(レビュー)​エアヴェイパーマックス iD JEWEL TONEは無駄を省いたミニマルデザインの塊!

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

注文していたNIKEの​エアヴェイパーマックス iD JEWEL TONEがようやく届きました!

ということで外観、サイズ感、履き心地などをレビューしていきます。

スポンサーリンク

注文から到着まで

今回は NIKE iDでの発売でした。

注文したのが10月19日。

製造開始が10月21日。

まもなく製造完了ですの案内が11月15日。

現在配送中の案内が11月16日。

配送されたのが11月23日でした。

注文から1ヶ月ちょいでの到着でしたね。当初12月3日の予定だったのでそれよりは早かったです。

フォトレビュー

まずは正面から

今回のモデルはヒモがありません。そのため非常にスッキリしています。

ここで言うヒモとは女性の経済力にぶら下がって働かない男性のことではありません。

お次は横から

全て青で統一されています。

スウッシュも青です。かなり大きく配置されていますが、いい感じで埋もれてくれて謙虚さも持ち合わせて居ます。

それでいて主張するぞ的な秘められたギラギラ感が感じられて良しですね。

内側

内側も外側と同じデザインです。大きめのスウッシュが配置されています。

後ろから

背面には「VAPORMAX」のロゴが入っていますが、濃い青にさらに濃い青の字で書いてあるので見にくいです。

ソール

ソールはもちろんヴェイパーマックスオリジナルのソールです。

形状などはこれまでのものと同じです。

色はクリアの青でかなり格好良いです。

デザインの感想

形状は無駄なものがないミニマルデザインに仕上がっています。

色はかなり強い青なので、モノトーンなど落ち着いた色の服で仕上げたいです。

サイズ感

フライニットの上にヒモ無しということでがっちりホールドしてくれる分かなり締め付けは激しいです。

通常のNIKEで買うサイズと同じかワンサイズ上でも構わないです。

履き心地

エアヴェイパーマックス特有のソールで地面に対してかなり反発力があります。

以前もエアヴェイパーマックスの記事で書きましたが、これまでのスニーカーとは全く別次元のクッション性や歩き心地を体感することができます。

しかし、疲れにくいかというとそれは別物で、これまでのスニーカーと同様に疲れます。過度な期待は禁物といったところです。

ヒモ無しになりホールド力が向上

今回のエアヴェイパーマックスが新しいのは、ヒモ無しということです。

ヒモが無くなったことでフライニットの技術も相まって、スニーカー全体で足を包み込む感じがより増しています。

以前のヒモ有りのエアヴェイパーマックスよりもさらにがっちり足をホールドしてくれます。

この進化したエアヴェイパーマックス、持っていない人にはもちろん、以前のエアヴェイパーマックスを持っている人にもおすすめできるアイテムです!

エアヴェイパーマックスの買い方

エアヴェイパーマックスのいろいろなモデルはこちらから探せます!

楽天市場、ヤフーショッピング、Amazonの順におすすめです!下記のリンクから直接探せます!

NIKE公式から探すならこちらから!

NIKE 公式オンラインストア

NIKE公式で「エアヴェイパーマックス」を探す
icon

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事