今後はauでも中古端末のSIMロック解除が不可能に。

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

auからとんでもないリリースが実にさらっと行われました。

スポンサーリンク

auからの発表

その内容は以下の通り。

一括払いで機種購入した場合、すぐにSIMロック解除が可能になるといった内容である。

まあまあ、改善されたなと。

docomoも先日、同様の内容に変更されていたため合わせてきたなといった感じであった。

契約者本人の購入履歴が必要

しかし、その後の文言で聞き捨てならないことが書かれている。

※2 契約者ご本人さまの購入履歴がある場合のみお申し込みいただけます。2017年12月1日適用開始。

※6 対応機種を既にご購入されたお客さまにおかれましても、変更後の受付条件が適用されます。

SIMロック解除の受付条件を一部変更

これはひどい改悪です。

今後は契約者本人の購入履歴が必要となっています。

つまり、中古市場または他者から譲り受けた端末のSIMロックが解除できないということです。

しかも既に購入されたものまで遡るなんてなんというひどい仕打ちでしょうか。

何故こういう時だけ過去に遡るんでしょうか。

これまではau版をSIMロック解除する方法がお得だった

これまでは国内3大キャリア(docomo、au、FREETELソフトバンク)ではauのみが本人が購入した端末でなくても店頭に行けばSIMロック解除が可能でした。

つまり、中古市場でauのSIMロック有り端末を安く購入して、後から店頭でSIMロックを解除してもらうということが可能でした。

現在MVNOのほとんどがdocomo回線を使っています。

そのためau版の端末は需要が少ない為、docomo版よりも安く手に入ることが多くお得感がかなりありました。

例えばiPhoneではSIMロック解除してしまえばdocomo版もau版も同一モデルとなるため、普通にdocomo版を手に入れるよりau版を手に入れたほうが1万円ほど安価となっていました。

しかし、今後そういったことができなくなります。

ずっとau回線を使う場合はかまいませんが、そうでない場合は中古市場で購入する際にSIMロックされたものを購入する必要があります。

そうすると本体価格は上がるため、これまでよりも高くなります。

また、既に市場にあるau版の端末については2017年12月以降は後から購入してSIMロック解除といったことができなくなります。

まとめ

2017年12月以降は中古市場にてdocomo版の端末より安いau版の端末を安価で手に入れて、SIMロックを解除するという方法が不可能になった。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事

コメント

  1. 音吉 より:

    sim free に逆行している はらだたしい au は、使わないようにする 機器は、sim free にするが、sim は、docomo を使うように 方針変更

    • dareka より:

      最後の砦という感じであったauもこのような改悪になってしまい非常に残念です。自分も極力docomo版を買うようにします。