が目前に迫ってきている。

彼女が手塩にかけて育てたグループであるがゆえ、メンバーも彼女をことあるごとに「ももち先輩」と呼び慕ってきた。

そんな名実ともにグループの柱である嗣永桃子が卒業するということで、今後の5人体制でのカントリー・ガールズはどのようになるのかと注目されていた。

そんな中での今回の発表

7月以降、ももち先輩が抜けた後はすっかり脂が乗ってきた森戸知沙希をエースとして据え、嗣永が担ってきたグループの統率は最年長であり才色兼備の山木梨沙が取っていくものと考えていた。


しかし、そんな矢先での発表。
発表内容によると解散ではなくあくまで移籍であるとしている。


メンバーの移籍というのはハロプロでは過去にもあった。
しかし、我々ハロヲタとしてはやはり過去のハロマゲドンが脳裏をよぎる。

ハロマゲドン


2002年に行われたハロプロ最大の組織改変。
後藤真希、保田圭の卒業および、タンポポ、プッチモニ、ミニモニ。のメンバーが一新された。
あまりにも突然かつ大規模な改変であったためファン離れも招き、それまで絶頂期であったモーニング娘。およびハロープロジェクトの勢いを失速させた。

メンバーのコメント


今回の件についてメンバーもブログにてコメントを寄せている。

カントリー・ガールズ嗣永桃子のコメント

少し前から、事務所の方から来年のハロー!プロジェクト20周年にあたり新しい試みをしたい、とお話しがありました。
移籍。兼任。
正直、今もまだ頭の整理ができていません。
私が卒業した後は、毎日5人で色々な困難を乗り越え、楽しさを分かち合い、より良いグループになっていく。
そんな5人のライブや成長を陰から見守り、さすが私の教え子!とニヤニヤした生活を送る。
当たり前のように、そんな未来がくると思っていました。
なぜカントリー・ガールズが?
5人の力では不十分だと思われてしまっているのか?
私は、この先5人でも絶対に大丈夫だと自信をもって言えます。
だからこそ、疑問ばかりが残ってしまいました。


今回の発表にももちも相当困惑している様子が見てとれる。
育ての親である彼女に事前に相談はなかったのだろうか。また、納得いく説明はなかったのだろうか。

モーニング娘。’17譜久村聖のコメント

嗣永桃子さんのご卒業が6月30日に控えている中、この話を聞いた時には、大きな発表に私も驚きました
私はプレイングマネージャーとして嗣永さんが育て引っ張てきたカントリー・ガールズが大好きです
だから7月から5人で頑張っていく姿を見るのが凄く楽しみでしたし、今ではハロー!プロジェクトの中でも個性を持ったメンバーが集まっている絶妙なグループだと思います
ここ数年、ハロー!プロジェクトは沢山の卒業や加入がありました。
デビュー出来ることも、卒業を決めることも決して簡単な事ではないと思います
本人にしかわからない努力や葛藤、悩みもあると思います。
今回の件でモーニング娘。への加入が決まった場合
モーニング娘。の活動と兼任出来るものなのか…
話を伺った時には一番に頭に浮かびました
でも私達は決定を受け入れ、そのメンバーと共に前に進んでいくという道しかありません。
戸惑うことは今までにも沢山ありましたが、今回の事は大変に大きな事です
それでも
モーニング娘。は加入や卒業があるグループです
そこからどう勝負していくか、、
強くならなければなりません。
こんなことを言っておきながら
ハロプロがどう変わるのか、今はまだ不安だらけです。



モーニング娘。’17リーダー譜久村聖のコメントからも、明らかに戸惑っているのが伝わってくる。
なぜこのタイミングなのか、そして具体的な策がまだ彼女たちにも伝わっておらず不安でしょうがないが、モーニング娘。’17のリーダーとしてそれを受け入れる覚悟との狭間で揺れているように感じられる。

また、ハロープロジェクト全体について言及されている部分も気になるところである。

楽しみな点


逆に楽しみな点もある。

例えば、アンジュルムに船木結が参加すればグループ内で室田瑞希VS船木結の小柄な踊れる2人の熱い戦いが見れたりするかもしれない。

こぶしファクトリーでパワフルなパフォーマンスを魅せる森戸知沙希が見れるかもしれない。

そういったポテンシャルを秘めた策でもある。

まとめ


まだまだ具体策が発表されていないため、不安な部分が非常に多い今回の施策。今の段階では予想や推測の域を出ないのは事実。

ハロプロメンバーも明らかに戸惑っており、事務所には早々に具体策の発表をお願いしたい。

ハロヲタとしてはカントリー・ガールズが事実上の解散ということにならないか心配でならない。

しかし、楽しめる要素もある。

あくまでも嗣永桃子が育ててきたカントリー・ガールズをしっかり残した上での活動として楽しませて欲しい。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!